ユークリッド幾何学構成プログラムを使って、幾何学的な問題は簡単で、速く解けます。デジタル幾何学構成の場合、関連関係は変更しないで、構成の要素を動かすことができます。このように、幾何学構成の限界は見つかりやすくて、表示しやすいです。

購入 無料でダウンロードして、お試しください。

分かりやすい構造

構成されたオブジェクトは複数の色で、様々な線の種類で表示できて、すべてのオブジェクトを隠したり、表示したりすることができます。結果の面で重要ではないガイドラインをクリックして隠すこともできます。

各オブジェクト(線、点など)にタグを追加し、タグにメモを書くことができます。タグを使って、動的オブジェクトパラメーター(点の座標、線の長さなど)も表示可能です。オブジェクトのタグは隠すことも可能になっています。

標準か複合

プログラムはユークリッド構成の六つの段階を基準にしています。問題はこの動作を従って解けます。基準の構成ステップと複数の複雑な構成ステップ(例えば、垂直二等分線、基準的なオブジェクトから接線の規定など)も利用可能です。プログラムですべての標準的な幾何学的変換(回転軸や中点における反射、並進、回転、投影、反転)が表示できます。

構成

構成問題を解くには、構成ステップの説明も含まれています。このように、過程と結果も複製できます。構成ステップは一つづつ表示され、構成の結果のみではなく、ステップも見学することができます。

プログラムでマクロ(複雑な構成ステップなど)も構成でき、構成問題を解くとき、利用可能になっています。

アニメーション化されたトレース

完成した構成の出発点を連続して、その点の細道はある曲線に表示されます。トレース機能を使って、楕円を構成する点から全部の楕円を描くことができます。プログラムは点の動作と全部の構造の変更をアニメーションとして表示します。段階は同時に表示可能であり、前か後ろへ再生したりすることもできます。

アニメーションのパラメーター(段階の数、スピード、方向や他の特徴)は変更できて、完成したアニメーションは保存可能です。

Added to your cart.