オイラー3D幾何学構成ソフトウェアは空間図形と表面を表示し、高レベルの数学チェックで構成することも可能にしています(自己交差のフィルター、平面の調査、凹多角形を三角形に切断する)。

購入 無料でダウンロードして、お試しください。

空間座標系

プログラムのデータ処理の一番大きな単位はプロジェクトです。プロジェクトにおける図形は頂点、エッジと面で規定されます。頂点は三つの座標(X、Y、Z)で、エッジは始点と終点の選択で、面は頂点を選択して規定されます。数字的な座標の上に、ユーザーはプロジェクトにインポートした文字(ローマ字)で表示される定数も利用できます。

カスタマイズ

図形を分かりやすくするためには、頂点、エッジ、面に透明で、隠せるレイヤーを付けることができます。頂点、エッジと面は標準的な数字とともにタグを追加できますが、タグを隠すことも可能です。図形はプログラムに透視画法や不等角投影法(直交)で表示されます。現実的な表示のために二つの光源が使用可能です。これらはある点に指定したり、カメラの移動を従うように設定したりすることができます。

空間変換

平面への反射、並進、回転軸における回転、回転軸に沿って拡大は順番通りに、それとも様々な変更の結果として表示されます。パラメーターを設定すると、より複雑な変更(例えば、ある頂点の周りの回転、面における反射など)も可能になっています。

多面体は変換で、より速く構成できます。なぜならば、各頂点の座標を規定しないで、ある頂点を規定すると、プログラムは反射、並進、回転で他の頂点を計算します。

内蔵アプリケーション

Euler3Dを使って、錐体と球体のような回転体も構成できます。その上、球体の両極性を利用して両数の図形も構成できます。アニメーションを作って、複雑な空間関連(例えば、四面体の体積の説明)も分かりやすくなります。プログラムは他の数学ソフトウェア(Maple, Mathematica)と適合しています。完成した図形は複数なフォーマットにエクスポートし、あるファイルのタイプからデータの読み取りも可能です。

Added to your cart.