アヤソフィア

最初はキリスト教のため、その後、イスラム教のために世界で崇拝の最も有名な場所の一つになるために使用されました。現在は博物館であります。

関連のエクストラ

ヴァイキング

ヴァイキングは、船乗りの北欧の人々で、今日のデンマーク、スウェーデン、ノルウェーから来た人々で...

トルコの浴場(16世紀)

ヨーロッパにおけるオスマン軍の侵入の影響の一つは温泉の建築でした。

シャルルマーニュの宮殿 (アーヘン、9世紀)

シャルルマーニュの宮殿は彼の帝国の中心だけではなく、文化の中心でもありました。

アラビアの戦士(6世紀)

中世のアラビア戦士の最も重要な武器は剣と弓矢でした。

ハンガリーの騎兵隊の作戦 (9世紀‐10世紀)

後退のふりをし、敵を囲む作戦は遊牧民に昔から使われていました。

ユーラシアのアバール族 (8世紀)

アバール族は6世紀から8世紀までカルパチア盆地で国家を設立しました。

マチュピチュ (15世紀)

現在のぺルーに位置している古代インカ帝国の遺跡は世界遺産として登録されています。

農奴制

トーマスの視点から、奴隷制度の苦難について学ぶ

Added to your cart.