あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

スペースシャトル

スペースシャトル

スペースシャトルはアメリカ航空宇宙局に操縦されていた再利用可能な有人宇宙船でした。

地理

キーワード

スペースシャトル, 宇宙探査, 宇宙, NASA, エンデバー, コロンビア, アトランティス号, 惑星, スター, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

発射台

  • 固形燃料ブースター
  • 外部タンク
  • オービター

打ち上げ

スペースシャトル

構造

  • 乗員室
  • 側ハッチ
  • ペイロード
  • ロボットアーム
  • 三角翼
  • タンク
  • 主機関
  • 前のユニット
  • 貨物区画ドア
  • エレボンと方向舵
  • マニューバリング・ エンジン
  • スタビライザー

アニメーション

ナレーション

NASAのスペースシャトル計画は1972年に、アメリカ合衆国大統領リチャード・ニクソンに承認された有人打ち上げ機計画です。公式に宇宙輸送システム(STS)と呼ばれています。この計画に、スペースシャトル6機建設されました。最初のスペースシャトルは1976年エンタープライズ号でしたが、宇宙飛行できませんでした。
航空隊の最も若いメンバーであるエンデバー号1992年に打ち上げられました。1981年に打ち上げられたコロンビア号の後、計画に135回打ち上げが行われました。2011年に、アトランティス号着陸で計画が終了しました。すべての打ち上げがフロリダ州ケネディ宇宙センターに行われました。

スペースシャトル四つの主な構成要素からなっている:宇宙飛行機大きな外部燃料タンク、二つの再利用可能なブースターロケットです。
再利用可能な固体燃料ロケットブースターには固体燃料が500トンが含まれ、打ち上げの後2分以内に地球の周りの軌道に乗れる推力を提供します。これほどの推力が宇宙船の三つのエンジンが発生することができませんでした。
発射台から発射した後、シャトルは回転ピッチヨーイング操作をはじめました。このように、オービターは逆さまに動き、上昇フェーズに燃料タンクの下になりました。この操作によって、宇宙管制センターとの連続的な無線連絡が可能になりました。
宇宙船は次第に平坦化弧状を描きながら上昇し、燃料タンクの重さが減少化したとともに加速しました。45kmの高度で、ブースターロケットは自動的に燃料タンクから離れ、大西洋にパラシュートで降下しました。

外部燃料タンクに含まれた液体状の酸素水素はシャトルのメインエンジンによって離陸の時に使用されました。タンクは宇宙船と二つのブースターロケットと繋がっていたので、タンクの他の重要な機能とは、宇宙船の構造的な安定性を保つことでした。
130kmの高度で、離陸の8.5分後、メインエンジンを停止し、燃料タンクが大気に燃えるように落とされました。

長さが37mを超える軌道船翼長がおよそ24mでした。胴体三つの部分に分けられます。前部胴体にはコックピットと三階を含んだ乗員室がありました。中部胴体にはデルタ翼観測機器室関連装置が含まれていました。長さが15mの多機能のロボットアーム観測機器室に使用されました。
後部胴体軌道操作システム三つのメインエンジン胴体フラップから構成されていました。

エンデバー号の軌道の高度は185kmと643kmの間でした。軌道の速度は2万7千km/hを超えていました。宇宙で過ごした296日の間、25回のミッションを行いました。乗員が10人でした。総合的に2億キロメートルを達成し、地球を中心とした軌道に4671周を完成しました。

関連のエクストラ

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

無重力状態

軌道上にある宇宙船は自由落下の一定の状態にあります。

国際宇宙ステーション

居住可能な国際宇宙ステーションは16カ国が協力して建築しました。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

天体力学の発展

このアニメーションは我々の世界に関する新たな考えを与えた天文学者と物理学者の研究を紹介します。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

スプートニク1号(1957年)

ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星でした(1957年10月)。

衛星航法、GPS

全地球測位システムとは、24の人工衛星で地球全体をカバーし、そのうち4つで正確な三次元位置が規定されます。

アメリカ合衆国の州と都市

アニメーションはアメリカ合衆国の州と最も大きな都市を紹介します。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

天文台

天文台は大気乱流の影響を減らすために、高原や高い場所に建築されました。

ユーリイ・ガガーリンの宇宙飛行 (1961年)

1961年4月12日、ユーリイ・ガガーリンは世界初の人間としての宇宙飛行に成功しました。

核融合炉

核融合は環境に優しくて、無限なエネルギー源として利用されています。

アポロ15号ミッション(月面車)

このアニメーションはアポロ15号ミッションに使われていた二人乗りの月面車を紹介します。

Added to your cart.