あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

アヤソフィア (イスタンブル)

アヤソフィア (イスタンブル)

「聖なる叡智」と呼ばれている大聖堂はビザンチン帝国に建て、1935年までビザンティン帝国の一番大きな宗教的な建物の一つが博物館に変えられました。

視覚芸術

キーワード

ハギアソフィア大聖堂, バシリカ, モスク, ミナレット, 教会, 博物館, オットマン, ビザンチン, トルコ語, トルコ, コンスタンチノープル, イスタンブル, ボスポラス海峡, アナトリア, 東方正教会, イスラム教, クリスト教, 神, 中世, 建物, 巡礼地, 大理石, キリスト, 使徒, 建築, 天皇, セラフ, 宗教, 宗教的な建物, ビザンチン帝国, オスマン帝国, 聾桟敷, 丸屋根, 書道

関連のエクストラ

シーン

関連のエクストラ

ビザンツ帝国の皇帝 (6世紀)

ローマ帝国の継承国家であったビザンツ帝国は皇帝に統治されました。

後期ローマの戦士 (4世紀)

ローマ帝国の東部の繁栄は4世紀のコンスタンティンの治世に始まりました。

マダラの騎士像

北東ブルガリアに位置する岩のレリーフは、おそらく7世紀の終わりに刻まれました。

ケラ・トリコラ (ペーチ、ハンガリー)

ペーチにある初期キリスト教墓地の考古学的な重要さが認められています。

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ソフィア、 20世紀)

このネオ・ビザンチン様式で建てられた正教会の大聖堂は、ブルガリアの首都のシンボルの一つです。

ケラ・セプティコラ (ペーチ、ハンガリー、4世紀)

ペーチにある初期キリスト教墓地の考古学的な重要さが認められています。

ジャーメ・モスク (エスファハーン、15世紀)

建築的なデザインと装飾よりイスラム芸術の名作として位置付けられています。

カネオの聖ヨハネ教会(オフリド市、13世紀)

絵のように美しい場所で建てられた東方正教会は使徒ヨハネにちなんで名付けられました。

タージ・マハル (アーグラ、17世紀)

インドにある墓廟の中心に位置している白い大理石の墓はシャー・ジャハーンが愛していた妻のために建築されました。

泥のモスク (ジェンネ、1907年)

特徴的な建築様式で建設されたモスクは世界最大の日干しれんが造りの建物です。

パンテオン (ローマ、2世紀)

すべての神の神殿と呼ばれるパンテオンはローマ皇帝ハドリアヌスの統治下の元で再建されました。

聖ワシリイ大聖堂 (モスクワ、16世紀)

イヴァン皇帝に建築されて、聖ワシリイに捧げられた聖堂です。

世界宗教の現在状態

世界宗教の地理的分布は歴史的な出来事に影響を与えられました。

ゴシック様式の大聖堂 (クレルモン・フェラン、15世紀)

聖母被昇天にちなんで名づけられた大聖堂はフランスのゴシック様式の有名な建物の一つです。

シャルルマーニュの宮殿 (アーヘン、9世紀)

シャルルマーニュの宮殿は彼の帝国の中心だけではなく、文化の中心でもありました。

ソロモン神殿(エルサレム、紀元前10世紀)

ソロモン神殿はユダヤ建築の最も重要なシンボルになりました。

パンテオン (パリ、18世紀)

パリのパンテオンはフランスの最も有名な新古典主義の建築物です。1790年に完成させ、フランスの有名人の墓になっています。

オスマン建築 (17世紀)

オスマン建築の遺物としてモスクとミナレットが述べられます。

Added to your cart.