あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ヨーロッパアカマツ

ヨーロッパアカマツ

世界で最も広く分布しているマツ類の一つです。ユーラシアが原産となっています。

生物

キーワード

スコットランドの松, 松の木, 針葉樹林, 裸子植物, 針, 常緑, コー​​ン, ピナル, 樹脂, 森林, 心皮, 多年生の, 木質茎, ネイティブ, ユーラシア, 木, 植物, 葉, 生物

関連のエクストラ

シーン

ヨーロッパアカマツ

  • ヨーロッパアカマツ

ヨーロッパアカマツは光を必要とする木のパイオニア的な種です。有害な生態系であったときの最初に生えていた先駆種なので、厳しい環境にも耐えられます。を豊富に含む土壌を安定化させるにも利用されています。自然では、酸性土を好み、岩だらけの丘陵の斜面、険しい河岸、丘、山脈と他の極端の生息地に分布しています。

マツ材は最も丈夫で軽い木材の一種であり、建築と家具業界に幅広く使われています。

ヨーロッパアカマツの木材に含まれる松脂を蒸留し、エッセンシャルオイルになります。

成長

  • ヨーロッパアカマツの成長 - ヨーロッパアカマツの木冠は木が若いとき円錐形であり、その後は平らになります。適切な環境には、木の高さが20-35mに達することもあります。
  • 20-35 m

ヨーロッパアカマツの成長が比較的に速いですが、環境条件にも影響されます。適切な条件の下、ヨーロッパアカマツは100年渡って35mの高さに達することもあります。成熟した木は一般的に下の枝をなくし、木冠は上の方に薄くなります。

構造

  • 木冠 - 木が若いとき円錐形であり、その後は平らになります。
  • 木の皮 - 幹の下部には灰色に近い茶色であり、幹の上の部分と枝には橙赤色です。
  • 松葉 - 帯青緑色であり、対になって生えています。

幹はまっすぐで、枝がらせんのように配列し、幹を中心としたリングに見えます。

松葉は短いの上に対になって生えます。松葉の下部はで覆われています。落ちていた松葉は林床にゆっくりと分解している落葉落枝層を形成します。

他の裸子植物のように、ヨーロッパアカマツは主根系があります。

心皮

  • 胚珠 - 被子植物と異なって、心皮に囲まれず、表面にあります。
  • 羽があるマツの実 - 胚珠から発達し、受粉されます。羽は種の分布を手伝います。
  • 1年目の心皮
  • 2年目の心皮

松の種は受粉後のに成熟し、の間に松かさに残ります。種はに、松かさが開くとき放出されます。

ヨーロッパアカマツの種はうろこのような心皮の表面に発達します。これは裸子植物の特徴です。裸子植物の心皮にはができません。

松かさ

  • 雄花 (♂) - 花粉は雄花の鱗のような変性の葉に発生します。花粉は風によって雌花に運ばれ、胚珠を受粉します。
  • 雌花 (♀) - 最初は緑色で、その後は茶色で木製です。心皮には胚珠が発生します。

ヨーロッパアカマツは雌雄同株の植物であり、雌と雄の松の実は同じ植物にあります。雌花には胚珠が発生し、雄花花粉を作ります。

受粉気温が高いとき、夏の初め頃行います。

アニメーション

  • ヨーロッパアカマツ
  • 木冠 - 木が若いとき円錐形であり、その後は平らになります。
  • 木の皮 - 幹の下部には灰色に近い茶色であり、幹の上の部分と枝には橙赤色です。
  • 松葉 - 帯青緑色であり、対になって生えています。
  • ヨーロッパアカマツの成長 - ヨーロッパアカマツの木冠は木が若いとき円錐形であり、その後は平らになります。適切な環境には、木の高さが20-35mに達することもあります。
  • 20-35 m
  • 雄花 (♂) - 花粉は雄花の鱗のような変性の葉に発生します。花粉は風によって雌花に運ばれ、胚珠を受粉します。
  • 雌花 (♀) - 最初は緑色で、その後は茶色で木製です。心皮には胚珠が発生します。
  • 胚珠 - 被子植物と異なって、心皮に囲まれず、表面にあります。
  • 羽があるマツの実 - 胚珠から発達し、受粉されます。羽は種の分布を手伝います。
  • 1年目の心皮
  • 2年目の心皮

ナレーション

ヨーロッパアカマツは光を必要とする木のパイオニア的な種です。有害な生態系であったときの最初に生えていた先駆種なので、厳しい環境にも耐えられます。を豊富に含む土壌を安定化させるにも利用されています。自然では、酸性土を好み、岩だらけの丘陵の斜面、険しい河岸、丘、山脈と他の極端の生息地に分布しています。

マツ材は最も丈夫で軽い木材の一種であり、建築と家具業界に幅広く使われています。

ヨーロッパアカマツの木材に含まれる松脂を蒸留し、エッセンシャルオイルになります。

ヨーロッパアカマツの成長が比較的に速いですが、環境条件にも影響されます。適切な条件の下、ヨーロッパアカマツは100年渡って35mの高さに達することもあります。成熟した木は一般的に下の枝をなくし、木冠は上の方に薄くなります。

幹はまっすぐで、枝がらせんのように配列し、幹を中心としたリングに見えます。

松葉は短いの上に対になって生えます。松葉の下部はで覆われています。落ちていた松葉は林床にゆっくりと分解している落葉落枝層を形成します。

他の裸子植物のように、ヨーロッパアカマツは主根系があります。

ヨーロッパアカマツは雌雄同株の植物であり、雌と雄の松の実は同じ植物にあります。雌花には胚珠が発生し、雄花花粉を作ります。

受粉気温が高いとき、夏の初め頃行います。

松の種は受粉後のに成熟し、の間に松かさに残ります。種はに、松かさが開くとき放出されます。

ヨーロッパアカマツの種はうろこのような心皮の表面に発達します。これは裸子植物の特徴です。裸子植物の心皮にはができません。

関連のエクストラ

森林の階層構造

森林の階層構造は森林のタイプによって異なります。

セコイアオスギ

セコイアオスギは世界一重量が大きい生物です。

高度帯

高山エリアでは気候、土質、植物相と動物相が高度によって変化します。

セイヨウトチノキ

アニメーションはセイヨウトチノキの季節による変化を紹介します。

土壌のタイプ (土壌断面)

このアニメーションは土壌の様々なタイプを紹介します。

ヨーロッパオーク

アニメーションはヨーロッパオークを例にとって、木の季節による変化を紹介します。

葉の構造

アニメーションは葉の主な種類、単子葉植物と双子葉植物の葉の相違を紹介します。

森林伐採

森林伐採は環境に悪影響です。

ペルム紀の植物相と動物相

このアニメーションは古生代の最後の時期の植物相と動物相を紹介します。

植物の生活環

コケ、シダ、裸子植物と被子植物は世代交代を行って発達します。

キノコ

キノコは菌糸から発達する菌類で形成されます。

リンゴの木

リンゴは世界で最も多く食べられている果物の一つです。

Added to your cart.