あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ロゼッタ・ストーン

ロゼッタ・ストーン

ロゼッタ・ストーンのお陰で象形文字の謎を解くことができました。

視覚芸術

キーワード

ロゼット, ヒエログリフ, 民衆, 石碑, シャンポリオン, ボーチャード, トマス・ヤング, V.プトレマイオス, 考古学, 大英博物館, 考古学者, アーチファクト, 石のタブレット, 古代ギリシャ, 古代, 書き込み, ファラオ, 王朝, 歴史, 教会, トランスミッタ, 謎

関連のエクストラ

シーン

ロゼッタ・ストーン

  • 古代エジプトの 象形文字
  • デモティック (民衆文字)
  • 古代ギリシャ文字
  • 石碑 - 岩石で作られた厚板であり、表面にテキストが刻まれ、絵で飾られています。ロゼッタ・ストーンは花崗閃緑岩でできました。この岩石は古代エジプトの建設でよく使われていました。

ロゼッタ・ストーン

ロゼッタ・ストーンは古代エジプトの花こう閃緑岩でできた石碑の一部です。縦112.3cm、横75.7cm、厚さ28.4cmです。二つの言語で三つの異なるスクリプト体で記述されています。上から14行は古代エジプトの象形文字で、そのあとの32行は民衆文字で、最後の54行は古代ギリシャ文字で刻まれています。

石碑はエジプトのラシード(フランス語でロゼッタ)で1799年7月15日に、フランス軍兵士ピエール=フランソワ・ブシャール大尉によって発見されました。ブシャールはナポレオンのエジプト遠征の際、フォート・ジュリエンの再建設を任されていました。ロゼッタ・ストーンの大切さが気づかれた後、アレクサンドリアに送られていました。エジプトにいたフランス軍を倒したイギリス軍は勝利後ロゼッタ・ストーンも手に入れました。1802年から、ロンドンにある大英博物館で展示されています。

ロゼッタ・ストーンは非常に重要な発見物であり、古代エジプトの象形文字の解読に不可欠でした。エジプト学の最も重要な書類の一つです。

象形文字の解読

象形文字の解読

象形文字は古代ローマ時代のエジプトで特別の場合でしか使われていませんでした。エジプトでも象形文字で書かれたテキストを読める人が当時も少なかったです。
この文字が読めなくなった時代で、象形文字の謎を解くことに多くの人が興味を持ち始めました。科学者は数百年に渡ってこの特徴的な文字を研究していましたが、解読ができませんでした。言語学者の間違っている推定でさらに解読が難しくなりました。

しかしながら、ロゼッタ・ストーンの発見は象形文字の謎を解くチャンスを得ました。最初の結果を貢献したのはイギリス人の博学者、トマス・ヤングでした。彼は象形文字とデモティックを比較し、ファラオであるプトレマイオス5世の名前をテキストの中で初めて特定しました。

象形文字の謎を解いたのはフランス人の科学者、ジャン=フランソワ・シャンポリオンでした。彼はヤングの結果に基づいてデモティックのテキスト完全に解読しました。これは象形文字の解読へ進む道の重要な段階でした。二つのテキストを比較し、象形文字はただの表意文字ではなく、音節または言語音を示す表音文字の方が多いと発見しました。ファラオの名前はカルトゥーシュという曲線で囲まれていると気付いて、文字の読み方を明らかにしました。シャンポリオンは多くの限定符を特定しました。限定符は書かれてある単語の意味を示し、同音異義を区別するために使われていました。

1822年に、シャンポリオンは象形文字の解読に関する結果と象形文字の文法システムをフランスの科学アカデミーに発表しました。

復元

  • 古代エジプトの 象形文字
  • デモティック (民衆文字)
  • 古代ギリシャ文字
  • 石碑 - 岩石で作られた厚板であり、表面にテキストが刻まれ、絵で飾られています。ロゼッタ・ストーンは花崗閃緑岩でできました。この岩石は古代エジプトの建設でよく使われていました。
  • 元々の石碑の 可能な復元

復元

石碑紀元前196年に作られていました。紀元前204年から紀元前181年(180年?)にかけて統治したプトレマイオス5世によってメンフィスで出された勅令が刻まれていました。

ファラオはこの勅令で税の廃止と神殿の中で自分の像を置くことを命令しました。以上の勅令は三つの文字で書かれるように命令しました。この三つの文字は神聖文字(象形文字)、民衆文字(デモティック)と古代ギリシャの文字でした。

この黒くて、三つの文字で書かれた厚板はユニークではありません
プトレマイオス朝の時代で、ファラオの勅令は神官に使われた象形文字で、一般的に使われたデモティック文字で、そして行政的な目的で使用された古代ギリシャの文字でも書かれていました。行政でのギリシャ語の使用は王族の起源のためだと思われています。

この石碑の複数のコピーも作られたと推定されています。発見されたものはおそらく神殿で展示されていました。中世で、建設のために使われたブロックとして船でナイルデルタに運ばれていました。この時ダメージを受けたと思われています。
傷つけられたため、三つのテキストの中で完全なのはありません。象形文字で書かれたテキストの上から14-15行が欠如しています

アニメーション

  • 古代エジプトの 象形文字
  • デモティック (民衆文字)
  • 古代ギリシャ文字
  • 石碑 - 岩石で作られた厚板であり、表面にテキストが刻まれ、絵で飾られています。ロゼッタ・ストーンは花崗閃緑岩でできました。この岩石は古代エジプトの建設でよく使われていました。

ナレーション

ロゼッタ・ストーンは古代エジプトの花崗閃緑岩でできた石碑の一部です。石碑はエジプトのラシード1799年7月15日に、フランス軍によって発見されました。イギリス軍は勝利後ロゼッタ・ストーンも手に入れられました。1802年から、ロンドンにある大英博物館で展示されています。

石碑紀元前196年に作られていました。三つの文字同じテキストが記述されています。上から14行は古代エジプトの象形文字で、そのあとの32行は民衆文字で、最後の54行は古代ギリシャ文字で刻まれています。

ロゼッタ・ストーンは非常に重要な発見物であり、古代エジプトの象形文字の解読に不可欠でした。エジプト学の最も重要な書類の一つです。

関連のエクストラ

エジプトのピラミッド (ギザ、紀元前26世紀)

ギザピラミッドは古代の七不思議の中で、唯一現存する建造物です。

ツタンカーメンの墓 (紀元前14世紀)

20世紀の最も重要な考古学的な発見は古代エジプトのファラオ、ツタンカーメンの墓の掘削でした。

古代エジプトの住宅

古代エジプトで、一般的な住宅にはきちんと分けられた部屋が複数ありました。

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

古代のナイル河谷沿いの農業

ナイル川のおかげで古代エジプト文明が発展したので、古代エジプトはナイル川の賜物と言われていました。

古代エジプトの帆船

古代エジプトに使われた川と海の帆船にはマスト一本、オールを備えました。

古代世界の七不思議

現在、古代世界の七不思議の中で、唯一、ギザの大ピラミッドが完璧に現存しています。

古代エジプトの衣服

古代エジプトの住民は特有な服を着て、宝石を身に着けました。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

ハンムラビ法典

メソポタミア文明の象徴であるハンムラビ法典は282個の法律が刻まれた玄武岩石柱です。

古代エジプトの神々

古代エジプト人は多くの神と女神を崇拝しました。

メギドの戦い

古代エジプトのファラオ、トトメス3世に率いるエジプト軍はカデシュ王率いるカナン連合軍を敗りました。

ジョセル王のピラミッド (サッカラ、紀元前27世紀)

紀元前27世紀に、エジプトで初めて段階ピラミッドが建築されました。

エジプトのファラオと妻 (紀元前2千年)

神として崇拝されたエジプトのファラオは生死の有力者でした。

カデシュの戦い (紀元前1285年)

古代オリエントの最大な戦い(古代エジプトとヒッタイトの戦い)の勝ち負けははっきりしていません。

Added to your cart.