あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ニュー・ホライズンズ ミッション

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

地理

キーワード

ニューホライズン, エッジワース·カイパーベルト, 冥王星, 準惑星, カロン, 冥王星の衛星, 宇宙探査, 重力アシスト, 宇宙, 重力, 太陽系, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

太陽系

冥王星は2006年まで太陽系の最も小さな惑星としてみなされていました。直径月より小さいです(2372km)。現在は最も大きな準惑星に分類し直されています。

太陽との距離は地球と太陽の距離39.5倍です。

冥王星の最も大きな衛星カロンと呼ばれています。冥王星に対して、サイズが大きくて、直径が1208kmです。冥王星とカロンの大きさの割合は2:1であるので、昔は二重惑星と思われていました。

質量比は8:1であり、共通重心が冥王星の外にあるので、お互いの周りを回転します。

冥王星の平均密度1.87 g/cm³です。高温で圧縮された物質から構成されています。表面は主に氷結した窒素メタンに覆われ、昼間に溶融し薄い大気を形成します。

平均温度: -230 °C
公転周期:約248年
自転周期:6.39日

衛星が五つあります。

用語解説:

準惑星:太陽を中心と公転する天体です。質量は球体になるほど大きいですが、軌道はまだはっきりしていません。準惑星の大きさは小惑星惑星です。海王星より遠くの準惑星が冥王星型天体と呼ばれています。

冥王星の軌道

  • 冥王星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 5,900,000,000 km
  • 公転周期: 248年
  • 冥王星の軌道 - 冥王星の軌道は黄道面から大きく傾いています(17°以上)。これは太陽系の他の惑星に比較すると、最も大きいです。
  • カイパーベルト

情報:

直径: 2372 km (地球の0.19倍)

質量: 1.305 x 10²² kg(地球の0.0021倍)

平均密度: 1.87 g/cm³

表面重力: 0.063 g

衛星の数: 5

太陽からの平均距離: 5 900 000 000 km = 39.5 AU = 5.5 光時

軌道の長さ:
36 530 000 000 km = 244,18 AU

軌道離心率: 0.248 807 66

公転周期: 約248年

冥王星の衛星

情報:

カロン

冥王星からの平均距離: 19,600 km
冥王星を中心とする公転周期: 6.387 nap
直径: 1208 km

ステュクス

冥王星からの平均距離: 42,400 km
冥王星を中心とする公転周期: 20.2 nap
大きさ: 7 x 5 km

二クス

冥王星からの平均距離: 48,700 km
冥王星を中心とする公転周期: 24.9 nap
大きさ: 42 x 36 km

ケルベロス

冥王星からの平均距離: 57,750 km
冥王星を中心とする公転周期: 32.2 nap
大きさ: 12 x 4.5 km

ヒドラ

冥王星からの平均距離: 64,750 km
冥王星を中心とする公転周期: 38.2 nap
大きさ: 55 x 40 km

冥王星(準惑星)

  • 地図に示されたエリア

サイズ

地球
直径: 12,756 km
質量: 5.974 x 10²⁴ kg

冥王星
直径: 2,370 km
質量: 1.305 x 10²² kg

カロン
直径: 1,208 km
質量: 1,59 x 10²¹ kg

ステュクス
大きさ: 7 x 5 km

二クス
大きさ: 42 x 36 km

ケルベロス
大きさ: 12 x 4.5 km

ヒドラ
大きさ: 55 x 40 km

打ち上げロケット

  • 第1段 ブースター
  • RD-180 主要エンジン - 打ち上げの時、382トンに等しい推進力を提供します。
  • 固体燃料補助ロケット - ロケットで5つが搭載されました。
  • 第2段ブースター (セントール)
  • RL-10A エンジン - セントールの段階で、二回着火されました。地球の重力からの脱出を手伝っていました。
  • ペイロード・フェアリング - 打ち上げの時、宇宙探査機を保護していました。
  • 第3段 ブースター
  • Star 48 B エンジン - 第三ブースター段階では、木星の方へ軌道に宇宙探査機を乗せました。
  • 宇宙探査機 - ピアノのような大きさがある小さな宇宙探査機。打ち上げの時の重さが500kgでした。7機の科学機器が搭載されました。

打ち上げの段階

00:00:00 アトラスVロケットの燃焼終了と打ち上げ

00:01:47 固体燃料ロケット(5)の放出

00:03:23 ペイロードフェアリングの放出

0:04:33 メインエンジンの燃焼終了と分離

0:04:43 セントールの着火

00:41:59 セントールの燃焼終了と分離

00:42:37 スター48Bの着火

00:47:32 スター48Bの分離

ニュー・ホライズンズ宇宙探査機

  • LORRI - 直径が20.8cmの高解像度の望遠カメラです。比較的に離れていても写真が撮れます。
  • Ralph - カラーカメラと赤外分光計;地表の地形学、構造と温度を調べる機能があります。
  • REX - 気圧、温度と密度を計る機器です。
  • SWAP - 冥王星周辺の太陽風を調べる機器です。
  • PEPSSI - 冥王星周辺の脱出する大気ガスを探査する敏感な分光計です。
  • SDC - 学生に作られた機器は太陽系にあるほこりの量と分布の地図を作ります。
  • RTG - 放射性同位体熱電発電装置。宇宙探査機に電気を提供します。

ニューホライズンズ宇宙探査機は2006年1月19日に打ち上げられました。このミッションの目的は冥王星とカロン、冥王星の他の四つの衛星カイパーベルトの天体の探査でした。この宇宙探査機は九年間かけて冥王星まで50億キロメートルを飛行しました。

ニューホライズンズには七機の科学機器搭載されました。これらは冥王星の写真を撮り、大気表面を探査しました。宇宙探査機には学生に設計された機器も搭載されました。この機器は2012年から2015年まで、太陽系の中にあるほこりの量と分布の地図を作りました。

宇宙探査機の経路

ニューホライズンズは冥王星まで辿り着いた初めての宇宙探査機でした。これは二重惑星氷で覆われている準惑星に送られた最初のミッションです。

宇宙探査機は一年木星に到達し、そこではいわゆる重力アシスト操作を達成しました。この操作の目的は惑星から受け取るエネルギーを利用して宇宙探査機を加速させることです。宇宙探査機は惑星の自転と同じ方向に近づいていました。木星の重力に引き付けられた宇宙探査機は推進力と速さが増します。

木星の重力による推進力のため、ニューホライズンズの速度14000km/hで増加しました。木星はこの時、ごくわずかなエネルギーしか消費してません。

木星の重力に加速された宇宙探査機は2015年7月14日冥王星に接近しました。

ニューホライズンズ宇宙探査機は冥王星の近くに通った後、カイパーベルトに入りました。現在はカイパーベルトの中に位置する2014 MU69という直径が45kmの天体の方へ進んでいます。宇宙探査機は2019年12月31日に接近します。この天体の探査により、太陽系の初期の歴史についてより詳しい情報が得られます。

結果

  • カロン
  • カロンの表面
  • プルート
  • 冥王星:山脈と平野
  • 冥王星の青い大気
  • 冥王星でのメタンの氷
  • 冥王星:タルタルス山脈
  • 冥王星の表面
  • 冥王星:トンボーレジオ
  • 冥王星:多様な表面

冥王星

表面:
- 冥王星の地表についての高解像度の写真
- 冥王星の正確な直径
- 水氷で構成されている山脈の高さが約3 km
- 氷での対流の流れ
- 活動中の窒素氷河
- 一酸化炭素の氷、大量のメタン氷
- ソリンに起こされる茶褐色(ソリンはUV放射の影響で、メタンとエタンから形成される物質です。)
- 地質的な活動の跡

大気:

- 冥王星の現在の大気は地球の初期の大気に似ている
- 非常に低い気圧 (地球の気圧の半分)
- 冥王星より7-11万kmの距離で、イオン化気体があります。これらの気体は冥王星の大気を由来し、太陽風により吹き飛ばされました。

カロン

表面:
- 多様な地表(長さが1000kmの山脈、8kmほど深い峡谷)
- 衛星の北極でのソリン

アニメーション

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 冥王星
  • カイパーベルト
  • 太陽系
  • カイパーベルト
  • カロン
  • ステュクス
  • ニクス
  • ケルベロス
  • ヒドラ
  • 地図に示されたエリア
  • 第1段 ブースター
  • RD-180 主要エンジン - 打ち上げの時、382トンに等しい推進力を提供します。
  • 固体燃料補助ロケット - ロケットで5つが搭載されました。
  • 第2段ブースター (セントール)
  • RL-10A エンジン - セントールの段階で、二回着火されました。地球の重力からの脱出を手伝っていました。
  • ペイロード・フェアリング - 打ち上げの時、宇宙探査機を保護していました。
  • 第3段 ブースター
  • Star 48 B エンジン - 第三ブースター段階では、木星の方へ軌道に宇宙探査機を乗せました。
  • 宇宙探査機 - ピアノのような大きさがある小さな宇宙探査機。打ち上げの時の重さが500kgでした。7機の科学機器が搭載されました。
  • LORRI - 直径が20.8cmの高解像度の望遠カメラです。比較的に離れていても写真が撮れます。
  • Ralph - カラーカメラと赤外分光計;地表の地形学、構造と温度を調べる機能があります。
  • REX - 気圧、温度と密度を計る機器です。
  • SWAP - 冥王星周辺の太陽風を調べる機器です。
  • PEPSSI - 冥王星周辺の脱出する大気ガスを探査する敏感な分光計です。
  • SDC - 学生に作られた機器は太陽系にあるほこりの量と分布の地図を作ります。
  • RTG - 放射性同位体熱電発電装置。宇宙探査機に電気を提供します。

ナレーション

冥王星は2006年まで太陽系の最も小さな惑星としてみなされていました。太陽との距離は地球と太陽の距離39.5倍です。

現在は最も大きな準惑星に分類し直されています。直径月より小さいです。高温で圧縮された物質から構成されています。表面は主に氷結した窒素メタンに覆われ、昼間に溶融し薄い大気を形成します。

最も大きな衛星カロンです。数十年間、冥王星の唯一の衛星はカロンだと思われていました。2005年以降ほかの四つの衛星が発見されました。これらの衛星は大きい順で:ヒドラ二クスケルベロスステュクス

冥王星の直径が2372kmであり、地球の19%です。カロンは冥王星に比較して大きくて、半分に近いです。そのため、冥王星とカロンは前に二重惑星だと思われていました。その以外の衛星の直径が60kmに達しません。

ニューホライズンズ宇宙探査機の目的は冥王星とその衛星カイパーベルトの天体の探査です。ニューホライズンズには七機の科学機器が搭載されました。これらは冥王星の写真を撮り、大気と表面を探査しました。宇宙探査機には学生に設計された機器も初めて搭載されました。この機器は2012年から2015年まで、太陽系の中にあるほこりの量と分布の地図を作りました。

ニューホライズンズ宇宙探査機は2006年1月19日に打ち上げられました。この宇宙探査機は九年間かけて冥王星まで50億キロメートルを飛行しました。これは二重惑星と氷で覆われている準惑星に送られた初めてのミッションです。

宇宙探査機は一年木星に到達し、そこではいわゆる重力アシスト操作を達成しました。この操作の目的は惑星から受け取るエネルギーを利用して宇宙探査機を加速させることです。宇宙探査機は惑星の自転と同じ方向に近づいていました。木星の重力に引き付けられた宇宙探査機は推進力と速さが増します。木星の重力による推進力のため、ニューホライズンズの速度は14000km/hまで増加しました。木星はこの時、ごくわずかなエネルギーしか消費してません。
木星の重力に加速された宇宙探査機は2015年7月14日冥王星に接近しました。
ニューホライズンズ宇宙探査機は冥王星の近くに通った後、カイパーベルトに入りました。現在はカイパーベルトの中に位置する2014 MU69という直径が45kmの天体の方へ進んでいます。この天体の探査により、太陽系の初期の歴史についてより詳しい情報を得られます。宇宙探査機は2019年12月31日に接近します。

ニューホライズンズ宇宙探査機を使って、冥王星について多くの情報が得られました:正確な直径、今まで思われたより大きいです。冥王星の表面は茶褐色であり、今まで推定されたより多様で複雑です。表面での気圧が低いです。大気は地球の初期大気のように太陽風吹き飛ばされています。
カロンも同じように多様な表面があり、北極が茶褐色です。

関連のエクストラ

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

ケプラー探査機

ケプラー探査機は他の恒星の周りの軌道に乗っている地球のような惑星を探査します。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

核融合炉

核融合は環境に優しくて、無限なエネルギー源として利用されています。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

スペースシャトル

スペースシャトルはアメリカ航空宇宙局に操縦されていた再利用可能な有人宇宙船でした。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

国際宇宙ステーション

居住可能な国際宇宙ステーションは16カ国が協力して建築しました。

天体力学の発展

このアニメーションは我々の世界に関する新たな考えを与えた天文学者と物理学者の研究を紹介します。

カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ探査機は土星とその衛星を20年間に渡って探検しました。

ユーリイ・ガガーリンの宇宙飛行 (1961年)

1961年4月12日、ユーリイ・ガガーリンは世界初の人間としての宇宙飛行に成功しました。

スプートニク1号(1957年)

ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星でした(1957年10月)。

Added to your cart.