あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

シーラカンス

生きている化石とも呼ばれ、四足類の進化において重要な段階です。

生物

キーワード

Latimeria, シーラカンス, West Indian Ocean coelacanth, 先史時代の生き物, 化石, 生きた化石, ホモロジー, 深海の, 動物, 魚座, 魚, 脊索動物門, 捕食者, 生物

関連のエクストラ

イクチオステガ

先史時代の両生類であり、四肢動物の原始的な動物の一種です。約3億6千万年前に絶滅しました。

コイ

淡水で生息している魚類です。世界の様々な国で食料品として利用されています。

ヨーロッパトノサマカエル

このアニメーションはヨーロッパトノサマカエルを例として両生動物の解剖を紹介します。

アンコウ

この奇怪な魚はえさを捕まるために生物発光をしているおとり(ルアー)を利用します。これはアニメーションでどのように働くか説明します。

ダーウィンの伝説的な旅

ダーウィンのビーグル号(HMS Beagle)での伝説の旅が進化論の発達において重要な役割がありました。

魚竜

イルカに似ていて、海に生息していた恐竜でした。収束進化の例としても述べられます。

プテラノドン・ロンギケプス

鳥に似ている先史時代の飛べる爬虫類です。しかし、鳥と直接進化的な繋がりがありません。

サメ

軟骨魚綱に属する魚類で、一番有名なのはホホジロザメとシュモクザメです。

トリケラトプス

白亜紀に生息した草食性の恐竜です。3本の角と首の周りにあったフリルで容易にわかります。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

Added to your cart.