あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

プテラノドン・ロンギケプス

鳥に似ている先史時代の飛べる爬虫類です。しかし、鳥と直接進化的な繋がりがありません。

関連のエクストラ

キョクアジサシ

キョクアジサシは長い距離を移動することで知られる: 1年のうちに北極圏と南極圏の間を飛んで来ます。

単細胞生物はどのように動くのか?

カリキュラムの助けを借りて、あなたは単細胞の微視的な世界を垣間見ることができます。

真珠

特定の貝は自分自身を寄生生物や破片などから守るために真珠を作ります。このような真珠は宝石類を作...

蜂の世界

ハチミツは花から花に飛んで、蜜や花粉を収穫してコロニーに戻します。

カモノハシ

爬虫類の特徴を持っている哺乳類です:卵を産んで、総排出腔を持っています。

アザラシを訓練する方法

動物飼育者は、求めることを行うためにどのようにアザラシの子を促すでしょうか。私たちのため、上陸...

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息してい...

ラクダ

なぜラクダはこぶを持っていますか?どこでこれらの非常に丈夫な動物が住んでいますか?このビデオか...

Added to your cart.