あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ステゴサウルス

ステゴサウルス

先史時代に生息した爬虫類の一種です。背中にある骨のプレートは体温調節をします。

生物

キーワード

恐竜, ステゴサウルス, 先史時代の生き物, 爬虫類, 絶滅しました, 化石, 装盾亜目, ジュラ紀, 動物, 脊索動物門, 草食動物, 生物

関連のエクストラ

シーン

ステゴサウルス

大きさ

  • 体長: 9メートル
  • 体高: 4メートル
  • 体重: 4.5‐7トン

骨格

ナレーション

ステゴサウルスは1億4500万‐1億5000万年前ジュラ紀で生息していました。尾の先にあるスパイク背中に骨質のが特徴です。スパイク保護に使われていました。

背中にある板は皮膚を由来する骨から構成され、直接骨格に繋がっていませんでした。動物の体の表面を増やすことによりおそらく体温調節熱伝導において重要な役割がありました。板の中には血管があり、熱伝導のため、天気が暖かいとき血管の直径が大きくなりました。捕食動物に攻撃されたとき、骨質の板により動物がより大きく見られました。

体重が5トンを超え、が比較的に小さかったです:重さが80グラムでした。

ステゴサウルスは草食動物であり、高さが低い植物を食べていました。歯がないくちばしと口腔内にがありました。

ステゴサウルスは最も特徴的で、よく知られている恐竜の一種です。ジュラシック・パークなど多くの映画でも登場します。

関連のエクストラ

ヨーロッパヤマカガシ

首状に環状の斑紋がある蛇です。

ニワオニグモ

アニメーションはニワオニグモを例として、クモの構造を紹介します。

コウテイペンギン

南極に生息しているペンギンは水泳と寒い温度に適合しています。

ギボンズ

ギボンズは南アジア原産の類人猿です。

シロテテナガザル

木の上の猿の生活の一夫一婦制の種。

コフキコガネ

コフキコガネはヨーロッパに広く分布しています。コフキコガネは害虫として知られています。

緩歩動物(クマムシ)

緩歩動物は極端的な環境や、宇宙にさえ生き残ることができます。

グリーンイグアナ

エキゾチックなテラリウムの人気の住民のグリーンイグアナについての映画です。

Added to your cart.