あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ホモエレクトス

ホモエレクトス

この直立姿勢の人間はツールを使ったり、火を点けたりすることができました。

歴史

キーワード

ホモエレクトス, 直立男, 直立姿勢, ホモサピエンス, 先史時代の男, 涙滴状のハンドアックス, 先史時代, ライフスタイル, 採集, 頭蓋骨, 脳, ツールの作成, 手斧, 脳容積, 開発, 火災, ツールの使用, 火の制御, 歴史, 種類, 原点

関連のエクストラ

シーン

ホモエレクトス

  • 男性
  • 女性
  • 筋肉がよく発達した体
  • 割合的に短い腕
  • 直立姿勢
  • 割合的に長い足

道具の使用

採集

頭蓋骨と脳

  • ホモエレクトス
  • ホモサピエンス
  • 傾斜した額
  • 長くて、低い脳頭蓋
  • 突き出ている眉弓
  • 分厚い骨
  • 真直ぐな顔面骨
  • 広い下顎骨

手斧

  • 手斧

生活

  • 道具の製造
  • 採集

ナレーション

ホモエレクトスは原始人の絶滅した一種です。ラテン語の「ホモ」はヒトを意味し、「エレクトス」は直立姿勢を意味します。

直立姿勢の人間約150万年前に出現し、約20万年前に絶滅しました。
出現の時が正確に分からないが、起源地と分類は現在も論じられています。明らかにされているのは起源地がアフリカ大陸であり、ヨーロッパとアジアに移住しました。

ホモエレクトスの姿勢が直立で、体は現在の人より筋骨たくましくて、脚は長くて、腕が短かったです。

直立姿勢の人は頭蓋骨も現在の人と違っていました。長くて、平らな脳頭蓋があり、は傾斜し、眉弓は強くて突出し、下あごが広かったです。

ホモエレクトスの生活は遊牧民性と定住性でもあり、おそらく狩り採集して暮らしました。道具が単純で、石器は削り取って作りました。

彼らの典型的な器具は様々な目的のために使われた涙滴型の手斧でした。おそらく骨と木から作った器具も使用したが、考古学的な発掘でまだ発見されていません。

関連のエクストラ

過ぎし日の探偵

歴史は、常に単なる事実に基づくものではありません。本格的な研究は、過去を探索するために行われる...

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

人類の進化パートI-木から下りの挑戦

長い間に人類は数千年前に住んでた先祖に興味を持っていました。

旧石器時代の洞窟

人の歴史において始めての住居は我々の祖先の生活についてたくさんの情報を提供してくれます。

地球上のホモ・サピエンスの分布

「賢い人間」はアフリカに起源し、ほとんどすべての大陸に分布しました。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

人類の進化パート II -新しい世界へ

人間の進化の次の段階に、ホモ・エレクトスは、その環境に適応し始めました。

ストーンヘンジ (グレート・ブリテン、青銅器時代)

英国に建造された、有名な青銅器時代からある遺跡は現代の考古学者に多くの謎をもたらしました。

Added to your cart.