あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

ヨーロッパトノサマカエル

ヨーロッパトノサマカエル

このアニメーションはヨーロッパトノサマカエルを例として両生動物の解剖を紹介します。

生物

キーワード

カエル, 殿様蛙, オタマジャクシ, 個体発生, 変態, 体外受精, えら, 皮膚呼吸, べたつきのある舌, 一日, 冬眠, 跳躍する脚, 未発達の肺, 動物, 脊索動物門, 両生類, 捕食者, 生物

関連のエクストラ

イクチオステガ

先史時代の両生類であり、四肢動物の原始的な動物の一種です。約3億6千万年前に絶滅しました。

ヨーロッパクサリヘビ

ヨーロッパで広く分布している毒を持つ蛇です。人間に対して毒はほとんど致命的ではありません。

カゲロウ

カゲロウの幼生は三年間水の中で生息し、成虫は交配する一日しか生きていません。

脊椎動物の生活環

脊椎動物の生活環は、個体の生殖細胞の形成で始まり、次世代の生殖細胞の形成で終わります。

アホロートル

メキシコサラマンダーとも知られるアホロートルは成長しているときにもえらがある両生類です。

昆虫の生殖と成長

昆虫は生活環によって、不変態、不完全変態、完全変態の3つに分類されます。

Added to your cart.