あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパに広く分布している淡水性のザリガニの一種です。

生物

キーワード

癌, カニ, かぎつめ, 頭蓋咽頭, 腹部, キチン層, キチン, 歩く脚, 脱皮, 漸変態, 節足動物, 川, 動物, 捕食者, 生物

関連のエクストラ

シーン

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパザリガニ (Astacus astacus)は中央ヨーロッパと南スカンジナビア、原産です。

成熟したの長さが20-25cmであり、雌はそれより小さくて最大15cmです。平野で流れる水がきれいな川や泉で生息しています。 現在はとても珍しくて、食用として捕獲されてきたため、今では保護動物となっています。

餌になる昆虫、カタツムリ、オタマジャクシと小さな魚を夜中捕まえる肉食動物です。寿命は20年に至る場合もあります。雌は一年で二回、オスは一年で一回殻を脱皮します。脱皮の直後、体が柔らかくて、保護されていません。

5対の歩脚の中、1対は強いはさみに進化しました。腹部にさらにがあります:オスは5+1対、雌は4+1対あります。二つの円筒形で、動かせるがあります。

雌は10月から12月まで、自分の腹部の脚60-150個の卵を産みます。卵を自分の脚にくっつくような分泌物で固定されるので、脚を動かすと酸素を豊富に含む水が卵に与えられています。そんな多くの卵からたった子が20匹ぐらい育ちます。孵化の後、約2週間雌と一緒に過ごし、その後離れます。

解剖

  • はさみ - はさみは食物を捕らえて押し砕くため使われています。
  • 複眼 - 複眼は数千単位(の個眼)から成っています。鮮明な画像と空間視覚を担っています。眼は眼柄の先端に位置しています。眼柄は足から進化しました。
  • 頭胸部 - 甲殻類では頭部と胸部はクモ綱とにています。すなわち、頭部と胸部は融合しています。
  • 腹部
  • 外骨格 - 体に物理的保護を与えます。外骨格は本体とともに成長しないので、成長とともに外骨格は脱皮する必要があります。甲殻類の外骨格は炭酸カルシウムでできているので、硬いです。
  • 2組の触角 - 甲殻類は通常2組の触角を持っています。小さい触角はフォーク状です。触角には機械的感覚受容体と化学的感覚受容体(機械受容器と化学受容器)、位置検出器があります。触角は脚部から進化しました。
  • 歩脚 - より進化した甲殻類(ザリガニのような)は5組の歩脚を持っています。
  • 尾びれ
  • 甲皮 - 硬くて、分厚いキチン質から構成されていて、頭胸部を保護している。

ヨーロッパザリガニ (Astacus astacus)は中央ヨーロッパと南スカンジナビア、原産です。

成熟したの長さが20-25cmであり、雌はそれより小さくて最大15cmです。平野で流れる水がきれいな川や泉で生息しています。 現在はとても珍しくて、食用として捕獲されてきたため、今では保護動物となっています。

餌になる昆虫、カタツムリ、オタマジャクシと小さな魚を夜中捕まえる肉食動物です。寿命は20年に至る場合もあります。雌は一年で二回、オスは一年で一回殻を脱皮します。脱皮の直後、体が柔らかくて、保護されていません。

5対の歩脚の中、1対は強いはさみに進化しました。腹部にさらにがあります:オスは5+1対、雌は4+1対あります。二つの円筒形で、動かせるがあります。

雌は10月から12月まで、自分の腹部の脚60-150個の卵を産みます。卵を自分の脚にくっつくような分泌物で固定されるので、脚を動かすと酸素を豊富に含む水が卵に与えられています。そんな多くの卵からたった子が20匹ぐらい育ちます。孵化の後、約2週間雌と一緒に過ごし、その後離れます。

器官

  • 脳神経節 - 甲殻類は他の節足動物と同様に、よく発達した脳神経節をもっています。よく発達した感覚器官からの情報を処理する役割があります。
  • 心臓 - 甲殻類は他の節足動物と同様に、開放循環系の生物です。血リンパが心臓、血管、体腔を満たし、栄養物、代謝廃棄物、呼吸ガスを運びます。
  • 生殖器 - ザリガニには性があり、雌雄差があります。体外受精で繁殖します。
  • 腹神経索 - 腹神経索は脳から始まり、腹部にそって存在します。腹神経索の神経節はニューロンを含んでいて、神経線維の束と繋がっています。
  • 触角腺 - 甲殻類の排出腺。緑腺ともよばれている。不必要で有害な物質を取り除きます。
  • えら - 脚の根元にあります。水と体液との間でガス交換をします:水中から酸素を得て、二酸化炭素を排出します。
  • 後腸

ヨーロッパザリガニ (Astacus astacus)は中央ヨーロッパと南スカンジナビア、原産です。

成熟したの長さが20-25cmであり、雌はそれより小さくて最大15cmです。平野で流れる水がきれいな川や泉で生息しています。 現在はとても珍しくて、食用として捕獲されてきたため、今では保護動物となっています。

餌になる昆虫、カタツムリ、オタマジャクシと小さな魚を夜中捕まえる肉食動物です。寿命は20年に至る場合もあります。雌は一年で二回、オスは一年で一回殻を脱皮します。脱皮の直後、体が柔らかくて、保護されていません。

5対の歩脚の中、1対は強いはさみに進化しました。腹部にさらにがあります:オスは5+1対、雌は4+1対あります。二つの円筒形で、動かせるがあります。

雌は10月から12月まで、自分の腹部の脚60-150個の卵を産みます。卵を自分の脚にくっつくような分泌物で固定されるので、脚を動かすと酸素を豊富に含む水が卵に与えられています。そんな多くの卵からたった子が20匹ぐらい育ちます。孵化の後、約2週間雌と一緒に過ごし、その後離れます。

関連のエクストラ

アフリカのペンギン

ペンギンは、凍結温度の地域に住むだけではありません。...

エボシカメレオン

カメレオンは皮膚の色を変化することができる爬虫類です。

ヨーロッパモグラ

モグラは地下に生息している小さな哺乳類であり、前足が踏みすき状に進化しました。

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

コイ

淡水で生息している魚類です。世界の様々な国で食料品として利用されています。

ワオキツネザル

この原猿は地理的隔離中の種の進化のための優れた例です。キツネザルは、ラテン語で「ゴースト」を意...

ドードー

ドードーはモーリシャス島に生息していた絶滅鳥類です。

アンモナイト

固い外骨格を持つ、絶滅した頭足類のグループです。優れた標準化石です。

Added to your cart.