あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパに広く分布している淡水性のザリガニの一種です。

生物

キーワード

癌, カニ, かぎつめ, 頭蓋咽頭, 腹部, キチン層, キチン, 歩く脚, 脱皮, 漸変態, 節足動物, 川, 動物, 捕食者, 生物

関連のエクストラ

シーン

ヨーロッパザリガニ

ヨーロッパザリガニ (Astacus astacus)は中央ヨーロッパと南スカンジナビア、原産です。

成熟したの長さが20-25cmであり、雌はそれより小さくて最大15cmです。平野で流れる水がきれいな川や泉で生息しています。 現在はとても珍しくて、食用として捕獲されてきたため、今では保護動物となっています。

餌になる昆虫、カタツムリ、オタマジャクシと小さな魚を夜中捕まえる肉食動物です。寿命は20年に至る場合もあります。雌は一年で二回、オスは一年で一回殻を脱皮します。脱皮の直後、体が柔らかくて、保護されていません。

5対の歩脚の中、1対は強いはさみに進化しました。腹部にさらにがあります:オスは5+1対、雌は4+1対あります。二つの円筒形で、動かせるがあります。

雌は10月から12月まで、自分の腹部の脚60-150個の卵を産みます。卵を自分の脚にくっつくような分泌物で固定されるので、脚を動かすと酸素を豊富に含む水が卵に与えられています。そんな多くの卵からたった子が20匹ぐらい育ちます。孵化の後、約2週間雌と一緒に過ごし、その後離れます。

解剖

  • はさみ - はさみは食物を捕らえて押し砕くため使われています。
  • 複眼 - 複眼は数千単位(の個眼)から成っています。鮮明な画像と空間視覚を担っています。眼は眼柄の先端に位置しています。眼柄は足から進化しました。
  • 頭胸部 - 甲殻類では頭部と胸部はクモ綱とにています。すなわち、頭部と胸部は融合しています。
  • 腹部
  • 外骨格 - 体に物理的保護を与えます。外骨格は本体とともに成長しないので、成長とともに外骨格は脱皮する必要があります。甲殻類の外骨格は炭酸カルシウムでできているので、硬いです。
  • 2組の触角 - 甲殻類は通常2組の触角を持っています。小さい触角はフォーク状です。触角には機械的感覚受容体と化学的感覚受容体(機械受容器と化学受容器)、位置検出器があります。触角は脚部から進化しました。
  • 歩脚 - より進化した甲殻類(ザリガニのような)は5組の歩脚を持っています。
  • 尾びれ
  • 甲皮 - 硬くて、分厚いキチン質から構成されていて、頭胸部を保護している。

器官

  • 脳神経節 - 甲殻類は他の節足動物と同様に、よく発達した脳神経節をもっています。よく発達した感覚器官からの情報を処理する役割があります。
  • 心臓 - 甲殻類は他の節足動物と同様に、開放循環系の生物です。血リンパが心臓、血管、体腔を満たし、栄養物、代謝廃棄物、呼吸ガスを運びます。
  • 生殖器 - ザリガニには性があり、雌雄差があります。体外受精で繁殖します。
  • 腹神経索 - 腹神経索は脳から始まり、腹部にそって存在します。腹神経索の神経節はニューロンを含んでいて、神経線維の束と繋がっています。
  • 触角腺 - 甲殻類の排出腺。緑腺ともよばれている。不必要で有害な物質を取り除きます。
  • えら - 脚の根元にあります。水と体液との間でガス交換をします:水中から酸素を得て、二酸化炭素を排出します。
  • 後腸

関連のエクストラ

ニワオニグモ

アニメーションはニワオニグモを例として、クモの構造を紹介します。

淡水魚

淡水に生息している淡水魚は食べ物としても人気です。

ヨシとフトイ

世界中の水辺に生息する単子葉植物です。

ナンベイドクイトグモ

ナンベイドクイトグモの毒は強くて、人体に非常に危険です。

クモの糸、クモの巣

クモの糸の密度はナイロン繊維より低いですが、引張強度は鋼鉄より高いです。

クワガタムシ

アニメーションではクワガタムシを例として、昆虫の筋肉の運動、飛行メカニズムと繁殖を紹介します。

カゲロウ

カゲロウの幼生は三年間水の中で生息し、成虫は交配する一日しか生きていません。

メキシカンレッドニータランチュラ

ペットとされて、一番人気があるタランチュラの一種です。人間がかまれると死命的でわありません。

オオモンシロチョウ

オオモンシロチョウは広く分布しているチョウです。チョウの解剖を通して紹介します。

赤山蟻

アリの巣には女王蟻、雌蟻と働き蟻がいます。

セイヨウミツバチ

ミツバチは甘くて、栄養を豊かに含むハチミツを集めます。

ヨーロッパトノサマカエル

このアニメーションはヨーロッパトノサマカエルを例として両生動物の解剖を紹介します。

川真珠貝

川に広く分布している軟体動物です。

コフキコガネ

コフキコガネはヨーロッパに広く分布しています。コフキコガネは害虫として知られています。

メガリアン縞模様のムカデ

このシーンでは主に地中海周辺に生息しているムカデを紹介します。

緩歩動物(クマムシ)

緩歩動物は極端的な環境や、宇宙にさえ生き残ることができます。

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

Added to your cart.