あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ヤモリの足の裏はどうやって滑らかな表面に付着しますか。

ヤモリの足の裏はどうやって滑らかな表面に付着しますか。

ヤモリは壁や天井でも動くことができます。アニメーションはヒロオヒルヤモリの能力を説明します。

生物

キーワード

ヤモリ, テラリウム, ファンデルワールス, 接着, 二次結合, ケラチンスケール, 動物, 脊索動物門, 爬虫類, 食虫, nectarivore, 生物

関連のエクストラ

シーン

ヒロオヒルヤモリ

  • ヒロオヒルヤモリ - ヤモリのこの種はマダガスカルの北部とその周辺の島に生息しています。最も色が鮮やかなヤモリの一種です。背中にある黄色い点にちなんで名付けられました。体長が10‐13cmであり、体重が40‐80gです。体の色が黄緑、あるいは鮮やかな緑いろであり、足がほとんど青です。主にバナナ木、またはヤシの上にいます。昼間は活動的で、昆虫、小さな爬虫類と果物を餌にしています。

ヤモリは天井など滑らかな表面に走れることが古代から不思議に思われています。しかし、科学者がこの答えを見つかったのは21世紀の初めごろのことでした。この時はヤモリの足の裏の特徴的な構造が発見されました。ヤモリの足と滑らかな表面の分子の間でファン・デル・ワールス力のも呼ばれている引力が作用しています。

動物の解剖

  • - ヤモリの足の裏に小さい剛毛がたくさんあり、さらにその剛毛の先端にはへら状構造をした突起が数百個ついてあります。これを使い、ファンデルワールス相互作用で強くくっつきます。この理由でヤモリは天井を走ることができます。
  • 耳道の 開口
  • 目の周りにある 青いリング
  • 背中の赤っぽい模様
  • 体長:10〜13cm
  • 少し扁平な尾 - 命がかかわるような危険を感じるとき、ヤモリは尾を落とすことができます。この現象は自己切断と言います。

足の構造

  • 剛毛 - 剛毛の直径は約5マイクロメートルです。一番薄い人間の毛は19マイクロメートルです。足の裏の各平方ミリには約1万4千本あり、4本の足には合計約650万本あります。
  • 剛毛 - 剛毛の直径は約5マイクロメートルです。一番薄い人間の毛は19マイクロメートルです。足の裏の各平方ミリには約1万4千本あり、4本の足には合計約650万本あります。
  • へら - 各剛毛の先端に100-1000本のへらがあって、全体でへらは何十億本もあります。へらと表面の間に弱いファンデルワールス相互作用が働き、強く付着します。理論的にはこれで何百キロの重さも持つことができます。 足の裏を表面から外すのは剛毛の角度を変更します。こうすると、相互作用は少しづつ弱くなり、より弱い力で外すことができます。
  • へら
  • ファンデルワールス力 - へらの先端と表面の間に弱い相互作用ができま す。この理由は:原子核の棖動によるもので、無極性分子で一時的に電苛の変更が起こり、分子は一時的に極性になります。この影響で、近くにある無極分子も極性になり、その結果、二つの分子の間に電気的な引力が生じます。

付着と脱離

  • へら
  • ファンデルワールス力 - へらの先端と表面の間に弱い相互作用ができま す。この理由は:原子核の棖動によるもので、無極性分子で一時的に電苛の変更が起こり、分子は一時的に極性になります。この影響で、近くにある無極分子も極性になり、その結果、二つの分子の間に電気的な引力が生じます。
  • 付着
  • 脱離

アニメーション

ヤモリはペットとしてもとても人気な爬虫であり、壁や天井でも走ることができる特徴を持っています。この特別な能力は足指の構造のおかげです。 足の裏の指にはにたくさんの剛毛があります。剛毛の直径は約5マイクロメートルであり、一番薄い人間の毛の19マイクロメートルより細いですです。、合計で4本の足には約650万本あります。各剛毛の先端に何百か何千本のへらがあり、全体的にへらは何十億本もあります。 ヤモリが表面に足をのせたとき、へらと表面の間には弱い静電気的相互作用であるファンデルワールス力が働きます。 へらがたくさんあるために、ヤモリの足は強力な吸着性を持ちます。理論的には、これで100kg以上の重さも持つことができます。 足の裏を表面から外すには剛毛の角度を変更します。こうすると、相互作用は少しづつ弱くなり、より弱い力で外すおことができます。

ファンデルワールス 力

  • 電子雲
  • 原子核 - 原子にある陽の電荷をもつ原子核と陰の電荷をもつ電子雲は震動して、一時的に双極子が発生します。
  • 静電気的 相互作用 - 二つの粒子が近くなり、一つが極性になった時、陽極は他の粒子の核をはじき、その電子雲を引きつけます。その結果、他の粒子の極性化を引き起し、二つの粒子の間に静電的相互作用が起こります。このファンデルワールス相互作用はものすごく弱く、二次化学結合の中でも一番弱いです。しかし、へらの広い表面積のおかげで、強くくっつくことができます。

表面とへらとの吸着力ファンデルワールス力からです。この相互作用は原子にあるプラスの電荷をもつ原子核とマイナスの電荷をもつ電子雲は振動によるもので、一時的に双極子が発生します。二つの粒子、例えばヤモリの足とガラスの表面の粒子が近かずいた時、一つは極性になり、陽極は他の粒子の核をはじき、その電子雲を引きつけます。それで、他の粒子の極性化を引き起して、二つの粒子の間に静へらとある表面の間に起きる弱い相互作用はファンデルワールス相互作用の一つです。電気的相互作用が起こります。このファンデルワールス相互作用はものすごく弱くて、二次化学結合の中でも一番弱いです。しかし、へらの広い表面積のおかげで、強力な吸着力ができます。

関連のエクストラ

エボシカメレオン

カメレオンは皮膚の色を変化することができる爬虫類です。

ヨーロッパヤマカガシ

首状に環状の斑紋がある蛇です。

ヨーロッパクサリヘビ

ヨーロッパで広く分布している毒を持つ蛇です。人間に対して毒はほとんど致命的ではありません。

ヨーロッパヌマガメ

アニメーションは亀の構造が紹介されます。

ヨーロッパトノサマカエル

このアニメーションはヨーロッパトノサマカエルを例として両生動物の解剖を紹介します。

ティラノサウルス・レックス (暴君竜)

大型の肉食類で、一番有名な恐竜です。

始祖鳥

始祖鳥は鳥類と爬虫類、両方の特徴があります。鳥類の祖先だと思われています。

トリケラトプス

白亜紀に生息した草食性の恐竜です。3本の角と首の周りにあったフリルで容易にわかります。

アパトサウルス

首が長く、背が大きい草食性の恐竜です。

水素分子の形成

2個の水素原子は共有結合して、水素分子が形成されます。

窒素分子の構造

アニメーションは一つのシグマ結合と二つのパイ結合で結ばれた窒素分子の構造を紹介します。

Added to your cart.