あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

中世の地下牢

中世の地下牢

中世の地下牢には様々な拷問装置が使われていました。

歴史

キーワード

地下牢, 中世のダンジョン, 拷問具, ストック, 打撃ベンチ, 拷問ラック, 鉄の処女, 刑務所, 中世, 拷問, 自白させるため, 死刑執行人

関連のエクストラ

中世時代の塔と稜堡の種類

要塞の構造は軍事技術と共に進化しました。

ギロチン

この装置は以前の物よりもより人道的に死刑執行を行うために作られ、あるフランス人医師の名前にちなんで名付けられました。

中世の天守

中世の特徴的な建物である天守は城に繋がらず建築されたこともありました。

中世の騎士

中世ヨーロッパにおける騎士は封建領主の臣下でした。騎士は馬に乗って戦っていました。

黒死病ーペスト(ヨーロッパ、1347年–1353年)

腺ペストとして知られている細菌性疾患は、人類の歴史の中で最悪の感染症の一つです。

バスティーユ(パリ、18世紀)

パリの刑務所であるバスティーユは1789年のフランス革命で有名になりました。

ソ連の労働収容所 (1930年代)

グラグと呼ばれたソ連の労働収容所は居住地域から離れて所に建築されました。

エゲルの城 (16世紀)

エゲルの城の建築は16世紀に完了され、国境を保護する要塞として重要な役割を果たしていました。

ロンドン塔 (16世紀)

ロンドン塔の魅力的な歴史はおよそ1000年間に渡ってかかっています。

火の車輪

エゲルの要塞の防衛者に発明された武器です。火薬と油で満たされた水車はオスマン帝国の軍隊に対して効果的な武器でした。

Added to your cart.