あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

植物の栄養器官

植物の栄養器官

これらの器官は植物が生きるためや成長に必要です。

生物

キーワード

植物器官, オルガン, 葉, ステム, 歯根, ジャガイモ, トウモロコシ植物, ニンジン, エンドウ, サボテン, 網状脈の葉, 主根系, ひげ根系, 側根, 根毛, ルート変更, 茎の修正, 葉の改, 巻きひげ, 昆虫の葉, 塊茎, タマネギ, 多肉植物, ブレースルーツ, ストレージのルート, 植物組織, 維管束, 表皮, 木目, 師, 形成層, 実質, 葉肉組織, 気孔, 成長, 光合成, 蒸発, 圧迫, 吸収, ガス交換, 自立, 植物, 生物

関連のエクストラ

シーン

栄養器官

陸上植物の栄養器官はです。

根は二つの主な機能があります:植物を土で固定し、土から水分とミネラルを吸収します。根の先の部分は根冠に保護されています。土と成長する根の間の摩擦を減少するために根冠の細胞は粘液を分泌します。

根の成長の原因は靜止中心の周りに位置する根の細胞の連続的な分裂です。これらの細胞は根冠と根の分化した細胞を形成します。

根の表皮細胞から形成される根毛は土から水分とミネラルを吸収し、根に輸送します。吸収された物質は根から木部まで細胞の細胞質を通じて、または細胞壁を通じて運ばれています。

根と共に茎が植物の軸を形成します。茎の中の維管束は植物器官の間の液体の流れを保証します。維管束の中で、木部で水分とミネラルが輸送され、師部で光合成により発生した有機物質が運ばれています。

は光合成、ガス交換蒸散が行っている器官です。一般的に形は平らで、薄くて広いです。葉の表皮が一層であり、表面には気孔があります。気孔を通じて光合成によるガス交換蒸散が行っています。蒸散作用によって葉の中に負圧が発生し、木部の中に水分が輸送されています。

師部は近くにある葉肉細胞によって糖分子で満たされています。この現象により、師部水ポテンシャル低くなり、木部から水分子は師部へ放散します。師部へ流れ込む水が膨圧を高めて、液体が流れ始めます。

  • 主根
  • 枝根
  • 根毛

  • 節間部 - 二つの節の間にある茎の部分。
  • - 葉と芽が成長する場所。

  • 葉柄
  • 葉の表側
  • 葉の裏側
  • 葉脈
  • 葉身

アニメーション

  • 主根
  • 枝根
  • 根毛
  • 根冠 - ここにある細胞は根端を守ります。
  • 根端 - ここで行う細胞分裂によって根が成長します。
  • 靜止中心 - ここにある細胞の分裂が非常に遅いです。
  • 木部 - 根から吸収した水分やミネラルを植物のほかの部分に運びます。
  • 師部 - 葉から植物の他の部分に有機物を運びます。
  • 分裂組織 - 枝根を形成します。
  • 根毛 - ここで水分とミネラルの吸収が行います。
  • 細胞壁
  • 表皮細胞
  • 柔細胞
  • 木部 - 根から吸収した水分やミネラルを植物のほかの部分に運びます。
  • 細胞経路 - 吸収された水分とミネラルは細胞膜と細胞質を通ります。
  • アポプラスト経路 - 水分とミネラルは細胞膜以外に、細胞壁と細胞の間に流れます。
  • 木部 - 根から吸収した水分やミネラルを植物のほかの部分に運びます。
  • 師部 - 葉から植物の他の部分に有機物を運びます。
  • 柔細胞
  • 形成層 - 茎を太くする役割を果たしている分裂組織です。木部と師部の細胞を形成します。
  • 気孔 - これを通じて水蒸気が解散されます。
  • 木部 - 根から吸収した水分やミネラルを植物のほかの部分に運びます。
  • 師部 - 葉から植物の他の部分に有機物を運びます。
  • 葉肉細胞 - 葉緑体が豊富に含まれて、光合成が行う場所です。
  • 木部 - 根から吸収した水分やミネラルを植物のほかの部分に運びます。
  • 師部 - 葉から植物の他の部分に有機物を運びます。

ナレーション

陸上植物の栄養器官はです。

根は二つの主な機能があります:植物を土で固定し、土から水分とミネラルを吸収します。根の先の部分は根冠に保護されています。土と成長する根の間の摩擦を減少するために根冠の細胞は粘液を分泌します。

根の成長の原因は靜止中心の周りに位置する根の細胞の連続的な分裂です。これらの細胞は根冠と根の分化した細胞を形成します。

根の表皮細胞から形成される根毛は土から水分とミネラルを吸収し、根に輸送します。吸収された物質は根から木部まで細胞の細胞質を通じて、または細胞壁を通じて運ばれています。

根と共に茎が植物の軸を形成します。茎の中の維管束は植物器官の間の液体の流れを保証します。維管束の中で、木部で水分とミネラルが輸送され、師部で光合成により発生した有機物質が運ばれています。

は光合成、ガス交換蒸散が行っている器官です。一般的に形は平らで、薄くて広いです。葉の表皮が一層であり、表面には気孔があります。気孔を通じて光合成によるガス交換蒸散が行っています。蒸散作用によって葉の中に負圧が発生し、木部の中に水分が輸送されています。

師部は近くにある葉肉細胞によって糖分子で満たされています。この現象により、師部水ポテンシャル低くなり、木部から水分子は師部へ放散します。師部へ流れ込む水が膨圧を高めて、液体が流れ始めます。

関連のエクストラ

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

葉の構造

アニメーションは葉の主な種類、単子葉植物と双子葉植物の葉の相違を紹介します。

食べられるナス科の植物

我々の最も重要な食用作物の多くはナス科に属しています。

表面張力

表面張力とは、最も表面を小さくする液体の特徴です。

ヨシとフトイ

世界中の水辺に生息する単子葉植物です。

リンゴの木

リンゴは世界で最も多く食べられている果物の一つです。

被子植物の花

このアニメーションは、被子植物の異なる花の種類を紹介しています。

植物の生活環

コケ、シダ、裸子植物と被子植物は世代交代を行って発達します。

アニメーションは典型的な花の構造を表示します。

トウモロコシ

単子葉植物に属し、最も重要な収穫物の一種です。

種子と発芽

双子葉植物には子葉が二つあり、単子葉植物には子葉が一つあります。

春の球根植物

アニメーションはチューリップ、ラッパスイセン、スノードロップの構造を紹介します。

コケとシダの生活サイクル

アニメーションはコケとシダの生活サイクルを比較し、植物の一般的な生活サイクルを分かりやすく説明します。

単子葉植物と双子葉植物の比較

被子植物の二つの種類は単子葉植物と双子葉植物です。

禾穀類

イネ科に属する禾穀類は食用となる種子のために栽培されている。

真果と偽果の比較

真果の果皮は真皮からなり、偽果の果皮は花の他の部分からできます。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

Added to your cart.