あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

窒素 (N2) (標準)

窒素 (N2) (標準)

無色、無臭、反応性が低い気体です。地球の大気の78.1%を構成します。

化学

キーワード

窒素, 窒素分子, 等核分子, 結合構造, 共有結合, シグマ結合, π結合, 三重結合, 無極, 不活性ガス, 空気, アンモニア, 窒素サイクル, 窒素固定細菌, 無機化学, 化学

関連のエクストラ

シーン

関連のエクストラ

窒素循環

大気にある窒素はバクテリアに結合され、生物に様々な化合物の構成成分として利用されます。

窒素分子の構造

アニメーションは一つのシグマ結合と二つのパイ結合で結ばれた窒素分子の構造を紹介します。

水素分子の形成

2個の水素原子は共有結合して、水素分子が形成されます。

硝酸イオン (NO₃⁻)

植物には主な窒素源を与える複イオンです。

一酸化窒素 (NO)

一酸化窒素は無色で、空気より重い気体で、硝酸を造成するとき、中間物として発生されます。

二酸化窒素 (NO₂)

赤褐色の気体です。不対電子を持っているので、反応性が高いです。

硫化水素 (H₂S)

無色で、腐卵臭で、毒性の気体です。ミネラルウォーターや温泉も硫化水素を含んでいます。

分子の問題 I. (結合)

結合の種類に関する問題です。

水素 (H₂)

水素は無色無臭で、空気より軽い気体です。宇宙で最も数が多い元素です。

窒素 (N₂) (基礎)

無色、無臭、反応性が低い気体です。地球の大気の78.1%を構成します。

酸素 (O2) (標準)

無色無臭の気体で、地球上の生命に不可欠で、大気の構成成分です。

水 (H₂O)

水は水素と酸素から構成されている安定化合物であり、生命のために不可欠です。自然には液体状、固体状と気体状の物質としてもあります。

窒素と水素ガスからのアンモニア合成 (ハーバーボッシュ法)

工業的なアンモニア合成には高い温度、高圧力と鉄の触媒が必要です。

アンモニアと塩化水素の反応

アンモニアと塩化水素の反応で塩化アンモニウムが生成されます。

アンモニウムイオン (NH₄⁺)

アンモニア分子は陽子を1個受け取ると、複イオンであるアンモニウムイオンが生成されます。

アンモニア (NH₃)

アンモニアは無色で、特徴的な刺激臭を持つ気体です。水との溶媒は水酸化アンモニウムと呼ばれています。

亜硝酸 (HNO₂)

窒素のオキソ酸の一つです。無色で、刺激臭いで、適度な酸です。水溶液としてのみ存在します。

硝酸 (HNO₃)

窒素のオキソ酸の一つです。無色で、刺激臭がする、強い酸化物質です。

Added to your cart.