あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

窒素循環

窒素循環

大気にある窒素はバクテリアに結合され、生物に様々な化合物の構成成分として利用されます。

地理

キーワード

窒素, 循環, 窒素分子, 硝化, 脱窒, 硝化細菌, 窒素固定細菌, 根粒, マメ科植物, アンモニア, 有機材料, 亜硝酸塩, 硝酸塩, 土壌, 雰囲気, 共有結合, 自然地理学, 生物, 地理

関連のエクストラ

シーン

窒素循環

  • 土における 窒素固定
  • 硝化
  • 脱窒
  • 分解
  • 窒素分子を構成する二個の原子は3重の共有結合デ結ばれているので、分子的にとても安定します。この理由で、生物は大気中の窒素を直接に受け取ることができません。
  • 土に生息している窒素固定菌は窒素ガスをアンモニアに変換できます。
  • 窒素固定菌は植物の根粒にあり、大気中の窒素を植物に利用できるアンモニアに変換できます。根粒はアルファルファ、大豆、豆、エンドウ豆の根にあります。
  • 土にいる硝化菌は窒素固定菌に発生されたアンモニアを亜硝酸塩と硝酸塩に変換します。硝酸塩は植物のために最も重要な窒素源です。
  • 土に生息している脱窒菌は硝酸イオンを大気に放出する窒素分子に変換します。脱窒菌の異常増生で、土の窒素含量が下がり、直物にはよくありません。

大気のN₂

根粒における 窒素固定

土のおける 窒素固定

硝化

脱窒

アニメーション

  • 土における 窒素固定
  • 硝化
  • 脱窒
  • 分解
  • N₂
  • NH₃
  • NO₃⁻

関連のエクストラ

炭素循環

光合成の間に、炭素は有機物質に合成され、呼吸の時大気に放出されます。

水の循環(標準)

地球上の水は常に変化しています。水の循環には蒸発、凝縮、溶解と凝固などの過程が含まれています。

酸素循環

生物に不可欠な酸素は地球上に常に循環しています。

リンの循環

生物にとって重要なリンは地球上に常に循環しています。

アンモニア (NH₃)

アンモニアは無色で、特徴的な刺激臭を持つ気体です。水との溶媒は水酸化アンモニウムと呼ばれています。

硝酸イオン (NO₃⁻)

植物には主な窒素源を与える複イオンです。

窒素 (N2) (標準)

無色、無臭、反応性が低い気体です。地球の大気の78.1%を構成します。

土壌のタイプ (土壌断面)

このアニメーションは土壌の様々なタイプを紹介します。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

アミノ酸

アミノ酸はタンパク質の単量体です。

細菌 (上級)

細菌は細胞核がなく、大きさが数マイクロメーターの単細胞生物です。

アンモニウムイオン (NH₄⁺)

アンモニア分子は陽子を1個受け取ると、複イオンであるアンモニウムイオンが生成されます。

二酸化窒素 (NO₂)

赤褐色の気体です。不対電子を持っているので、反応性が高いです。

一酸化窒素 (NO)

一酸化窒素は無色で、空気より重い気体で、硝酸を造成するとき、中間物として発生されます。

窒素 (N₂) (基礎)

無色、無臭、反応性が低い気体です。地球の大気の78.1%を構成します。

窒素と水素ガスからのアンモニア合成 (ハーバーボッシュ法)

工業的なアンモニア合成には高い温度、高圧力と鉄の触媒が必要です。

ハンガリーの土壌タイプ(地図)

このアニメーションはハンガリーの土壌タイプを紹介します。

水循環(基礎)

地球上の水は常に変更しています。水循環には蒸発、沈殿、融解と凍結などの過程が含まれています。

アンコウ

この奇怪な魚はえさを捕まるために生物発光をしているおとり(ルアー)を利用します。これはアニメーションでどのように働くか説明します。

Added to your cart.