あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ジェームス・ワットの蒸気機関 (18世紀)

ジェームス・ワットの蒸気機関 (18世紀)

ジェームス・ワットはスコットランドの発明家、エンジニアであり、蒸気機関を改良し、産業革命の推進に貢献しました。

歴史

キーワード

ジェームズ・ワット, 蒸気機関, 発明, ボイラー, ピストン, バルブ, スチーム, ポンプ, エンジニア, 技術, エネルギー, 水

関連のエクストラ

質問

  • 産業革命はアメリカから広がりましたか。
  • イギリスで、産業革命は1760代に始まりましたか。
  • 蒸気機関を改良したのはジェームス・ワットですか。
  • 蒸気機関を発見したのはジェームス・ワットですか。
  • 蒸気機関はどこで広く使われませんでしたか。
  • どれが産業革命の事前条件ではありませんでしたか。
  • どれが産業革命の結果ではありませんでしたか。
  • 何がワットの蒸気機関の一部ではありませんでしたか。
  • 何がワットの蒸気機関の一部ではありませんでしたか。
  • 以下の発明家に中で、誰が蒸気に関しての実験をしませんでしたか。
  • 誰がワットの同時代の人でしたか。
  • 誰がジェームス・ワットの同時代の人ではありませんでしたか。
  • 何が蒸気の力で動きませんでしたか。
  • イギリスで、初めての現代的な機関はどんな産業で現れましたか。
  • 蒸気機関の一番重要な動力源はなんでしたか。
  • 古代の発明家の中で、誰がアイオロスの球と呼ばれた始めての蒸気機関を作りましたか。
  • 蒸気の力は初めてどんな時代で使用されましたか。
  • ジェームス・ワットの作業場はどこにありましたか。
  • ジェームス・ワットはどこに生まれましたか。

シーン

蒸気機関

構造

  • ボイラー - 湯を沸かしながら蒸気させます。蒸気機関は発生された蒸気を利用します。つまり、蒸気機関で熱エネルギーは力学的仕事に変換します。
  • 複動式のピストン - 蒸気によって動きます。ワットの改良は外のコンデンサと複動式のピストンでした。ピストンの上と下にも蒸気を入れるのは複動式といいます。蒸気をピストンの下だけに入れた昔より、効率がよくなったです。昔の場合はピストンは圧力が下がったとき、自分の重さで沈みました。
  • コンデンサー - ワットの改良に一つでした。ピストンは蒸気を動くシリンダーから出して、蒸気は外部で水に凝縮させます。昔は、この凝縮がシリンダーの中にあり、この影響でシリンダーの温度が下がり、蒸気の熱エネルギーの一部はシリンダーを温めるために使われていました。ワットがこの問題を解決し、エネルギーを節約しました。
  • 被駆動車輪 - 蒸気機関は車輪やポンプなどを動かすために使われていました。

ピストン

  • バルブ - 蒸気機関の動きはバルブを動かします。
  • 入る蒸気

ジェームス・ワット

アニメーション

  • ボイラー - 湯を沸かしながら蒸気させます。蒸気機関は発生された蒸気を利用します。つまり、蒸気機関で熱エネルギーは力学的仕事に変換します。
  • 複動式のピストン - 蒸気によって動きます。ワットの改良は外のコンデンサと複動式のピストンでした。ピストンの上と下にも蒸気を入れるのは複動式といいます。蒸気をピストンの下だけに入れた昔より、効率がよくなったです。昔の場合はピストンは圧力が下がったとき、自分の重さで沈みました。
  • コンデンサー - ワットの改良に一つでした。ピストンは蒸気を動くシリンダーから出して、蒸気は外部で水に凝縮させます。昔は、この凝縮がシリンダーの中にあり、この影響でシリンダーの温度が下がり、蒸気の熱エネルギーの一部はシリンダーを温めるために使われていました。ワットがこの問題を解決し、エネルギーを節約しました。
  • 被駆動車輪 - 蒸気機関は車輪やポンプなどを動かすために使われていました。

コンデンサー

  • ポンプ - ピストンとバルブの協調運動は水をコンデンサからボイラーに送ります。
  • 凝縮させた蒸気 - 蒸気はシリンダーからコンデンサーに流れ、凝縮します。それから、ポンプを使用して水をボイラーに戻します。

ナレーション

蒸気機関は蒸気のエネルギー力学的な仕事変換する熱機関です。
最初に記録された蒸気機関はアレキサンドリアのヘロンが発明したアイオロスの球です。しかし、蒸気機関の全盛期は近代です。

17世紀の終わりにドニ・パパン安全バルブがある最初の蒸気機械を組み立てました。彼の同世代の人であるトーマス・セイヴァリトーマス・ニューコメンイギリス産業利用のための蒸気機械をつくりました。
スコットランドの技術者と発明家のジェームス・ワットにより蒸気機関は間もなく改良され、その分野の応用は拡大されました。

彼の構造の基礎はボイラーでした。ボイラーの中にあるを温めて蒸気を作りました。
これは蒸気パイプピストンロッドに運ばれました。これは蒸気機関がバルブを伴う垂直運動に変換される場所です。この動きは容易に回転運動に変換できます。従って、初期には鉱山用ポンプに動力を供給するためにのみ利用されていた蒸気機関は他の力学的な仕事に利用可能でした。

ワットはグラスロー大学の彼の小さな作業場で初めての実験を行いました。その後、彼の仕事を支持してくれた投資家とともに、彼は繁盛する会社を設立し、いくつかの成功した特許を登録し、数千の蒸気機械をつくりました。

数年にわたり、ワットは設計を改良し、より効果的にそしてより経済的にしました。最も重要な彼の改良は外部コンデンサー、すなわち蒸気を再利用のため水に変換する装置の利用でした。ジェームス・ワットの発明は蒸気機械の応用という新たな可能性を広めてくれました。歴史学者は彼が最初に特許を登録した1769年産業革命の始まりであると言っています。

関連のエクストラ

星形エンジン(ラジアルエンジン)

星形エンジンは主に飛行機やヘリコプターで利用されています。

ヴァンケルエンジン

最も効果的なロータリーエンジンの一種です。

アイオロスの球

最初の蒸気機関はヘロンに発明されたが、ヘロン自身もおもちゃとして見なされました。

スターリングエンジン - 熱気機関

スターリングエンジンは外燃機関とも呼ばれています。外燃機関には内燃機関(オットーエンジンなど)と異なって、燃焼がシリンダーで行...

2ストロークエンジン

2ストロークエンジンは内燃エンジンの一種であり、2行程で1サイクルとします。

4ストロークのオットーエンジン

アニメーションは自動車に使われている機関の最も一般的な種類を紹介します。

ターボジェットエンジンはどのように動作しますか。

このアニメーションはターボジェットエンジンの動作を紹介します。

蒸発と沸騰

蒸発と沸騰の間、液体の中で何が起きていますか?液体の沸点は何によりますか。

水車場

水流や水の落下のエネルギーを便利な形なパワーとして変える機械がすでに中世時代から利用されていました。

産業革命のときの鉱業

18世紀の終わりごろ、急速に発達した工業の原料の需要のため、鉱業が発展しました。

ディーゼルエンジン

ドイツの技術者ルドルフ・ディーゼルは1893年に、ディーゼルエンジンの特許を出願しました。

トルコ人 (オートマタ・チェス・プレイヤー、1769年)

ヴォルフガング・フォン・ケンペレンの最も有名な発明品です。

郵便馬車サービス (イギリス、18世紀)

動力機関を備えた車両の出現の前に、乗客、手紙やパッケージは郵便馬車を使って目的地まで送られました。

スチーブンソンのロケット号(1829年)

イギリスのエンジニア、ジョージ・スチーブンソンの機関車は1829年に機関車コンテストのために作られました。

繊維工業における発明品、18世紀

18世紀の発明品のおかげで、繊維工業が発展しました。

クラーモント号 (1807年)

アメリカの技術者、ロバート・フルトンは最初の実用汽船を製作しました。

フォード・モデルT

アメリカの自動車会社の人気のモデルは世界で最初の大量生産車でした。

湖水汽船 (1846年)

ハンガリーの初めての湖水汽船が1846年から使用されていました。

イクティネオII‐潜水艦

スペインの発明家、ナルシス・ムントリオルに設計された潜水艦は水中ナビゲーションの歴史において先駆的な発明品でした。

脱穀機 (19世紀)

脱穀機は麦や米の脱穀で使用されます。

BR 2-6-2T 標準クラス3蒸気機関車

英国鉄道に使われていた標準クラス蒸気機関車は1950年代に製造されました。

織物工場 (19世紀)

18世紀のは発明品のおかげで、織物工場は最も重要な工場の一つになりました。

理想気体のPVT状態方程式

理想気体の気圧、体積と温度の関係は状態方程式に記されています。

採金 (19世紀)

カリフォルニアのゴールドラッシュは1848年に、サンフランシスコの近くに始まりました。

Added to your cart.