あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

カタラウヌムの戦い (451年)

カタラウヌムの戦い (451年)

アエティウスの率いる西ローマ帝国軍はアッティラの率いるフン族の侵攻を止めました。

歴史

キーワード

カタルーニャ畑, 戦争, ローマ人への手紙, フン族, アッティラ, フラビウスエティウス, Római Birodalom, 西ローマ帝国, フン帝国, 5世紀, 野蛮人, マイグレーション, 古代, 西ゴート族, アラン人, オストロゴス, 歴史, 戦史

関連のエクストラ

シーン

カタラウヌム

  • フン族とその連合軍
  • 西ローマ帝国軍とその連合軍

カタラウヌムの戦い

451年の春に、フン族の統治者とその連合軍ガリアへの侵攻に準備していました。複数の民族の移動の影響を受け続けた西ローマ帝国からフラウィウス・アエティウスに率いる軍アッティラの率いる軍の進行を止めに行きました。西ローマ帝国軍が他の民族からの連合軍に頼っていました。この戦いでは当時の状況を見ると、比較的な大きな軍が戦っていました。

戦いの場所を正確に特定できる資料がありません。「カタラウヌム」はおそらく間違っている仮定であり、この戦いに関して史料を残していた歴史家が詳細な情報が知らなかったため適当に入れた可能性があります。当時の年代記編者によると、戦いがマウリカウムという集落の周辺にある平野に行われたと述べています。そういうわけで、有名な戦いは現在フランスの都市、トロアの近くにあったと推定されています。

西ローマ帝国軍

  • 西ゴート族 (トリスムンド)
  • 西ローマ帝国軍 (フラウィウス・アエティウス)
  • アラン族 (サンギバン)
  • 西ゴート族 (テオドリック)

フン族の軍

  • アッティラのキャンプ
  • 東ゴート族 (ウァラミール)
  • フン族 (アッティラ)
  • ゲピード族 (アルダリック)

アッティラ, 神の鞭

ヨーロッパのフン族の有名な王、アッティラは後でキリスト教年代記編者につけられたあだ名です。文明化された西ヨーロッパから見ると、アッティラは典型的な東の未開人の具象化になっていました。

最も認められている学説によると、4世紀の民族の移動過密居住、あるいは気候の変化によって始まりました。学者の一部によると、このドミノ倒し効果フン族の移動に起こされました。この長期間続いた移動の時期に、多くの民族がかかわり、結果的に西ローマ帝国の滅亡未開人の王国の出現に繋がっていました。

戦いの段階

  • アッティラのキャンプ
  • 東ゴート族
  • フン族
  • ゲピード族
  • 西ゴート族
  • 西ローマ帝国軍
  • アラン族
  • 西ゴート族

ナレーション

戦いの流れ

戦場の近くの丘は西ローマ帝国軍に占領され、有利な立場になりました。

アッティラは中心部に戦っていたアラン族を攻撃し、このような端にあったローマ軍との戦いを避けられました。

アラン族が逃げましたが、西ローマ帝国軍とゴート族がフン族の進行を止めようとしました。丘にいた西ローマ帝国軍の他の部隊も攻撃し始めました。

敵の軍に囲まれる可能性があると気づいたアッティラは自分のキャンプに後退しました。ローマ軍がフン族を追いかけようとしなかったため、フン族が戦場から順調に離れていました。

関連のエクストラ

古代ローマの属州と都市

このアニメーションは古代ローマの数百年渡る歴史を紹介します。

古代ローマの戦士 (紀元前1世紀)

古代ローマ軍の傭兵はよく訓練されて、当時の最新武器で戦っていました。

ゲルマン部族の戦士 (4世紀)

北ヨーロッパから分布したゲルマニア部族の軍隊にローマ帝国も恐れていました。

古代ローマの軍事キャンプ

古代ローマ帝国が新しい地域を支配していた時、支配された場所に軍事キャンプを設立されました。

古代ローマの歩兵作戦

古代ローマ軍団の兵士は軍事作戦の専門家でした。

野蛮人の衣服 (5世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ザマの戦い

第二次ポエニ戦争の時、スキピオ率いるローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍を破りました。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

人類移動の歴史

人類の大きな集団の移動は古代で始まり、現在も続いています。

アレシアの戦い (紀元前52年)

ガリアの都市であったアレシアはウェルキンゲトリクスに保護されましたが、紀元前52年にユリウス・カエサルに支配されました。

Added to your cart.