あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

月面着陸: 1969年7月20日

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

地理

キーワード

月, 月面着陸, ニール・アームストロング, アポロ11号, バズ・オールドリン, マイケル・コリンズ, 意義素, サターンV, ケープカナベラル, リチャード・ニクソン, ムーンストーン, 天文学, 宇宙探査, 惑星, 地球, 地理

関連のエクストラ

質問

  • 人は初めていつ月面に降り立ちましたか。
  • 月着陸船はどこで着陸しましたか。
  • アポロ11号ミッションはどのくらいかかりましたか。
  • オルドリンとアームストロングがどのくらい月にいましたか。
  • アポロ11号ミッションでは何人が月面に降り立ちましたか。
  • アポロ11号ミッションで撮られた写真では星がどうして見えませんか。
  • 今まで、人が何回月に送られましたか。
  • オルドリンが月面に着陸した後、最初何と言いましたか。
  • アームストロングが月面に着陸した後、最初何と言いましたか。
  • どの国は月に人を送りましたか。
  • どのミッションで初めて月面に人が降りましたか。
  • 人類で初めて月面に降り立った人は誰でしたか。
  • どのアメリカ大統領がアポロ計画を公表しましたか。
  • 地球と月の重力的流出比は:
  • 宇宙飛行士は月面でどうして跳ぶように進んでいましたか。
  • オルドリンは月でアルミホイルを設置しました。この実験で何を調べましたか。
  • 宇宙飛行士は月から何を持って帰りましたか。
  • 最初の人間の足跡が現在も月面で見えます。何ですか。
  • 月面歩行の時、どうして宇宙服を着なければなりませんか。
  • 地球で、どうして宇宙服を着なくても大丈夫ですか。
  • 着陸した後、アポロ11号の乗員が隔離されたというのは本当ですか。
  • オルドリンとアームストロングがニクソン大統領とラジオ通信で話したというのは本当ですか。
  • オルドリンとアームストロングがケネディ大統領とラジオ通信で話したというのは本当ですか。
  • アポロ11号の乗員は3人だったというのは本当ですか。
  • アポロ11号の乗員が全員月面を踏んだのは本当ですか。
  • 月着陸船は月周囲の軌道に乗った指令室に結合したというのは本当ですか。
  • 指令室は宇宙飛行士を月面に輸送したというのは本当ですか。
  • アームストロングが月面に降りなく、月の周りの軌道に乗った指令室で残ったというのは本当ですか。
  • オルドリンが月面に降りなく、月の周りの軌道に乗った指令室で残ったというのは本当ですか。
  • コリンズが月面に降りなく、月の周りの軌道に乗った指令室で残ったというのは本当ですか。
  • アポロ11号の乗員はコリンズ、アームストロングとオルドリンだったというのは本当ですか。
  • ガガーリンは月面に降りていなかったというのは本当ですか。

シーン

発射台

ケープ・カナベラル、ケネディー宇宙センター、第39複合発射施設と第一管制塔。アポロ11号と打ち上げ機サターンV

乗員:宇宙飛行士3人;ニール・アームストロング、バズ・オルドリン、マイケル・コリンズ

月面着陸

  • 第3段回
  • 第2段回
  • 第1 段回
  • 月飛行モジュール
  • アメリカの旗
  • 月表面採取装置
  • 受動的な地震計
  • カメラ
  • レーザーミラー

サターンV

  • 第3段回
  • 第2段回
  • 第1 段回
  • 発射退避システム
  • アポロ11号
  • 月飛行モジュール
  • 液体水素
  • 液体酸素
  • J-2エンジン1基
  • J-2エンジン5基
  • PR-1タンク (灯油768000リットル)
  • F-1エンジン5基

トランスルナー インジェクション

  • 地球の周りの低軌道
  • 月方向の点火
  • 月への飛行経路
  • アポロ11号
  • 三日間の飛行
  • 月の周回軌道
  • 地球

月の周り

  • 指令室
  • 技術ユニット
  • 月飛行モジュール

月面

  • 月飛行モジュール
  • アメリカの旗
  • 月表面採取装置
  • 受動的な地震計
  • カメラ
  • レーザーミラー

「ヒューストン、こちら静かの基地。イーグルは着陸した。」1969年7月21日に、月に初めて一歩を踏んだ人はニール・アームストロングでした。「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である」 初めて月面に降り立った人の有名になった文章です。 月面歩行を行った史上2番目の人、バズ・オルドリンは景色についてこういうふうに言っていました:「壮大な荒廃」。

ナレーション

アメリカ合衆国とソビエト連邦の間で行った冷戦で、宇宙開発技術は重要な役割を果たしていました。二つの強大国は宇宙開発での至高のために競争しました。 ジョン・フィッツジェラルド・ケネディ1961年に、月に宇宙飛行士を送る目的でNASAのアポロ計画を公表しました。アポロ計画の五番目の有人ミッションはアポロ11号でした。打ち上げは1969年7月16日に、ケープ・カナベラルに位置するケネディー宇宙センターの第39A複合発射施設で行いました。

打ち上げ機サターンVで推進された宇宙船の3人の乗員は: 月着陸船パイロットバズ・オルドリン、船長ニール・アームストロングと司令船パイロットマイケル・コリンズでした。

ミッションンの最初の段階として、宇宙船は地球を中心とした軌道を乗りました。軌道を一周した後、月の方に向かっていました。この段階は三日間ほどかかりました。天体を接近した後、月周辺の軌道に乗り、30周しました。

着陸過程の最初の段階として、月着陸船を13周目の時、指令室から分離されました。着陸は問題なく1969年7月20日に、前に指定された着地点である静かの海に成功しました。「ヒューストン、こちら静かの基地。イーグルは着陸した。」

着陸の後の6時間後、月着陸船のドアが開き、アームストロングと彼の後オルドリンが月面に踏んでいました。「これは一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大な飛躍である。」アームストロングはカメラを設置し、表面の写真を撮りました。オルドリンは連続的な歩行と飛躍で運動をして環境を調べました。その後、宇宙船に搭載された機器アメリカの旗を含む他の物体を設置しました。分析用に検体を集め、測定し、アメリカ大統領リチャード・ニクソンラジオ通信で話していました。

仕事が完成した後、月着陸船に戻り、離陸しました。その後はコリンズの指示通りに指令室コロンビアに着岸しました。30周を完成した後、 月周囲の軌道を離れて、地球の方へ戻りました。人類の歴史の最も画期的な出来事の主人公は1969年7月24日太平洋に着陸しました。

関連のエクストラ

月は地球の唯一の衛星です。

月相

月面の明るい部分は地球の軌道に進む角度と太陽の角度によって決まります。

月レーダー実験 (バイ・ゾルタン、1946年)

1946年に、ハンガリーの学者、バイ・ゾルタンは月からのレーダー反射波受信に成功しました。

アポロ15号ミッション(月面車)

このアニメーションはアポロ15号ミッションに使われていた二人乗りの月面車を紹介します。

無重力状態

軌道上にある宇宙船は自由落下の一定の状態にあります。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

月食

月食とは、月が地球の円錐状の影を通るときに起こります。

日食

日食とは、太陽、月、地球は一線に並び、月は全体的に、それとも部分的に太陽を隠します。

潮流

月の重力の影響で海面レベルが上がったり下がったりします。

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

スプートニク1号(1957年)

ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星でした(1957年10月)。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

地球に近い恒星

アニメーションは比較的に近い惑星、恒星、銀河を紹介します。

天体力学の発展

このアニメーションは我々の世界に関する新たな考えを与えた天文学者と物理学者の研究を紹介します。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

スペースシャトル

スペースシャトルはアメリカ航空宇宙局に操縦されていた再利用可能な有人宇宙船でした。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

ケプラー探査機

ケプラー探査機は他の恒星の周りの軌道に乗っている地球のような惑星を探査します。

国際宇宙ステーション

居住可能な国際宇宙ステーションは16カ国が協力して建築しました。

ユーリイ・ガガーリンの宇宙飛行 (1961年)

1961年4月12日、ユーリイ・ガガーリンは世界初の人間としての宇宙飛行に成功しました。

衛星航法、GPS

全地球測位システムとは、24の人工衛星で地球全体をカバーし、そのうち4つで正確な三次元位置が規定されます。

Added to your cart.