あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

プーラ円形闘技場 (プーラ、1世紀)

プーラ円形闘技場 (プーラ、1世紀)

現在のクロアチアに位置するプーラ円形闘技場は古代ローマの最も大きな円形演技場の一つでした。

視覚芸術

キーワード

円形競​​技場, フラビアヴィア, プラ, 剣闘士, サーカスゲーム, 動物の戦い, Római Birodalom, クロアチア, アリーナ, 記念碑, 古代, 1世紀, 帝国期間, 建築, 講堂, 歴史

関連のエクストラ

シーン

円形演技場

  • 廊下 - 建造物の中の移動はこれによって便利になりました。
  • - 四つの塔がある古代ローマの円形演技場の中で、プーラ円形闘技場が唯一現存しています。
  • 屋根の構造(テント) - キャンバスは持ち送り積み、柱やロープで固定され、観客には日影を与えたものです。
  • 闘技場 - 楕円形の円形演技場の砂で覆われた闘技場で、観客を楽しませるために、剣闘士同士、あるいは剣闘士と猛獣の戦いが行われていました。
  • 剣闘士

円形演技場は典型的に円形、または楕円形の建造物であり、様々なイベントのために使われていました。

これらの建物には多くの人が入ることができました。中心にある闘技場は階段状のカウェア(観客席)に囲まれていました。円形演技場では主に剣闘士同士、または動物との戦いが観戦してました。

現在のクロアチアプーラにある円形演技場は古代ローマの最も大きな円形演技場の一つでした。寸法はイタリアにあるアレーナ・ディ・ヴェローナに似ています。プーラ円形闘技場は複数の段階で建設され、紀元後1世紀の後半に完成されました。

構造

  • 楕円形状 - 古代ローマ帝国の円形演技場は典型的にこのような平面図でした。
  • 大陸に 向いている面 - この円形演技場は坂の傾斜している面で、海岸の近くに建設されました。この面は二階建てです。
  • 海の方に 向いている面 - この円形演技場は坂の傾斜している面で、海岸の近くに建設されました。この面は三階建てです。外側の壁の最高の高さが29.4mです。
  • 132.45 m
  • 105.1 m
  • 67.95 m
  • 41.65 m

プーラ円形闘技場の構造が他の古代ローマの円形演技場と異なって、外側の壁に四つの塔があります。塔は壁の構造を強化しました。各塔には木材の階段を使って上に上がることができました。塔の斜めの屋根がセラミックタイルで覆われていました。

史料によると、各塔には二つの貯水槽があります。これらの中に保管された香水を染み込ませた水を噴水に流され、天気が暑いとき観客に噴霧されました。

遮光

  • マスト
  • キャンバス
  • セラミックのタイル
  • 角石
  • 金属のリング

円形演技場は特徴的な日よけシステム(velaria)がありました。巨大なキャンバスが観客に日影を与えました。史料によると、下の方へ導き、観客席に座っている観客により快適な場所が提供されました。

キャンバスはロープに広げられ、ファサードの内側にあるマストと闘技場の上にある金属製のリングに固定されました。

断面図

  • - 最も上の階には、64個の四角い窓があります。
  • アーチ - 真ん中の二つの階には拱廊が作られました。建造物を完全に囲む階にはアーチが72個あります。
  • ピラスター - 柱のような、ファサードから突き出る建築的な要素です。
  • 回路と部屋 - 観客席の下に、回路、倉庫と店がありました。
  • 廊下 - 建造物の中の移動はこれによって便利になりました。
  • 闘技場 - 楕円形の円形演技場の砂で覆われた闘技場で、観客を楽しませるために、剣闘士同士、あるいは剣闘士と猛獣の戦いが行われていました。
  • 入り口
  • カウェア - 観客席です。二つの主な部分に分けられました。40列には総合的に23000人が座られました。
  • 地下部 - 楕円形の闘技場の長い軸に沿って、地下の廊下が作られました。剣闘士と猛獣がこれらを通じて闘技場に入ることができました。
  • 動物の出口 - 猛獣はローマ帝国のすべての地域から円形演技場に運送されました。これらの猛獣はおりに閉められ、猛獣同士、あるいは剣闘士と戦っていました。

競技場

  • 闘技場への入り口 - 楕円形の闘技場の長い軸の二つの終点に、大きな門がありました。戦車と大きな物体がこれらの門を通じて闘技場に運ばれました。
  • 動物の出口 - 猛獣はローマ帝国のすべての地域から円形演技場に運送されました。これらの猛獣はおりに閉められ、猛獣同士、あるいは剣闘士と戦っていました。
  • カウェア - 観客席です。二つの主な部分に分けられました。40列には総合的に23000人が座られました。
  • 屋根の構造 - キャンバスは持ち送り積み、柱やロープで固定され、観客には影を与えたものです。
  • 出口
  • 剣闘士

円形演技場の中心にはで覆われていた闘技場がありました。闘技場の中には、その長い方の軸の終点にある大きな門を通じて入られ、そして壁にあるより小さな門を通じて出ることができました。大きな門を通じて、サイズが大きな物体や戦車が入られ、動物剣闘士が小さな門を入りました。
闘技場で溜まった水を出すため、排水路が作られました。

アニメーション

ナレーション

現在のクロアチアにあるプーラに位置するプーラ円形闘技場ローマ帝国の最も大きな円形演技場の一つでした。この楕円形の円形演技場はヴィア・フラヴィアに沿って、城壁の外で建てられました。建設は1世紀に完成されました。

構造には二つの特徴的な要素があります。に建設されたため、海の方へ向いている部分は三階建てであり、大陸の方へ向いている部分は二階建てです。その上、現存している円形演技場の中で、唯一四本の塔がある建造物です。

円形演技場には剣闘士同士、あるいは剣闘士と猛獣が戦っていた場所でした。観客が23000人、入ることができました。5世紀にはもともとの役割がなくなりましたが、クロアチアの最も良い状態で残された遺跡として、毎年観光客が多く訪れています。

関連のエクストラ

古代ローマの剣闘士 (2世紀)

剣闘士は古代ローマの聴衆を楽しませるために、競技場にお互いか動物と戦っていました。

コロセウム(ローマ、1世紀)

ローマで一番有名で、豪華な円形闘技場であり、第1世紀に建築されました。

古代ローマの属州と都市

このアニメーションは古代ローマの数百年渡る歴史を紹介します。

古代ローマの水道橋と道路

古代ローマ帝国を覆った水道と道路のシステムはローマ文明の発展を反映してます。

古代ローマの元老院議員と妻

古代ローマの最高の社会階級のメンバーである元老院議員は紫色のへりがあるトーガを着ていました。

チルコ・マッシモ (ローマ)

古代ローマの大競技場であり、二輪戦車レースで有名になりました。

ディオクレティアヌス宮殿 (スプリト、クロアチア)

要塞のような宮殿が古代ローマのディオクレティアヌス帝によって自身の故郷の近くに建設されました。

有名な建造物

歴史上に建設された有名な建造物を紹介します。

ヴァラジュディンの城 (16世紀)

この素晴らしい城は北クロアチアに位置しています。

ラグーザ(クロアチア、16世紀)

現在はドボロブニクと呼ばれているクロアチアの都市が素晴らしい建築と綺麗な外観で知られています。

タイタスの凱旋門 (ローマ、1世紀)

凱旋門はフォロ・ロマーノの入り口の近くに建築されました。ローマ皇帝、タイタスのエルサレム包囲の成功を記念にした凱旋門です。

古代ローマの戦士 (紀元前1世紀)

古代ローマ軍の傭兵はよく訓練されて、当時の最新武器で戦っていました。

カラカラ浴場 (ローマ、3世紀)

紀元3世紀に、古代ローマのカラカラ帝の治世に建造された贅沢な浴場でした。

パンテオン (ローマ、2世紀)

すべての神の神殿と呼ばれるパンテオンはローマ皇帝ハドリアヌスの統治下の元で再建されました。

古代ローマの家

古代ローマの裕福な市民はレイアウトした複数の部屋がある大きな家を所有してました。

Added to your cart.