あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

原核細胞と真核細胞の構造

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

生物

キーワード

セル, 核, 細菌, 鞭毛, 繊毛, 細胞壁, プラスミド, 核膜, 細胞骨格, 小胞体, 多糖類, ペプチド, DNA, 染色体

関連のエクストラ

シーン

大きさ

  • 原核細胞
  • 大きさ: 0.1-10.0 μm
  • 真核細胞
  • 大きさ: 10-100 μm

地球で生息しているすべての生物は一つ、あるいは複数の細胞から構成されています。細胞の構造に基づいて、原核細胞真核細胞という二つのグループに分類されています。

原核細胞は細胞核がない単細胞生物です。真核細胞には膜に囲まれている細胞核があります。

原核細胞と真核細胞は複数の面で異なります。大きさと構造なども異なり、原核細胞は真核細胞より10倍ほど小さく、構造が真核細胞より単純です。

原核細胞

  • 原核細胞
  • 細胞壁 - 細胞壁のタイプに基づいて、細菌はグラム陰性菌とグラム陽性菌に分類されています。区別の基とは、細菌の一部はグラム染色法で染められ(グラム陽性菌)、他の細菌は染められません(グラム陰性菌)。この違いは細菌の細胞壁の構造が異なるためです。
  • 細胞膜 - 脂質二重層です。
  • 細胞質
  • DNA - 細菌のDNAが環状です。DNAは細胞膜に囲まれていないので、これらの細胞は原核細胞と呼ばれています。真核細胞にはDNAが環状ではなく、細胞膜に囲まれています。人は真核細胞から構成されています。
  • プラスミド - 細胞の染色体DNAから分離され、それと関係なく複製できる小さなDNA分子です。最も一般的には細菌の中の環状のDNAとして見つかります。
  • 繊毛 - 薄くて管状のタンパク質の構造です。細胞の種類によって、数百本の繊毛があります。主要機能とは、固体の表面、あるいはほかの細胞に密着することです。繊毛の一種は細菌の移動を助けます。
  • 鞭毛 - 細菌の移動を助け、長細いタンパク質から構成されている物です。
  • 線毛 - グラム陰性菌の特徴的な付属器官です。繊毛より長いです。二つの細菌をプラスミドの移動のために繋げます。

原核細胞遺伝物質は一つの環状の染色体から構成されています。この染色体は細胞の他の部分から膜で分けられていません。

これらの単純な細胞には膜で囲まれた細胞小器官細胞骨格がありません。 細胞質は細胞膜に囲まれ、細胞膜は多糖とペプチドから構成されている細胞壁に囲まれています。細胞壁は外部保護を提供します。原核細胞は表面から突起している複数の付属器官があります。これらの付属器官は繊毛鞭毛、あるいは線毛です。

原核細胞は細菌始原細菌という二つの主なグループに分類されています。

真核細胞

  • 真核細胞
  • 細胞核 - 核内にはDNAとたんぱく質から出来ているクロマチンが含まれています。動物細胞、植物細胞、そして菌類の細胞には核が含まれ、真核細胞と呼ばれています。原核細胞(細菌など)には核がなく、DNAが細胞質にあります。
  • ミトコンドリア - 細胞の発電所とも呼ばれています。有機物の分子を分解して、ATPを作っています。ATPは細胞の中心的なエネルギー転移をしてる分子です。
  • 細胞膜 - 細胞の周りにある脂質膜。
  • 細胞質
  • 小胞体 - 細胞の中にある複雑な綱状の膜系です。タンパク質合成とタンパク質プロセシング、そして脂質合成とある特定の物質の分解に重要な役割を果たしています。
  • ゴルジ体 - タンパク質プロセシングにおいて重要な役割を果たしています。
  • 小胞 - 細胞内の様々な物質は膜気泡に、いわゆる小胞に輸送されます。小胞の種類の一つであるリソソームで物質の消化と不要物の分解が行われています。
  • 細胞骨格 - 細胞小器官の位置を保ち、その移動を助け、そして細胞壁がない動物細胞では細胞の形を保護しています。

真核細胞には真核があり、所謂遺伝物質が膜に囲まれています。細胞核には複数の直鎖状染色体が含まれています。

これらの細胞には細胞核と細胞小器官が膜に囲まれています。細胞小器官の中で最も重要なのはミトコンドリア葉緑体です。葉緑体は植物細胞のみに含まれています。

細胞核と繋がっている小胞体はタンパク質合成を行う器官なので、細胞内とても重要な役割があります。

すべての真核細胞の細胞質は細胞膜に囲まれています。植物とキノコの細胞は細胞壁にも囲まれています。

真核細胞は一般的に四つのに分類されています: 単細胞真核生物界、菌界、植物界と動物界。

関連のエクストラ

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

ゾウリムシ

淡水に生息していて繊毛があり、真核性の単細胞生物です。

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

黒死病ーペスト(ヨーロッパ、1347年–1353年)

腺ペストとして知られている細菌性疾患は、人類の歴史の中で最悪の感染症の一つです。

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

DNA

細胞の遺伝情報が含まれています。

Added to your cart.