あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

有糸分裂

有糸分裂

有糸分裂は、真核細胞が二つに分かれ、染色体数は変化しません。

生物

キーワード

有糸分裂, 細胞分裂, division of the nucleus, 染色体, 染色質, 2倍体細胞, 二倍体, 相間, 体細胞, 染色分体, セントロメア, DNA, 細胞診, 生物

関連のエクストラ

シーン

染色体

  • 母親の染色体 - 我々の体細胞は二倍体で、染色体の2つのコピーを含んでいます。一つは母親から、もう一つは父親からです。 我々の配偶子(性細胞)は半数体であり、染色体一組を含んでいます。 人間の半数体の染色体は23組の染色体を含んでいます。体細胞は2x23=46の染色体を含んでいます。配偶子は23の染色体を含んでいます
  • 父親の染色体 - 我々の体細胞は二倍体で、染色体の2つのコピーを含んでいます。一つは母親から、もう一つは父親からです。 我々の配偶子(性細胞)は半数体であり、染色体一組を含んでいます。 人間の半数体の染色体は23組の染色体を含んでいます。体細胞は2x23=46の染色体を含んでいます。配偶子は23の染色体を含んでいます
  • 動原体 - それは2つの姉妹染色分体とつながっていて、タンパク質から構成されています。
  • 染色分体 - 二つの染色分体のもつDNA量は同じです。有糸分裂の間、染色分体は分裂し、一つの染色分体をもつ染色体が形成され、二つの細胞の一部になります。次の細胞分裂の前に、DNAは複製され再び二つの染色分体を持ちます。
  • 染色分体が二つある染色体を 含む二倍体細胞
  • 染色分体が一つある染色体を 含む二個の二倍体細胞
  • 分裂した染色体を含む細胞
  • 間期におけるDNAの複製
  • 重複した染色体を含む細胞
  • 有糸分裂

有糸分裂

  • 中心体 - 細胞分裂の間、染色体の動きを調節します。直角に配列した円筒上のタンパク質複合体で、短い微小管です。
  • 染色質 - DNAとタンパク質から構成されています。染色体を構成します。
  • 紡錘体 - 中心体と動原体と繋がっている微小管から構成されています。
  • 染色分体が二つある染色体を 含む二倍体細胞
  • 染色分体が一つある染色体を 含む二個の二倍体細胞
  • 分裂した染色体を含む細胞
  • 間期におけるDNAの複製
  • 重複した染色体を含む細胞

アニメーション

我々の体細胞は二倍体で、染色体の2つのコピーを含んでいます。一つは母親から、もう一つは父親からです。染色体は二つの染色分体を持ち、細胞分裂の前にDNA量を複製します。二つの染色分体のもつDNA量は同じです。有糸分裂で二倍体細胞は分裂し、娘細胞ができます。娘細胞もまた二倍体細胞であるが、染色分体一つです。次の分裂の前に、これらの染色分体は分裂し、DNAが複製されます。細胞内の染色体は2つの染色分体を持ち、再び細胞分裂を始めます。分裂の間、二倍体細胞から配偶子が形成される減数分裂と異なり、染色体数は減少しません

有糸分裂は4つの段階からなっています。最初の段階は前期です。DNAとプロテインから成る染色質から染色体が形成されます。中心体は複製され、細胞の反対極の方へ移動します。
中期では核膜消失し、紡錘体が形成されます。そして、染色体は細胞の赤道面に並びます。
後期には、染色体は染色分体に分かれ、一つの染色分体を持つ染色体を形成します。終期では、細胞が分裂し、核膜が再び形成されます。そして、染色体が分裂します。このように、有糸分裂では1つの二倍体細胞から2つの二倍体細胞ができます。

我々の体にある、ある細胞、例えば神経細胞は分裂することができません。他の細胞は一生の間に複数回細胞分裂をすることができます
細胞周期は正確に調節されています。細胞周期の乱れはコントロール不能な細胞増殖をもたらし、の発生につながる恐れがあります。

ナレーション

我々の体細胞は二倍体で、染色体の2つのコピーを含んでいます。一つは母親から、もう一つは父親からです。染色体は二つの染色分体を持ち、細胞分裂の前にDNA量を複製します。二つの染色分体のもつDNA量は同じです。有糸分裂で二倍体細胞は分裂し、娘細胞ができます。娘細胞もまた二倍体細胞であるが、染色分体一つです。次の分裂の前に、これらの染色分体は分裂し、DNAが複製されます。細胞内の染色体は2つの染色分体を持ち、再び細胞分裂を始めます。分裂の間、二倍体細胞から配偶子が形成される減数分裂と異なり、染色体数は減少しません

有糸分裂は4つの段階からなっています。最初の段階は前期です。DNAとプロテインから成る染色質から染色体が形成されます。中心体は複製され、細胞の反対極の方へ移動します。
中期では核膜消失し、紡錘体が形成されます。そして、染色体は細胞の赤道面に並びます。
後期には、染色体は染色分体に分かれ、一つの染色分体を持つ染色体を形成します。終期では、細胞が分裂し、核膜が再び形成されます。そして、染色体が分裂します。このように、有糸分裂では1つの二倍体細胞から2つの二倍体細胞ができます。

我々の体にある、ある細胞、例えば神経細胞は分裂することができません。他の細胞は一生の間に複数回細胞分裂をすることができます
細胞周期は正確に調節されています。細胞周期の乱れはコントロール不能な細胞増殖をもたらし、の発生につながる恐れがあります。

関連のエクストラ

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

補酵素A

補酵素Aは酵素反応においてアセチル基を提案する補酵素です。

減数分裂

ヒトの配偶子は減数分裂により二倍体細胞から形成された半数体細胞です。

酵素

タンパク質で構成されている酵素は生化学反応の触媒として機能しています。酵素の活動は規制されます。

クロロフィル

クロロフィルは植物の葉緑素であり、光合成において重要な役割を果たしています。

NAD, NADP, NADPH

NADは異化プロセスのおいて重要で、NADPは同化プロセスに水素を運ぶ補酵素として重要な役割が...

細菌 (上級)

細菌は細胞核がなく、大きさが数マイクロメーターの単細胞生物です。

Added to your cart.