あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

葉の構造

葉の構造

アニメーションは葉の主な種類、単子葉植物と双子葉植物の葉の相違を紹介します。

生物

キーワード

葉, 葉の種類, 単子葉植物, 双子葉植物, シンプルリーフ, 複合葉, トウモロコシ植物, 栗, 卑劣, 葉の表, 葉の裏, 葉柄, 葉鞘, 葉脈の平行した葉, 大脈, 平行脈, 維管束, 気孔, 葉肉組織, 表皮, キューティクル, 木目, 師, 花, ガス交換, セシール, 光合成, 植物, 生物

関連のエクストラ

シーン

葉の種類

  • 単子葉植物 (トウモロコシ) - 単子葉植物の葉に、葉脈は平行に進んでいて、大脈がありません。葉は鞘で茎に繋がっていて、下部は茎を囲んでいます。
  • 双子葉植物、単純 (コナスビ) - 双子葉植物の葉脈は網目状であり、大脈に支脈があります。葉が葉柄で茎に繋がっています。
  • 双子葉植物、複雑 (セイヨウトチノキ) - 双子葉植物の葉脈は網目状であり、大脈に支脈があります。葉が葉柄で茎に繋がっています。 複雑な葉の葉身は小葉に分かれます。

単子葉植物

  • 葉鞘 - 単子葉植物の葉は鞘によって茎に繋がっていて、下部は茎を囲んでいます。
  • 葉脈の平行した葉
  • 葉の表
  • 葉の裏

双子葉植物、単純

  • 葉柄 - 双子葉植物の葉が葉柄で茎に繋がっています。
  • 平行脈
  • 大脈 - 双子葉植物の典型的な部分であり、支脈が枝分かれする所です。

双子葉植物、複雑

  • 葉柄 - 双子葉植物は葉柄によって茎に繋がる。
  • 平行脈
  • 大脈 - 双子葉植物の典型的な部分であり、支脈が枝分かれする所です。

組織

  • 通道組織: 木部 - 水分とミネラル塩を運送します。植物は光合成により水が酸素と水素に分解される。
  • 通道組織: 師部 - 光合成によって生成された糖類は師部を通じて植物の他の方へ運送される。
  • 気孔 - これに通じてガス交換と呼吸が行う。乾燥を防ぐために、植物は気孔を閉じることもできます。
  • 栄養体 - 栄養体の細胞には光合成をしている葉緑体がたくさん入っている。上のほうは柱状で、下のほうはスポンジ状の構造です。
  • 表皮 - 細胞の一層です。気孔を閉じる細胞以外には葉緑体が入っていない。植物を保護し、外部環境との関係を調節する。
  • 角皮層 - 葉の表面を保護する蝋質の層です。

アニメーション

  • 通道組織: 木部 - 水分とミネラル塩を運送します。植物は光合成により水が酸素と水素に分解される。
  • 通道組織: 師部 - 光合成によって生成された糖類は師部を通じて植物の他の方へ運送される。
  • 気孔 - これに通じてガス交換と呼吸が行う。乾燥を防ぐために、植物は気孔を閉じることもできます。
  • 栄養体 - 栄養体の細胞には光合成をしている葉緑体がたくさん入っている。上のほうは柱状で、下のほうはスポンジ状の構造です。
  • 表皮 - 細胞の一層です。気孔を閉じる細胞以外には葉緑体が入っていない。植物を保護し、外部環境との関係を調節する。

ナレーション

単子葉植物と双子葉植物の葉は様々な面で異なっています。単子葉植物の葉の下部が茎を囲んで、鞘によって茎に繋がっています。葉脈が平行状であり、大脈がありません。

双子葉植物の葉は葉柄のよって茎へつながります。双子葉植物の葉脈は網目状であり、大脈に支脈があります。双子葉植物の葉は二つの主なタイプが存在する:単純複雑な葉。複雑な葉において葉身は小葉に分かれます。

葉を覆う外部の細胞層表皮と呼ばれています。表皮には孔辺細胞と呼ばれる特性な表皮細胞を持っています。孔辺細胞は気孔のサイズを調節できます。気孔の水分の変化で気孔を開いたり閉じたりすることができます。気孔に通じてガス交換と蒸散を行います。孔辺細胞には葉緑体が含まれていて、光合成が行います。他の上皮細胞に、葉緑体が含まれていません。

葉は大分、葉肉組織で構成されています。同化組織光合成を行う場所です:二酸化炭素は水と糖類に分解されます。葉緑体が多いので、葉肉組織は緑色に見えます。

葉脈は通道組織で形成されます。木部は葉の表面の近くに位置し、水分やミネラルの通り道になっています。師部は葉の裏側の近くに位置し、光合成で生成された糖類を運搬します。

関連のエクストラ

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

セイヨウトチノキ

アニメーションはセイヨウトチノキの季節による変化を紹介します。

アニメーションは典型的な花の構造を表示します。

ヨーロッパアカマツ

世界で最も広く分布しているマツ類の一つです。ユーラシアが原産となっています。

ヨシとフトイ

世界中の水辺に生息する単子葉植物です。

リンゴの木

リンゴは世界で最も多く食べられている果物の一つです。

植物の栄養器官

これらの器官は植物が生きるためや成長に必要です。

禾穀類

イネ科に属する禾穀類は食用となる種子のために栽培されている。

被子植物の花

このアニメーションは、被子植物の異なる花の種類を紹介しています。

トウモロコシ

単子葉植物に属し、最も重要な収穫物の一種です。

花粉

花粉は植物の卵子を受精する役割をします。花粉が植物によって様々な形、サイズ、特徴を持っています。

種子と発芽

双子葉植物には子葉が二つあり、単子葉植物には子葉が一つあります。

セコイアオスギ

セコイアオスギは世界一重量が大きい生物です。

ヨーロッパオーク

アニメーションはヨーロッパオークを例にとって、木の季節による変化を紹介します。

春の球根植物

アニメーションはチューリップ、ラッパスイセン、スノードロップの構造を紹介します。

単子葉植物と双子葉植物の比較

被子植物の二つの種類は単子葉植物と双子葉植物です。

真果と偽果の比較

真果の果皮は真皮からなり、偽果の果皮は花の他の部分からできます。

食べられるナス科の植物

我々の最も重要な食用作物の多くはナス科に属しています。

Added to your cart.