あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

アンモニアと塩化水素の反応

アンモニアと塩化水素の反応

アンモニアと塩化水素の反応で塩化アンモニウムが生成されます。

化学

キーワード

アンモニア, 塩化水素, 化学物質, 反応, 酸塩基反応, 融合, プロトン転移, アンモニア分子, 塩化水素分子, アンモニウムイオン, 塩化物イオン, 塩化アンモニウム, 分子, 結晶化, ブレンステッド, 酸度, アルカリ性pH, pH中性, pH値, 無機化学, 化学

関連のエクストラ

アンモニア (NH₃)

アンモニアは無色で、特徴的な刺激臭を持つ気体です。水との溶媒は水酸化アンモニウムと呼ばれています。

窒素と水素ガスからのアンモニア合成 (ハーバーボッシュ法)

工業的なアンモニア合成には高い温度、高圧力と鉄の触媒が必要です。

アンモニウムイオン (NH₄⁺)

アンモニア分子は陽子を1個受け取ると、複イオンであるアンモニウムイオンが生成されます。

塩化水素 (HCl)

無色で、刺激臭の気体であり、水に溶解すると塩酸が生成されます。

窒素 (N2) (標準)

無色、無臭、反応性が低い気体です。地球の大気の78.1%を構成します。

亜鉛と塩酸の化学反応

塩酸による亜鉛の溶解は水素ガスを生成します。

Added to your cart.