あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

アンモニアと塩化水素の反応

アンモニアと塩化水素の反応

アンモニアと塩化水素の反応で塩化アンモニウムが生成されます。

化学

キーワード

アンモニア, 塩化水素, 化学物質, 反応, 酸塩基反応, 融合, プロトン転移, アンモニア分子, 塩化水素分子, アンモニウムイオン, 塩化物イオン, 塩化アンモニウム, 分子, 結晶化, ブレンステッド, 酸度, アルカリ性pH, pH中性, pH値, 無機化学, 化学

関連のエクストラ

シーン

反応分子

  • アンモニア分子
  • 塩化水素分子
  • アンモニウムイオン
  • 塩化物イオン

アンモニア分子は共有結合で結ばれた窒素原子と水素原子で構成されています。窒素原子は1つの不対電子を持つため、プロトン(陽子)と結合することができます。ブレンステッドによると、陽子を受け取る分子やイオンは塩性であり、陽子を放出する分子やイオンは酸性です。この反応において、アンモニアは塩性で、塩化水素は酸性として反応します。

塩化水素の塩素原子は水素原子より電気陰性度が高いです。二つの原子の間にある共有結合極性です。乾燥している状態の塩化水素は不活発です。塩化水素は非常に水溶性であり、水溶液である塩酸は強い酸です。

反応

反応中、アンモニア分子が陽子を受け取りアンモニウムイオンになり、塩化水素分子は陽子を放出して塩素イオンが発生します。この間、水素と塩素原子の間にある共有結合分裂し、塩化アンモニウム内の発生するイオンがイオン結合で結ばれています。

がこの反応の触媒としてはたらくので、乾燥した塩酸とアンモニアガスで反応が起きません。

化学反応の主な条件は粒子の衝突で行うが、化学反応を起こさない衝突もあります。衝突する分子が適切な空間位置を取るときのみ、結合されます。塩化水素とアンモニアの衝突は、窒素が塩化水素の水素に衝突する場合のみ成功します。

結晶化

  • 塩化アンモニウムの結晶 (滷砂)

ろ砂とも呼ばれる塩化アンモニウムはアンモニアの塩です。純粋な塩化アンモニウムは色で、空気に安定し、塩辛い苦い味をする物質です。ろ砂は水溶液から塩化セシウム格子で結晶化します。水に溶解すると冷却します。産業的に利用可能な多量はアンモニア塩化水素で製造されます。

利用:石灰を混ぜて肥料融剤、バッテリー内の電解質で利用されます。雪にかけると溶けにくくなるので、スキー場で0度以上の温度のときに利用されています。

関連のエクストラ

液体2の表面張力

このビデオでは、食品着色料を試しています。

分子の問題 VII. (有機窒素化合物)

有機窒素化合物の構造と分類に関する問題です。

エチレン(エテン)の重合

エチレンの重合でプラスチックの一種であるポリエチレンが形成されます。

モデル火山

重曹と酢に赤い色をつけた反応は火山の反応に似ています。

液体の表面張力

かみそりの刃が異なる液体の表面に浮くことができるかどうかを確認します

液体の粘度(観察)

なぜ蜂蜜が水と比べてスプーンからゆっくりと流れ出すのか考えたことはありますか?

メタンの置換反応による塩素化

置換反応で、メタンの水素原子は塩素原子で置換され、副産物として塩化水素が発生します。

吸熱反応

水酸化バリウムは、周囲からの熱を吸収しながら硝酸アンモニウムと反応する

Added to your cart.