あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

生物

キーワード

細菌, 原核生物, 単細胞の, 病原体, 抗生物質, 微生物, 病気, 感染, 炎症, 大腸菌, 破傷風, 伝染病, コレラ, 淋菌感染, 腹痛, 淋病, 肺炎, サルモネラ, 軍事病, ライム病, 梅毒, スティック, spiral, 球状, 単球菌, vibrio, 膿, staphylococcus, streptococcus, 桿菌, らせん状, 球菌, セル, 細胞壁, グラム陽性, グラム染色, tok, 繊毛, パスツール, グラム陰性, 形態学, 細菌学, 微生物学, 生物

関連のエクストラ

質問

  • 以下の中で、どれが球状の細菌の一種ではありませんか。
  • 以下の中で、どれが細菌の典型的な形ではありませんか。
  • 腺ペストの原因となる病原菌はどの種類の細菌ですか。
  • 破傷風菌はどの種類の細菌ですか。
  • 以下の中で、どの病気が細菌によるものですか。
  • 以下の中で、どの病気は細菌によるものですか。
  • 以下の中で、どの病気は細菌によるものですか。
  • 以下の病気の中で、どの病気が細菌によるものではないですか。
  • 以下の病気の中で、どの病気が細菌によるものではないですか。
  • 以下の病気の中で、どの病気が細菌によるものではないですか。
  • グラム染色という方法で、細菌のどの部分は染色されますか。
  • 細菌の細胞壁は主にどの物質で構成されていますか。
  • 食品産業には、どの細菌が使われていますか。
  • 窒素固定細菌は人間の体に入ると、炎症を起こすというのは本当ですか。
  • 窒素固定細菌は野菜の根に生息するというのは本当ですか。
  • アンコウという魚類のルアーには光を発する細菌があるというのは本当ですか。
  • 人間の大腸には大腸菌が生息しているというのは本当ですか。
  • 破傷風菌は無害な筋肉けいれんを起こすというのは本当ですか。
  • 細菌は原核生物であるというのは本当ですか。
  • 細菌は単細胞の生物であるというのは本当ですか。

シーン

球菌

  • 単球菌 - 単純で、球状の細菌。
  • 双球菌 - 例:淋病の原因となる淋菌と脳炎を起こす髄膜炎菌。
  • 連鎖状球菌 - 炎症の原因となる細菌の多くはこのグループに属します。例:肺炎、上気道炎や脳炎の原因となる肺炎連鎖球菌。
  • ブドウ球菌 - 膿の出る炎症を起こすブドウ球菌。例えば、傷口感染を起こす黄色ブドウ球菌。

桿菌

  • バシラス属 - 例:大腸に存在する大腸菌、食品産業に幅広く使われている乳酸菌。腺ペスト、レジオネラ肺炎、破傷風、サルモネラ中毒の原因となる桿菌。
  • ビブリオ - 例:コレラの病原菌であるコレラ菌、アンコウという魚類のルアーにある菌。

らせん菌

  • スピリルム属 - 例:ネズミに咬まれてできる鼠咬熱(そこうしょう)の病原菌である鼠咬症スピリルム。
  • スピロヘータ - 例:ライム病の病原菌であるボレリア・ブルグドルフェリ、レプトスピラ症と梅毒を起こす菌(性病の一つ )。

構造

  • 莢膜 - 細胞を保護する外側の層です。病原性細菌の特徴です。
  • 細胞壁 - 多くの細菌にある硬くて頑丈な構造です。主に多糖とタンパク質から構成されています。細胞の形を保ち、保護します。
  • 細胞膜 - 脂質二重層です。
  • DNA - 輪状なものです。核膜に囲まれていないので、このような細菌は原核細胞といいます。
  • 細胞質
  • 鞭毛 - 細菌の移動に使われています。鞭毛がない細菌も存在します。
  • プラスミド - 細胞内の染色体DNAから物理的に分離され、それと関係なく複製できる小さなDNA分子です。普通、細菌の環状DNA分子として見られます。

細胞壁

  • グラム陽性
  • 多糖類 - 細胞壁はペプチドグリカンという多糖から構成されています。グラム染色の時、色素はこの層を染色します。
  • 細胞膜
  • グラム陰性
  • 細胞膜
  • 多糖類 - 細胞壁はペプチドグリカンという多糖から構成されています。
  • 外側の脂質膜 - グラム染色の時、色素が多糖の層に入らないようにします。細胞壁はこの方法で染色されません。

アニメーション

  • 莢膜 - 細胞を保護する外側の層です。病原性細菌の特徴です。
  • 細胞壁 - 多くの細菌にある硬くて頑丈な構造です。主に多糖とタンパク質から構成されています。細胞の形を保ち、保護します。
  • 細胞膜 - 脂質二重層です。
  • DNA - 輪状なものです。核膜に囲まれていないので、このような細菌は原核細胞といいます。
  • 細胞質
  • 鞭毛 - 細菌の移動に使われています。鞭毛がない細菌も存在します。
  • プラスミド - 細胞内の染色体DNAから物理的に分離され、それと関係なく複製できる小さなDNA分子です。普通、細菌の環状DNA分子として見られます。
  • グラム陽性
  • 多糖類 - 細胞壁はペプチドグリカンという多糖から構成されています。グラム染色の時、色素はこの層を染色します。
  • 細胞膜
  • グラム陰性
  • 細胞膜
  • 多糖類 - 細胞壁はペプチドグリカンという多糖から構成されています。
  • 外側の脂質膜 - グラム染色の時、色素が多糖の層に入らないようにします。細胞壁はこの方法で染色されません。
  • 単球菌 - 単純で、球状の細菌。
  • 双球菌 - 例:淋病の原因となる淋菌と脳炎を起こす髄膜炎菌。
  • 連鎖状球菌 - 炎症の原因となる細菌の多くはこのグループに属します。例:肺炎、上気道炎や脳炎の原因となる肺炎連鎖球菌。
  • ブドウ球菌 - 膿の出る炎症を起こすブドウ球菌。例えば、傷口感染を起こす黄色ブドウ球菌。
  • バシラス属 - 例:大腸に存在する大腸菌、食品産業に幅広く使われている乳酸菌。腺ペスト、レジオネラ肺炎、破傷風、サルモネラ中毒の原因となる桿菌。
  • ビブリオ - 例:コレラの病原菌であるコレラ菌、アンコウという魚類のルアーにある菌。
  • スピリルム属 - 例:ネズミに咬まれてできる鼠咬熱(そこうしょう)の病原菌である鼠咬症スピリルム。
  • スピロヘータ - 例:ライム病の病原菌であるボレリア・ブルグドルフェリ、レプトスピラ症と梅毒を起こす菌(性病の一つ )。

ナレーション

細菌は単細胞で構成される原核生物です。地球上どこでも見つかります。現在の細菌の祖先は約35億年前に現れていました。

細菌は細胞質で形成されています。細胞質内は輪状のDNAが含まれています。真核細胞と異なって、原核細胞のDNAにタンパク質が付着していません。細胞質は細胞膜に囲まれています。

すべての各種の細菌は細胞壁があります。細胞壁は、タンパク質多糖から構成されている硬くて頑丈な構造です。細胞の形を保つことと、細胞の保護に重要な役割を果たしています。

細胞壁の外側を囲む莢膜は主に多糖から構成されています。莢膜は細胞を保護しますが、宿主生物に病気を起こす場合もあります。
細菌の一部は鞭毛移動できます。

細菌は特徴的な適応能力と生殖能力のため広く分布しています。無性生殖と有性生殖もできます。無性生殖の一種である二分裂で繁殖する場合は、多くの数の細菌ができます。
細菌の形は様々であり、球状桿状らせん状の細菌も存在します。

球菌と呼ばれている球状の細菌は配列によって単球菌、双球菌、連鎖球菌とブドウ球菌に分類されます。球菌の中で化膿性感染症肺炎淋病を起こすものがあります。

バシラス属桿菌の一種です。バシラス属の細菌の中で、乳酸菌のような無害な細菌もありますが、腺ペスト、結核、サルモネラ中毒と破傷風も桿菌に起こされる病気です。人間の腸内でみつかる大腸菌もバシルス属に属します。

梅毒ライム病レプトスピラ病らせん状細菌です。

グラム染色という方法で、細菌は二つの大きなグループに分類されます。それはグラム陽性菌グラム陰性菌があります。この理由は、細菌の種類によって細胞壁に色素を与えると染色されます。グラム陰性菌とグラム陰性菌に効く抗生物質は異なります。

関連のエクストラ

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すために感染させた細胞を再プログラム...

窒素循環

大気にある窒素はバクテリアに結合され、生物に様々な化合物の構成成分として利用されます。

バイオガス発電所

バイオガスは有機物質(肥料、植物性廃棄物、有機質廃棄物)からバクテリアで発生されます。バイオガスはメタンと二酸化炭素の混合物で...

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

脂肪分子

グリセリン分子と3個の飽和脂肪酸が結合すると、脂肪分子が形成されます。

細菌 (上級)

細菌は細胞核がなく、大きさが数マイクロメーターの単細胞生物です。

食用キノコと毒キノコの比較

ある種のキノコは人間にとって致命的でかつ毒があり、また他の種は食用で、広く調理されています。

オイル分子

不胞和脂肪酸を含んでいるトリグリセリドは室温で液体です。

ミミズ

ミミズを例として、環形動物の構造を紹介します。

黒死病ーペスト(ヨーロッパ、1347年–1353年)

腺ペストとして知られている細菌性疾患は、人類の歴史の中で最悪の感染症の一つです。

DNA

細胞の遺伝情報が含まれています。

Genome editing

Genome editing is a type of genetical engineering which...

タンパク質の構造

ポリペプチド鎖の構造と配列はタンパク質の空間構造に影響します。

アンコウ

この奇怪な魚はえさを捕まるために生物発光をしているおとり(ルアー)を利用します。これはアニメーションでどのように働くか説明します。

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

ゾウリムシ

淡水に生息していて繊毛があり、真核性の単細胞生物です。

Added to your cart.