あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

水星

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

地理

キーワード

マーキュリー, 太陽系, 内惑星, 岩石惑星, 太陽, 惑星, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

太陽系

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星

水星は太陽系の惑星の一つで、太陽に最も近い内惑星です。太陽系の惑星の中で最小であり、木星の衛星の一つであるガニメデと土星の衛星の一つであるタイタンも水星より大きいです。

水星は岩石惑星(地球型惑星)であり、水星のにはが多く含まれているので、太陽系の中で二番目に平均密度が高い(5.43g/cm³) 惑星です。地球から観測すると、水星は常に太陽の近くにあり、22度以上太陽から離れることはありません。月のように水星の満ち欠けの状態も観測できます。

水星

  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 水星の軌道面
  • 水星の軌道
  • 水星の赤道
  • 2.1°

データ:

直径: 4,879.4 km (地球の0.383倍)

質量: 3.302×10²³ kg (地球の0.055倍)

平均密度: 5.43 g/cm³

表面重力: 0.378 g

表面温度: -180 °C 430 °C

衛星の数: 0

自転周期: 58.6日

自転軸の傾斜度: 2.1°

太陽からの平均距離:
57,909,176 km = 0.38 AU =
3.22光分

軌道離心率: 0.206

公転周期: 87.97日 (自転周期の3/2)

水星の断面図

  • 地殻 - 100‐30kmの層であり、ケイ酸塩が豊富に含まれています。
  • マントル - 厚さは600kmであり、ケイ酸塩から構成されています。
  • - 異常に大きくて、おそらく液体の部分は鉄がらできています。

水星の軌道

  • 水星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 57,909,176 km
  • 公転周期: 87.97日
  • 水星の軌道

アニメーション

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 水星の軌道面
  • 水星の軌道
  • 水星の赤道
  • 2.1°
  • 地殻 - 100‐30kmの層であり、ケイ酸塩が豊富に含まれています。
  • マントル - 厚さは600kmであり、ケイ酸塩から構成されています。
  • - 異常に大きくて、おそらく液体の部分は鉄がらできています。
  • 水星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 57,909,176 km
  • 公転周期: 87.97日
  • 水星の軌道

ナレーション

水星の観測に関する最も古い記録は紀元前一千年前から残されています。紀元前4世紀の前に、古代ギリシャの天文学者には日の出か日の入りに観測できたので、二つの惑星だと思われていました。日の出の時に現れた水星は「アポロ」と呼ばれ、日の入りの時に現れた水星は「ヘルメース」と呼ばれていました。その後、ピタゴラスは初めてこの二つの惑星が一つであることに気づきました。この惑星の英語名は古代ローマ人によって名ずけられ、古代ローマの神であるメルクリウスにちなんで命名されました。メルクリウスはギリシャ神話でヘルメースとして登場し、神々の使者、商人や旅人の守護神と死者の案内人として崇拝されました。

この惑星について比較的に少ない情報しか得られていません。水星に現在まで近づいた二つの探査機の中で、初めての探査機はマリマー10号でした。水星の地表の45%の地図を作りました。二番目に探査したのは2004年に打ち上げられたメッセンジャーでした。この探査機は数回水星に接近し、地表のほとんど全部の地図を作りました。2011年に、水星の周りの軌道に乗りました。

水星は太陽系の惑星の一つで、太陽に最も近い内惑星です。太陽系の惑星の中で最小であり、木星の衛星の一つであるガニメデと土星の衛星の一つであるタイタンも水星より大きいです。

水星は岩石惑星(地球型惑星)であり、水星のにはが多く含まれているので、太陽系の中で二番目に平均密度が高い(5.43g/cm³) 惑星です。地球から観測すると、水星は常に太陽の近くにあり、22度以上太陽から離れることはありません。月のように水星の満ち欠けの状態も観測できます。

水星の地表は月の地表と似てます。クレーターの高原や褶曲山地、岩石地域、谷がある火山平野などがあります。直径1400kmあるカロリス盆地は巨大な衝突によって作られました。

水星の地表は地球より6倍の放射線を太陽から受けます。昼間はとても暑く、夜はとても寒いです。なぜなら、気温を等しくさせる大気に欠如と水星の自転がとても遅いためです。全ての惑星の中で、水星の反射率は一番低いです。

物質的、化学的構成を見ると水星は地球型惑星の一つです。平均密度は地球の密度に近くて、鉄分は地球の約二倍だと推定されています。水星の鉄とニッケルから構成された核は惑星の半径の75%を占めています。水星の核の質量は水星の質量の80%を占めています。水星の磁場は地球の磁場の1%です。

関連のエクストラ

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ探査機は土星とその衛星を20年間に渡って探検しました。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

Added to your cart.