石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

関連のエクストラ

チュウヒ

チュウヒは地球上に分布している猛禽です。

ヨーロッパヌマガメ

ヨーロッパヌマガメは湿地エリアに浅い湖のほとりに見つけることができます。

シロナガスクジラ

海洋哺乳動物であり、地球上に生息している動物の中で一番大きい動物です。

サメ

軟骨魚綱に属する魚類で、一番有名なのはホホジロザメとシュモクザメです。

ゴリラ

大型類人猿の中で最大です。進化の過程で人間は約6万年前にゴリラから分岐しました。

シロテテナガザル

木の上の猿の生活の一夫一婦制の種。

カクレクマノミ

この種は共生の優れた例です。イソギンチャクと一緒に生き、捕食者を遠ざけます。

カワセミ

カワセミの特徴的な色は捕食する時に、役に立ちます。

Added to your cart.