石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

関連のエクストラ

ヒメキクガシラコウモリ

コウモリは超音波を使用して定位し、狩りをする。

コモドオオトカゲ

分離に住むトカゲの最大種です。一口も致命的なことができます。

キョクアジサシ

キョクアジサシは長い距離を移動することで知られる: 1年のうちに北極圏と南極圏の間を飛んで来ます。

ニワオニグモ

アニメーションはニワオニグモを例として、クモの構造を紹介します。

クロウタドリ

このアニメーションはクロウタドリを例にとって、鳥の骨格と卵を紹介します。

コフキコガネ

コフキコガネはヨーロッパに広く分布しています。コフキコガネは害虫として知られています。

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

昆虫の生殖と成長

昆虫は生活環によって、不変態、不完全変態、完全変態の3つに分類されます。

Added to your cart.