あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

関連のエクストラ

ヨーロッパヤマカガシ

首状に環状の斑紋がある蛇です。

タイリクオオカミ

オオカミの家畜は以上10000年前に始まりました。人間の後、最も普及哺乳動物です。

ヒロオヒルヤモリ

ヤモリは壁や天井でも動くことができます。アニメーションはヒロオヒルヤモリの能力を説明します。

セイヨウミツバチ

ミツバチは甘くて、栄養を豊かに含むハチミツを集めます。

アメンボ

魅力的な水生昆虫種は、表面張力を用いて 水の上を歩くことができます。

カモノハシ

爬虫類の特徴を持っている哺乳類です:卵を産んで、総排出腔を持っています。

キョクアジサシ

キョクアジサシは長い距離を移動することで知られる: 1年のうちに北極圏と南極圏の間を飛んで来ます。

グリーン翼コンゴウインコ

明るく着色された非常に騒々しいオウム。その悲鳴は110...

Added to your cart.