あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

視覚のメカニズム

視覚のメカニズム

離れている物と近くにある物を見る時、目の水晶体の曲率が変化します。

生物

キーワード

目, 撮影, ビジョン, 感覚器官, 視神経, ショート近視, 遠視, 視力, 色覚, 視覚問題, アイリス, 瞳孔, レンズ, 毛様体, 角膜, 硝子体腔, 黄斑, 暗点, 強膜, 脈絡膜, 網膜, 視覚野, 前房, 刺激, 光, コーン細胞, ロッド細胞, 顔料, 受容体, 警戒心, 眼鏡, コンタクトレンズ, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

目の解剖

  • 虹彩 - 脈絡膜の延長です。平滑筋は光の強弱の変化の適応を調節しています。強い光のとき瞳孔は収縮し、弱い光のときは拡張します。これは色素を含み、人の目の色はこれで特定されます。
  • 瞳孔 - 目の隙間であり、虹彩はシャッターとして動き、網膜に入る光の量を調節します。強い光で、虹彩の平滑筋は収縮し、弱い光で拡張します。対光反射は無条件反射であり、中心は脳幹にあります。対光反射が異常なとき、脳幹が負傷している可能性もあります。
  • 水晶体 - 焦点距離を変化可能な凸レンズです。近くにある物を見ると、レンズはより曲面になり、遠い物を見ると、毛様体小帯で平らになります。これは網膜上で鮮明な像を作ります。 年を取ると、レンズの柔軟性はなくなり、近くにある物が見えなくなります。これは老眼と呼ばれています。白内障は灰色の混濁で、レンズを不明瞭にし、失明になる可能性もあります。
  • 毛様体小帯 - レンズを持ち、毛様筋の動きを伝えます。 近くにある物を見ると、毛様筋は収縮し、毛様体小帯は弛緩することで、レンズは緩み、より曲面になります。遠くにある物を見ると、毛様筋は弛緩し、毛様体小帯は収縮し、レンズは平らになります。
  • 毛様体 - 脈絡膜の延長です。平滑筋(毛様筋)を使って、物体の距離をレンズで合わせる役割があります。 近くにある物を見ると、毛様筋は収縮し、毛様体小帯は弛緩し、レンズは弾力性の減少により曲面になります。遠くにある物を見ると、毛様筋は弛緩し、毛様体小帯は収縮し、レンズは平らになります。 このことにより近い物体を見るときは毛様体の筋肉の働きにより目が疲れていく可能性があります。遠いものを見るとき、毛様筋はリラックスしています。
  • 角膜 - 強膜の延長です。透明な膜であり、光は目に反射されるとき、角膜の表面に一番大きい角度に屈折させます。
  • 前房 - 房水が入っています。房水が多すぎると、緑内障を起こさせる高眼圧症になります。これは失明を起こす場合もあり、高圧で網膜が壊される可能性もあります。
  • 硝子体腔 - 硝子体液という透明なジェルで満たされた体腔です。光はここを通じて網膜に入ります。
  • 黄斑 - 網膜で、視力が最も鋭い場所です。物の反転した縮小型倒立像が作られます。黄斑の中心には錐体細胞があり、ここから離れると桿体細胞の数が増えます。
  • 盲点 - 視神経は網膜を通る所です。ここに受容器細胞(桿体細胞、錐体細胞)がなくて、画像の小さな部分がありません。この隙間は脳に満たされます。
  • 強膜 - 強膜は耐久性のある層であり、目の前方部分の延長上にあります。
  • 脈絡膜 - 脈絡膜には、目に供給するための血管が流れています。脈絡膜の延長上には目の前の部分にある毛様体と虹彩です。
  • 網膜 - 錐体細胞と桿体細胞という受容器細胞を含んでいます。黄斑は網膜で、視力が最も鮮明な場所です。盲点は視神経が網膜を通る所です。盲点には錐体細胞と桿体細胞がありません。
  • 視神経 - 第2脳神経とも呼ばれています。この神経は網膜の受容体に発生された刺激を脳に伝えます。

画像の形成

  • 水晶体 - 焦点距離が変化可能な凸面レンズです。近くにある物を見ると、レンズは曲面になり、遠い物を見ると、毛様体小帯により平らになります。これは網膜上で鮮明な像を作ります。 年を取ると、レンズの弾力性はなくなり、近くにある物を見えなくなります。これは老眼と呼ばれています。白内障は灰色の混濁で、レンズを不明瞭にし、失明になる可能性もあります。
  • 網膜 - 錐体細胞と桿体細胞という受容器細胞を含んでいます。黄斑は網膜で、視力が最も鮮明な場所です。盲点は視神経が網膜を通る所です。盲点には錐体細胞と桿体細胞がありません。
  • 縮小型倒立像
  • 遠い物体
  • 近い物体

アニメーション

  • 水晶体 - 焦点距離が変化可能な凸面レンズです。近くにある物を見ると、レンズは曲面になり、遠い物を見ると、毛様体小帯により平らになります。これは網膜上で鮮明な像を作ります。 年を取ると、レンズの弾力性はなくなり、近くにある物を見えなくなります。これは老眼と呼ばれています。白内障は灰色の混濁で、レンズを不明瞭にし、失明になる可能性もあります。
  • 網膜 - 錐体細胞と桿体細胞という受容器細胞を含んでいます。黄斑は網膜で、視力が最も鮮明な場所です。盲点は視神経が網膜を通る所です。盲点には錐体細胞と桿体細胞がありません。
  • 縮小型倒立像
  • 遠い物体
  • 近い物体

ナレーション

目に光が入射した際、角膜水晶体屈折が起こります。水晶体の曲率が変化可能なので、焦点を合わせができます。

網膜上の黄斑は、視力をつかさどる場所であり、物が反転した縮小型倒立像が作られます。遠くの物体に目を向けた時、光をより小さい範囲へ屈折させるために水晶体は平らになります。

近い物体を見ると、光線はより焦点に集まるので、水晶体が平らな場合は、映像が網膜の後ろにできます。このため、水晶体はより凸状になり、光を大きく屈折させ、網膜上に映像を写します。

関連のエクストラ

人の目

目は重要な感覚器官の一つです。光により、目の受容体によって電気的刺激が発生します。

視力修正

近視と遠視を修正するには凹レンズと凸レンズが使われています。

光受容器官の多様性

進化しながら、様々な光受容器官の種類が発生しました。

皮膚の構造、皮膚感覚

我々の体が覆われている皮膚が三つの層に分けられます:表皮、真皮、皮下があります。

味覚のメカニズム

味覚受容体は化学的な刺激を電気信号に変換します。

耳と聴覚のメカニズム

耳は空気の振動を脳によって処理される電気信号に変換します。

鼻と嗅覚のメカニズム

臭いによって刺激された臭覚受容器は電気信号を発生します。

望遠鏡

このアニメーションは天文学で使われている光学望遠鏡と電波望遠鏡を紹介します。

平衡感覚

頭の位置と動きは内耳によって感覚されます。

デジタルカメラはどのように動作しますか。

このアニメーションはデジタルカメラの構造と動作を紹介します。

光の反射と屈折

光は二つの、屈折率が違う媒体の限界により反射か屈折されます。

中耳炎

アニメーションは滲出性中耳炎の症状と治療法を紹介します。

映写機はどのように動作しますか。

アニメーションは昔のフィレムを使っている映写機の構造と動作を紹介します。

色覚異常

色の特定の色合いを区別することができないことは、色覚異常と呼ばれています。

光学機器

顕微鏡から望遠鏡といった様々な種類の光学機器が現在使われています。

錯視

錯視とは、目に見えている情報が脳によって勘違いを起こすことです。

Added to your cart.