あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

アルパード時代の集落

アルパード時代の集落

アルパード時代の集落の典型的な住宅は竪穴住居でした。

歴史

キーワード

Árpád dynasty, 決済, 竪穴住居, ライフスタイル, 教会, サイロ, 観客が立つ場所, 住んでいる場所, 建物, 村, 畜産, 農業

関連のエクストラ

質問

シーン

関連のエクストラ

考古学的な発掘 (竪穴住居)

現在の大規模な工事が行う前に、考古学者はその土地を調べます。

土壌の要塞、ハンガリー

この三角形基部の要塞はハンガリー部族長の一人に使われていました。

あぜくら

校倉はハンガリーのアルパード時代の典型的な住宅の一種でした。

特徴的な住戸形式

すべての時代と文化は自分の特徴的な住戸形式を持っています。

エスキモーの伝統的な生活様式

北極帯に生きているエスキモーの伝統的な居住はイグルーと呼ばれています。

カトリック埋葬チャペル (フェルデブロー、ハンガリー)

11世紀で建てられた教区教会はハンガリーの最も有名な歴史的な建物の一つです。

ハンガリーの騎兵隊の作戦 (9世紀‐10世紀)

後退のふりをし、敵を囲む作戦は遊牧民に昔から使われていました。

ユーラシアのアバール族 (8世紀)

アバール族は6世紀から8世紀までカルパチア盆地で国家を設立しました。

農場 (ハンガリー、19世紀)

小さな農場は一般的に田舎町の近くに建築され、農民に住まれています。

市場町 (ハンガリー王国)

市場町は中世後期のハンガリー王国において最も一般的な町の種類でした。

ロマネスク式のベネディクト修道院 (ヤーク、ハンガリー)

ハンガリーに位置しているロマネスク式のベネディクト修道院は13世紀に建築されました。

衣服 (ハンガリー、10世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

ユルト

遊牧民に使われているユルトは円状形で、運びやすくて、フェルトで覆われたテントです。

中世の農家

中世の農家はシンプルで、一階建ての建物でした。一般的に、土、泥や木材から建築されました。

農家と村の構造

集落と村の構造は地方の地理学的な特徴によっています。

一本の道路の村

谷に建築された集落に属している畑は家の裏にあり、細長かったです。

Added to your cart.