ゴシック様式の大聖堂 (クレルモン・フェラン、15世紀)

聖母被昇天にちなんで名づけられた大聖堂はフランスのゴシック様式の有名な建物の一つです。

関連のエクストラ

中世の衣服(西ヨーロッパ、15世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 羽ばたき機 (1487年-1489年)

レオナルドは鳥の羽のような機械を設計しました。ただし、この設計図の仮説が間違っていました。

マダラの騎士像

北東ブルガリアに位置する岩のレリーフは、おそらく7世紀の終わりに刻まれました。

ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

伝統的なサモアの家族の定住地の 建築は住民の独特な文化を反映しています。

アヤソフィア (イスタンブル)

「聖なる叡智」と呼ばれている大聖堂はビザンチン帝国に建て、1935年までビザンティン帝国の一番...

ルネッサンス都市、フィレンツェ

アルノ川に跨って谷を越えて広がっているこの街は長い歴史があります。芸術の遺物が豊富なこの町で散...

厳島神社の鳥居

鳥居は伝統的な日本の門であり、神社の玄関として立てられます。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 攻城兵器

レオナルドは美術家のみではなく、工兵としても有名になりました。

Added to your cart.