あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

上部消化管

上部消化管

飲み込むとき、摂取した食べ物が口腔から上部消化管の最後の部分である胃まで運送されます。

生物

キーワード

上消化管, 消化, 消化管, 摂食, 食品, 口腔, 胃, 咽頭, 食道, 蠕動, 嚥下, 解汞装置, 胃酸, 唾液腺, 噴門, nyál, ペプシン, 舌, 粘膜, 酵素, 人間, 器官系, 生物

関連のエクストラ

シーン

消化系

嚥下

胃の断面図

  • 漿膜 - 結合組織と表皮からなっている:腸の外側のレイヤーを構成する。
  • 環筋
  • 縦走筋 - 蠕動運動は胃の縦走筋と平滑筋の協調動作で行っています。胃壁の蠕動運動は食べ物の混合と小腸への運送で重要な役割を果たします。
  • 傾紋筋
  • 粘膜 - 胃壁を消化液から守る粘液を生成します。粘膜が破裂されると、胃壁には消化液が大きな被害を起こし、胃潰瘍ができます。 粘膜は塩酸とペプシンを分泌します。ペプシンはタンパク質を分解する酵素です。塩酸による酸性の環境で活動します。
  • 幽門 - 食物は胃体から十二指腸に送られる時、ゆう門を通ります。ゆう門は輪状の括約筋です。
  • 噴門 - 食物は胃体から十二指腸に送られる時、ふん門を通ります。ふん門は輪状の括約筋です。

上部消化管の位置

上部消化管

粘膜

  • 漿膜 - 結合組織と表皮からなっている:腸の外側のレイヤーを構成する。
  • 縦走筋 - 蠕動運動は胃の縦走筋と平滑筋の協調動作で行っています。胃壁の蠕動運動は食べ物の混合と小腸への運送で重要な役割を果たします。
  • 環状筋
  • 斜紋筋
  • 結合組織 - 粘膜の下に位置します。血管とリンパ管を含んでいます。
  • 粘膜の平滑筋
  • ひだ

胃酸の生成

  • 傍細胞 - HClを生成します。水溶液は塩酸です。 塩酸は ペプシンの活動に必要な酸性の環境をつくる 食物のタンパク質を分解する バクテリアを殺し、食物を消毒する
  • 主細胞 - ペプシノゲンを分泌します。 ペプシノゲンは塩酸によりペプシンに変わります。 ペプシンは酸性な環境で活動し、食物を構成するタンパク質を分解します。
  • 小窩細胞 - 粘液を分泌します。 粘液はペプシンと塩酸から粘膜を守る役割があります。
  • 粘膜
  • HCl
  • ペプシノゲン

タンパク質の消化

  • ペプシノゲン - その不活発な酵素前駆体は塩酸により活発になり、ペプシンになります。
  • ペプシン - ペプシンは酸性の環境で活動し、食物を構成するタンパク質を分解します。
  • タンパク質 - タンパク質は食物の重要な生成物です。タンパク質の消化は胃で始まり、小腸まで続きます。 タンパク質はアミノ酸に分解され、小腸で吸収されます。
  • HCl

アニメーション

  • ペプシノゲン - その不活発な酵素前駆体は塩酸により活発になり、ペプシンになります。
  • ペプシン - ペプシンは酸性の環境で活動し、食物を構成するタンパク質を分解します。
  • タンパク質 - タンパク質は食物の重要な生成物です。タンパク質の消化は胃で始まり、小腸まで続きます。 タンパク質はアミノ酸に分解され、小腸で吸収されます。
  • HCl

ナレーション

上部消化管は口腔咽頭食道を含んでいます。口腔では、食物はにより小さくされます。唾液で食物を濡らすことで飲み込みやすくします。また、唾液の酵素であるアミラーゼデンプン消化をします。

飲み込むとき、食塊咽頭の方へ押しし込みます。それと同時に、咽頭腔鼻腔を繋ぐ道がブロックされますが、くしゃみをした際は食べ物はその通りを入る可能性もあります。飲み込むとき、咽頭蓋喉頭を閉じ、食物が気管に入らないようにします。食物が気管に入ってしまった場合は、咳反射呼吸器官から異物を取り除きます。食塊は食道の蠕動運動により胃へ送られます。

の外側はしょう膜で覆われています。この膜の下に、三種類の平滑筋層があります。それは輪状筋斜紋筋縦走筋です。これらの層の協調動作で胃の蠕動運動を担ってます。胃の内側は粘膜で覆われています。

粘膜の表面には細胞、細胞と小窩細胞があります。細胞は水溶液で塩酸になるHClを生成します。塩酸はペプシンのために酸性の環境を作ります。小窩細胞は粘液を生成します。粘液は胃酸から胃壁を守ります。もし粘膜が傷つけられると、強い酸が胃壁に被害を起こし、胃潰瘍になる可能性があります。細胞はペプシノゲンを生成します。ペプシノゲンは塩酸の影響でペプシンになります。ペプシンは食物に含まれるタンパク質を分解します。

胃にある内容物は小腸へ送られます。小腸ではタンパク質、脂肪と炭水化物の消化が行われ、消化された栄養物を吸収します。

関連のエクストラ

歯磨き

注意深く歯を磨くことは口腔衛生上、重要なことです。

人間の歯

人間の歯には四種類あります。切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯です。

発声

発声とは肺から排出された空気の流れが声帯によって振動させることです。

味覚のメカニズム

味覚受容体は化学的な刺激を電気信号に変換します。

大腸の構造

大腸は消化路の最終段階です。

小腸の構造

消化管の最も長い部分であり、消化と吸収が主にここで行っています。

どのような食べ物にしましょうか。

このアニメーションを見て、健康に良い食料品について勉強しましょう。

肝臓の解剖と機能

肝臓は脂肪の消化、解毒と代謝において重要な役割を果たす不可欠な臓器です。

体を構成する各生物学的組織構造

アニメーションは生物を構成する個体レベルから細胞レベルまでの階層構造を紹介します。

人体(女)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

虫垂炎

盲腸とつながっている虫垂が炎症した時、すぐに手術を受ける必要があります。アニメーションは炎症の原因、結果、手術を紹介します。

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

循環系

体循環は心臓から体全体へ酸素を豊富に含む血液を流し、肺循環は肺から心臓へ酸素を含む血液を送ります。

心臓

心臓は心循環系の中心的なポンプであり、一生に数十億回鼓動します。

十二指腸に接続している腺

膵臓と肝臓は十二指腸に消化液を分泌します。

泌尿器系

泌尿器系は体内から有害物や老廃物を取り除く役割をします。

口腔、咽頭と食道

消化器系の最初の部分を構成する臓器です。

鼻と嗅覚のメカニズム

臭いによって刺激された臭覚受容器は電気信号を発生します。

呼吸器系

呼吸器系は酸素の取り入れと二酸化炭素の排出をする役割をします。

Added to your cart.