あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

日食

日食

日食とは、太陽、月、地球は一線に並び、月は全体的に、それとも部分的に太陽を隠します。

地理

キーワード

日食, 太陽, 円錐形の影, 半影, 本影, シャドウ, 光現象, 太陽光, 金環食, 月, 地球, 天体, 天文学, 天文学者, 地理

関連のエクストラ

質問

  • 月と地球は同期回転しているのは本当ですか。
  • 月は地球に常に同じ側を向けているのは本当ですか。
  • 日食の時、月が太陽の前に入り、太陽が欠けて見えるのは本当ですか。
  • 皆既日食の時、太陽が全く見られないと本当ですか。
  • 地球のある場所に、十年で一回日食が見られると本当ですか。
  • 金環日食の時、月は近地点にあると本当ですか。
  • 日食が起こる時、天体がどのように位置しますか。
  • 月の地球の周りの公転周期はどのくらいかかりますか。
  • 日食のとき、太陽、月と地球の軌道面はどのように位置しますか。
  • 「同期回転」はどういう意味ですか。
  • 本影は何ですか。
  • 半影は何ですか。
  • 皆既日食がいつみられますか。
  • 部分日食がいつみられますか。
  • 金環日食がいつみられますか。

シーン

太陽、月と地球の位置

  • 太陽
  • 日光
  • 地球

日食は特別で、地球から肉眼で観察できる現象です。日食や月食のときは一定の場所から観察すると、ある天体他の天体を部分的に、あるいは完全に隠すように見えます。

地球から見ると、と太陽が同じ大きさに見えます。このため、皆既日食のとき月は太陽を完全に隠します。月は公転しながら太陽と地球の間を通り、太陽、月、地球は一線に並びます。しかし、月は毎月太陽と地球の間に通過しますが、月の軌道面は地球の軌道面と少し異なるので日食が珍しい現象です。

影の円錐

  • 太陽
  • 日光
  • 地球
  • 月軌道 - 月は地球の周りに回る公転周期が27.3日です。起動は楕円形です。月の自転周期と地球の周りの公転周期は同期しているので、これは自転と公転の同期と言います。
  • 半影 - 半影に、太陽の光の一部しか当たっていません。
  • 本影 - ここは太陽の光は直接当たらない場所です。

地球の、太陽の向こう側に影の円錐があります。月も、太陽との反対側に影の円錐があります。

皆既日食

  • 太陽
  • 日光
  • 地球
  • 月軌道 - 月は地球の周りに回る公転周期が27.3日です。起動は楕円形です。月の自転周期と地球の周りの公転周期は同期しているので、これは自転と公転の同期と言います。
  • 半影 - 半影に、太陽の光の一部しか当たっていません。
  • 本影 - ここは太陽の光は直接当たらない場所です。

まれに太陽、月と地球の軌道面が一致することがあります。月は地球と太陽の間に入ると、新月です。月の影地球に当たります。この現象は地球からどのように見えますか。月は太陽の前に入り、日食が見えます。観察者の位置によって、日食が別のように見えます。

間に月が入らない限り、太陽の光が直接地球の表面に当たります。日食の時、月は障害物になり、太陽の光を止めます。日食の時、ある天体は他の天体の前に入り、全体的にまたは部分的に後の天体を隠すことになります。
月と地球も太陽から見ると、動いているので月の影は地球の表面に250kmより細い帯状の地域で動いています。観察者はこの影の地帯にいる場合は、皆既食が見えます。太陽が欠けて見えるようになります。この現象は最高8分です。この時、太陽の彩層光冠が見えます。影の地帯はとても細いので、ある場所で300年に一回、この現象を観測できます。

部分日食

  • 太陽
  • 日光
  • 地球
  • 月軌道 - 月は地球の周りに回る公転周期が27.3日です。起動は楕円形です。月の自転周期と地球の周りの公転周期は同期しているので、これは自転と公転の同期と言います。
  • 半影 - 半影に、太陽の光の一部しか当たっていません。
  • 本影 - ここは太陽の光は直接当たらない場所です。

観測者は月の半影にいる場合は、月が部分的に太陽を隠すことが見え、部分日食が起こります。この現象は約1000kmの影の地帯で見え、皆既日食の前と後にも観察できます。

楕円形の軌道のため、月と地球の距離は一定していません。月は地球からいつもより離れている時日食が起こると、月の本影は地球に当たらないので、月は太陽より小さく見えます。この場合は月の周りに太陽の細い光輪が見られます。この現象は金環日食と呼ばれています。

ナレーション

日食は特別で、地球から肉眼で観察できる現象です。日食や月食のときは一定の場所から観察すると、ある天体他の天体を部分的に、あるいは完全に隠すように見えます。

地球から見ると、月と太陽が同じ大きさに見えます。このため、皆既日食のとき月は太陽を完全に隠します。月は公転しながら太陽と地球の間を通り、太陽、月、地球は一線に並びます。しかし、月は毎月太陽と地球の間に通過しますが、月の軌道面は地球の軌道面と少し異なるので日食が珍しい現象です。

地球の、太陽の向こう側に影の円錐があります。も、太陽との反対側に影の円錐があります。

まれに太陽、月と地球の軌道面が一致することがあります。月は地球と太陽の間に入ります。月の影地球に当たります。この現象は地球から日食と見えます。太陽が月の裏に隠れているように見えます。

月の影によって発生する幅が100-200kmほどの影の地帯皆既日食が観察できます。この現象は最大8分続きます。地球の指定された場所から見ると、300年に一回皆既日食を観察できます。なぜならば、月と地球の軌道面の間で5°の差があるので、月の影が地球の表面に当たらないことが多いです。

皆既日食を観察できる地帯から少しづつ離れると、太陽が部分的に月に隠されているように見えます。これは部分食と言います。この現象は幅がおよそ1000kmの地帯で観察できます。皆既日食の初めと終わりごろも部分食が見えます。

関連のエクストラ

月食

月食とは、月が地球の円錐状の影を通るときに起こります。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

月相

月面の明るい部分は地球の軌道に進む角度と太陽の角度によって決まります。

潮流

月の重力の影響で海面レベルが上がったり下がったりします。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

緯度線の上の太陽軌道

太陽の見かけの経路は、地球の自転によって形成されます。

月は地球の唯一の衛星です。

月面着陸: 1969年7月20日

最初に月面に降り立った人間はアポロ11号のニール・アームストロング船長でした。

アポロ15号ミッション(月面車)

このアニメーションはアポロ15号ミッションに使われていた二人乗りの月面車を紹介します。

地球と月の形成

このアニメーションは地球と月の形成を表示します。

光の反射と屈折

光は二つの、屈折率が違う媒体の限界により反射か屈折されます。

Added to your cart.