あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

人の目

人の目

目は重要な感覚器官の一つです。光により、目の受容体によって電気的刺激が発生します。

生物

キーワード

目, ビジョン, 色覚, 知覚, 光覚, 感覚器官, 視力, 視覚問題, 光, 瞳孔, アイリス, 強膜, レンズ, 涙腺, 前房, 硝子体腔, まぶた, 網膜, 脈絡膜, 黄斑, 暗点, 毛様体, 視神経, ロッド細胞, コーン細胞, 光検出器, 視野, 受容体, 色, 交渉, 反射, 瞳孔光反射, 人間, 解剖学, 生物

関連のエクストラ

シーン

視覚のメカニズム

  • 瞳孔 - 目の隙間であり、虹彩はシャッターとして動き、網膜に入る光の量を調節します。強い光で、虹彩の平滑筋は収縮し、弱い光で拡張します。対光反射は無条件反射であり、中心は脳幹にあります。対光反射が異常なとき、脳幹が負傷している可能性もあります。
  • 光心 - 光心は後頭葉の皮質にあります。
  • 視神経 - 第2脳神経とも呼ばれています。この神経は網膜の受容体に発生した刺激を脳に伝えます。
  • 視交叉 - ここに視神経は部分的に交差します。各網膜の内側からの刺激は脳の反対側に交差します。外側からの刺激は脳の同じ側に伝えられます。
  • 外眼筋 - 外眼筋は眼球を動かす横紋筋です。
  • 涙腺 - それは目を湿らして、清潔にする涙を作ります。感情においても重要な役割を果たしています。

断面図

  • 虹彩 - 脈絡膜の延長です。平滑筋は光量に対して適応を調節しています。強い光で瞳孔は収縮し、弱い光で拡張します。虹彩は色素を含み、人の目の色はこれで特徴付けられます。
  • 瞳孔 - 目の隙間であり、虹彩はシャッターとして動き、網膜に入る光の量を調節します。強い光で、虹彩の平滑筋は収縮し、弱い光で拡張します。対光反射は無条件反射であり、中心は脳幹にあります。対光反射が異常なとき、脳幹が負傷している可能性もあります。
  • 水晶体 - それは焦点距離が変化自由な凸レンズです。近くにある物を見ると、レンズは曲面になり、遠い物を見ると、毛様体小帯で平らになります。これは網膜上で鮮明な像を作ります。 年を取ると、レンズの弾力性はなくなり、近くにある物を見えなくなります。これを老眼と呼ばれています。白内障は灰色の混濁で、レンズを不明瞭にし、失明になる可能性もあります。
  • 毛様体小帯 - レンズを持ち、毛様筋の動きを伝えます。 近くにある物を見ると、毛様筋は収縮し、毛様体小帯は弛緩し、レンズは弾力性により曲面になります。遠くにある物を見ると、毛様筋は弛緩し、毛様体小帯は収縮し、レンズは平らになります。
  • 毛様体 - 脈絡膜の延長です。平滑筋を使って、物の距離にレンズを合わせる役割があります。 近くにある物を見ると、毛様筋は収縮し、毛様体小帯は弛緩し、レンズは弾力性により曲面になります。遠くにある物を見ると、毛様筋は弛緩し、毛様体小帯は収縮し、レンズは平らになります。 近いものを見るとき、毛様体の筋肉は働き、これが目を疲れさせる可能性です。遠いものを見るとき、毛様筋はリラックスしています。
  • 角膜 - 強膜の延長です。透明な膜であり、光は目に反射されるとき、角膜の表面に一番大きい角度に屈折させます。
  • 前房 - 房水が入っています。房水が多すぎると、緑内障を起こせる高眼圧症になります。これは失明を起こす場合もあり、高圧で網膜が壊される可能性もあります。
  • 硝子体腔 - 硝子体液という透明なジェルで満たされた体腔です。光はここを通じて網膜に入ります。
  • 黄斑 - 網膜で、視力が最も鮮明な場所です。物が反転した縮小型倒立像が作られます。黄斑の中心には錐体細胞があり、ここから離れるほど桿体細胞の数が増えます。
  • 盲点 - これは視神経が網膜を通る所です。ここには受容器細胞(桿体細胞、錐体細胞)がなく、像の小さな部分がありません。この隙間は脳に満たされます。
  • 強膜 - 耐久性のある層であり、目の前方部分の角膜の延長上にあります。
  • 脈絡膜 - そこには、目の供給するための血管が流れています。それの延長上には目の前方部分にある毛様体と虹彩があります。
  • 網膜 - 錐体細胞と桿体細胞という受容器細胞を含んでいます。黄斑は網膜で、視力が最も鮮明な場所です。盲点は視神経が網膜を通る所です。盲点には錐体細胞と桿体細胞がありません。
  • 視神経 - 第2脳神経とも呼ばれています。この神経は網膜の受容体で発生した刺激を脳に伝えます。

網膜

  • 錐体細胞 - 感光性の色素の3種類含んでいます。それは赤、青、緑色に知覚します。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞より高いので、人間は夕暮れのとき色を知覚しにくくなります。 黄斑の中心は錐体細胞のみを含んで、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えて、錐体細胞は減ります。
  • 桿体細胞 - 桿体細胞では、色を知覚することができなくて、どんな光の波長にも刺激させられます。桿体細胞の刺激閾値は錐体細胞より低くて、光子一つでさえも反応します。錐体細胞は光が少なくて無効のときも、桿体細胞が働きます。黄斑の中心には桿体細胞がなくて、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えます。
  • 双極細胞 - それらは受容器細胞の刺激を神経節細胞に伝達します。
  • 神経節細胞 - それは双極細胞に刺激されて、軸索は視神経に繋がれています。

受容体

  • 緑感錐体細胞 - 感光性の色素の3種類含んでいます。赤、青、緑色に知覚します。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞のより高いので、人間は夕暮れのとき色を知覚しにくくなります。 黄斑の中心は錐体細胞のみを含んで、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えて、錐体細胞は減ります。
  • 桿体細胞 - 桿体細胞では、色を知覚することができなくて、どんな光の波長にも刺激させられます。桿体細胞の刺激閾値は錐体細胞より低くて、光子一つでも反応します。錐体細胞が光が少なくて無効のときも、桿体細胞が働きます。黄斑の中心には桿体細胞がなくて、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えます。
  • 膜の円盤 - 膜の円盤は多量の視紅(ロドプシン)で覆われています。視紅はオプシンというタンパク質とレチナールというビタミンAの派生物から構成されています。 光の影響で、シス網膜はトランス網膜になり、細胞内は信号伝送過程を起こします。細胞は過分極化されて、神経伝達物質であるグルタミン酸塩の放出量が減ります。
  • 陥入 - それらの内側には多量のヨードプシンで覆われていて、ヨードプシンは桿体細胞にある視紅に似ています。ヨードプシンと視紅はタンパク質の量で違います。タンパク質の成分には3種類があり、緑、赤、青色光にそれぞれ敏感な成分があります。 視紅とヨードプシンはレチナールというビタミンAの派生物を含んでいます。 光の影響で、シス網膜はトランス網膜になり、細胞内は信号伝送過程を起こします。細胞は過分極化されて、神経伝達物質であるグルタミン酸塩の放出量が減ります。
  • ミトコンドリア - 細胞のエネルギー供給をします。それATPを作り出します。
  • 細胞核 - それは細胞の遺伝物質を含み、細胞の代謝過程をコントロールします。
  • シナプス小胞 - シナプス小胞はグルタミン酸塩という神経伝達物質を含みます。グルタミン酸塩は双極細胞をブロックします。暗闇では、グルタミン酸塩を常に放出します。光の影響で、受容器細胞は過分極化して、グルタミン酸塩の放出が少なくなります。双極細胞は非ブロックになり、刺激を発生します。

アニメーション

  • 光心 - 光心は後頭葉の皮質にあります。
  • 視神経 - 第2脳神経とも呼ばれています。この神経は網膜の受容体に発生した刺激を脳に伝えます。
  • 視交叉 - ここに視神経は部分的に交差します。各網膜の内側からの刺激は脳の反対側に交差します。外側からの刺激は脳の同じ側に伝えられます。
  • 外眼筋 - 外眼筋は眼球を動かす横紋筋です。
  • 虹彩 - 脈絡膜の延長です。平滑筋は光量に対して適応を調節しています。強い光で瞳孔は収縮し、弱い光で拡張します。虹彩は色素を含み、人の目の色はこれで特徴付けられます。
  • 瞳孔 - 目の隙間であり、虹彩はシャッターとして動き、網膜に入る光の量を調節します。強い光で、虹彩の平滑筋は収縮し、弱い光で拡張します。対光反射は無条件反射であり、中心は脳幹にあります。対光反射が異常なとき、脳幹が負傷している可能性もあります。
  • 水晶体 - それは焦点距離が変化自由な凸レンズです。近くにある物を見ると、レンズは曲面になり、遠い物を見ると、毛様体小帯で平らになります。これは網膜上で鮮明な像を作ります。 年を取ると、レンズの弾力性はなくなり、近くにある物を見えなくなります。これを老眼と呼ばれています。白内障は灰色の混濁で、レンズを不明瞭にし、失明になる可能性もあります。
  • 毛様体小帯 - レンズを持ち、毛様筋の動きを伝えます。 近くにある物を見ると、毛様筋は収縮し、毛様体小帯は弛緩し、レンズは弾力性により曲面になります。遠くにある物を見ると、毛様筋は弛緩し、毛様体小帯は収縮し、レンズは平らになります。
  • 毛様体 - 脈絡膜の延長です。平滑筋を使って、物の距離にレンズを合わせる役割があります。 近くにある物を見ると、毛様筋は収縮し、毛様体小帯は弛緩し、レンズは弾力性により曲面になります。遠くにある物を見ると、毛様筋は弛緩し、毛様体小帯は収縮し、レンズは平らになります。 近いものを見るとき、毛様体の筋肉は働き、これが目を疲れさせる可能性です。遠いものを見るとき、毛様筋はリラックスしています。
  • 角膜 - 強膜の延長です。透明な膜であり、光は目に反射されるとき、角膜の表面に一番大きい角度に屈折させます。
  • 前房 - 房水が入っています。房水が多すぎると、緑内障を起こせる高眼圧症になります。これは失明を起こす場合もあり、高圧で網膜が壊される可能性もあります。
  • 硝子体腔 - 硝子体液という透明なジェルで満たされた体腔です。光はここを通じて網膜に入ります。
  • 黄斑 - 網膜で、視力が最も鮮明な場所です。物が反転した縮小型倒立像が作られます。黄斑の中心には錐体細胞があり、ここから離れるほど桿体細胞の数が増えます。
  • 盲点 - これは視神経が網膜を通る所です。ここには受容器細胞(桿体細胞、錐体細胞)がなく、像の小さな部分がありません。この隙間は脳に満たされます。
  • 強膜 - 耐久性のある層であり、目の前方部分の角膜の延長上にあります。
  • 脈絡膜 - そこには、目の供給するための血管が流れています。それの延長上には目の前方部分にある毛様体と虹彩があります。
  • 網膜 - 錐体細胞と桿体細胞という受容器細胞を含んでいます。黄斑は網膜で、視力が最も鮮明な場所です。盲点は視神経が網膜を通る所です。盲点には錐体細胞と桿体細胞がありません。
  • 視神経 - 第2脳神経とも呼ばれています。この神経は網膜の受容体で発生した刺激を脳に伝えます。
  • 錐体細胞 - 感光性の色素の3種類含んでいます。それは赤、青、緑色に知覚します。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞より高いので、人間は夕暮れのとき色を知覚しにくくなります。 黄斑の中心は錐体細胞のみを含んで、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えて、錐体細胞は減ります。
  • 桿体細胞 - 桿体細胞では、色を知覚することができなくて、どんな光の波長にも刺激させられます。桿体細胞の刺激閾値は錐体細胞より低くて、光子一つでさえも反応します。錐体細胞は光が少なくて無効のときも、桿体細胞が働きます。黄斑の中心には桿体細胞がなくて、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えます。
  • 双極細胞 - それらは受容器細胞の刺激を神経節細胞に伝達します。
  • 神経節細胞 - それは双極細胞に刺激されて、軸索は視神経に繋がれています。
  • 緑感錐体細胞 - 感光性の色素の3種類含んでいます。赤、青、緑色に知覚します。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞のより高いので、人間は夕暮れのとき色を知覚しにくくなります。 黄斑の中心は錐体細胞のみを含んで、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えて、錐体細胞は減ります。
  • 桿体細胞 - 桿体細胞では、色を知覚することができなくて、どんな光の波長にも刺激させられます。桿体細胞の刺激閾値は錐体細胞より低くて、光子一つでも反応します。錐体細胞が光が少なくて無効のときも、桿体細胞が働きます。黄斑の中心には桿体細胞がなくて、端のほうに進むほど、桿体細胞の数が増えます。
  • シナプス小胞 - シナプス小胞はグルタミン酸塩という神経伝達物質を含みます。グルタミン酸塩は双極細胞をブロックします。暗闇では、グルタミン酸塩を常に放出します。光の影響で、受容器細胞は過分極化して、グルタミン酸塩の放出が少なくなります。双極細胞は非ブロックになり、刺激を発生します。

  • まぶた - 外側が薄い皮膚で覆われ、内側には結合組織があります。眼球を力学的に保護し、暖かさと湿気を保ちます。

ナレーション

可視光は波長、380〜800ナノメートル電磁放射線です。380ナノメートルの波長の光は紫色で、800ナノメートルの光は赤色に見えます。光は目に知覚されます。光によって発生した刺激は第2脳神経という視神経によってに送られます。視神経は部分的に視束交差で交差します。各網膜の内側からの刺激は脳の反対側に交差します。一方、外側からの刺激は脳の同じ側に伝えられます。視神経は脳に入ると、視索を通じて後頭葉にある視覚野に伝達されます。光の知覚は大脳皮質で発生します。

目に当たる光の量対光反射によって調節されます。強い光で当たると、瞳孔は虹彩の平滑筋で収縮られ、弱い光拡張させられます。対光反射は無条件反射であり、その中心は脳幹に位置しています。対光反射の異常は脳幹に障害を示す場合もあります。眼球は外眼筋で動きます。外眼筋は自発的コントロールされる横紋筋です。

目の主な質量は硝子体腔に占められています。目の断面図を見ると、三つの層があります。最外部は強膜で、透明な角膜の延長上にある結合組織であり、とても耐久性のある層です。目に入る光は強膜の表面で一番大きい角度で屈折させます。
2番目の層である脈絡膜は目に供給する血管も流れています。脈絡膜の延長上は目の前方にある毛様体虹彩です。虹彩の平滑筋は対光反射の役割があります。虹彩は人間の目のを特定する色素を含んでいます。

毛様体平滑筋は物体の距離に応じてレンズ曲面を変化させることで調節しています。レンズは毛様体小帯を通じて毛様体に繋がれています。毛様体は前房を満たす房水を生成する役割もあります。房水の排出は不十分の場合、目の内圧高くなり、緑内障を引き起こします。深刻な状態になった場合、失明する可能性もあります。
目の一番の内側は網膜です。ここではレンズによって見ている物の縮小型倒立像が作られます。網膜の受容器官は桿体細胞錐体細胞と呼ばれています。網膜の視力のために重要な場所は黄斑です。黄斑の中心に錐体細胞のみが存在しており、端のほうにいくほど桿体細胞の数が増えています。視神経が網膜に通る場所を盲点と呼ばれています。ここには受容器官はありません。網膜にある受容器官に出された刺激は視神経の神経線維を通じて脳に伝達されます。

網膜にある受容器官は桿体細胞と錐体細胞と呼ばれています。受容器官は神経節細胞に刺激された双極細胞に刺激を伝達します。神経節細胞の軸索は視神経を形成します。桿体細胞の感光性の色素はオプシンというタンパク質とレチナールというビタミンAの派生物から構成されている視紅です。視紅はどんな波長の光にも知覚するため、桿体細胞は色を区別することができません。
桿体細胞の刺激閾値はとても低くて、一個の光子だけでも刺激することができるので、弱い光にも反応します。
錐体細胞の3種類のの光に反応します。錐体細胞の感光色素であるヨードプシンは視紅に似ていますが、別のタンパク質を含んでいます。錐体細胞の刺激閾値は桿体細胞のより高くて、弱い光には反応しません。このため、日暮れのときに色が見えなくなるのです。
我々は周辺視野を使って、かすかに光る星が見えいます。その像は黄斑にではなく、桿体細胞がたくさんある場所で写し出されます。錐体細胞が存在しないことや異常な働きをすることはを色覚異常と言います。色覚異常の一番有名な種類は赤緑色覚異常であり、赤と緑は区別できない病気です。錐体細胞のすべてのタイプが関わっている場合は全色覚異常か一色型色覚異常と呼ばれています。

暗闇では、錐体細胞と桿体細胞はグルタミン酸塩という神経伝達物質常に放出しており、双極細胞をブロックします。光は受容器細胞に過分極化させ、電気的刺激を起こします。これはグルタミン酸塩の放出を停止させ、双極細胞は働き始めるので活動電位が発生します。

関連のエクストラ

視覚のメカニズム

離れている物と近くにある物を見る時、目の水晶体の曲率が変化します。

視力修正

近視と遠視を修正するには凹レンズと凸レンズが使われています。

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

味覚のメカニズム

味覚受容体は化学的な刺激を電気信号に変換します。

耳と聴覚のメカニズム

耳は空気の振動を脳によって処理される電気信号に変換します。

鼻と嗅覚のメカニズム

臭いによって刺激された臭覚受容器は電気信号を発生します。

望遠鏡

このアニメーションは天文学で使われている光学望遠鏡と電波望遠鏡を紹介します。

平衡感覚

頭の位置と動きは内耳によって感覚されます。

デジタルカメラはどのように動作しますか。

このアニメーションはデジタルカメラの構造と動作を紹介します。

中耳炎

アニメーションは滲出性中耳炎の症状と治療法を紹介します。

色覚異常

色の特定の色合いを区別することができないことは、色覚異常と呼ばれています。

感覚器官

これらの器官は環境、あるいは体内からのシグナルを感知し、神経インパルスとして脳に伝達します。

人の体 - 子供向け

このアニメーションは人体の主な臓器を紹介します。

光受容器官の多様性

進化しながら、様々な光受容器官の種類が発生しました。

光の反射と屈折

光は二つの、屈折率が違う媒体の限界により反射か屈折されます。

光学機器

顕微鏡から望遠鏡といった様々な種類の光学機器が現在使われています。

Added to your cart.