あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

人間の血液

人間の血液

人間の血液は血球細胞と血漿を含んでいます。

生物

キーワード

血液, 血流, 赤血球, 白血球, 血小板, ヘモグロビン, 血管系, 血管, 血漿, 血球, 体液, 食作用, 結合組織, 免疫防御, リンパ球, 単球, 顆粒球, 凝固, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

血液

  • 白血球 - 免疫防御において重要な役割を果たしています。 数は1マイクロリットル当たり4千〜1万個ほどあります。 3つのタイプがあります:リンパ球、単球と顆粒球です。
  • 赤血球 - これらの細胞は血中の酸素を運搬します。酸素は細胞質中にあるヘモグロビンというタンパク質に結合します。 1立法ミリメーターあたり約450〜550個の赤血球があります。
  • 血小板 - これらは凝固作用に関して重要です。これらは核のない細胞断片です。血液の1立法ミリメーター当たり15万〜40万個ほどあります。

血流

赤血球

  • 赤血球 - これらは1立法ミリメーターあたり450〜550万個ほどあります。これらの細胞質には酸素と結合するヘモグロビンを含んでいます。これらの細胞には核がなく、大きさは約7μmほどです。

白血球

  • 白血球
  • リンパ球 - Bリンパ球(B細胞とも言われる)は微生物に対する抗原を生成します。Tリンパ球(T細胞とも言われる)はウイルスに感染した細胞と癌細胞を破壊します。
  • 単核白血球 - これらは病原体を囲み、食べます。
  • 好酸球 - これらは寄生虫防御に関して重要な働きがあります。これらの細胞にある顆粒はヘマトキシリン染色やエオジノ染色で赤色に変色します。
  • 好塩基球 - これらは炎症やアレルギー反応に関して重要な働きがあります。これらの細胞にある顆粒はヘマトキシリン染色やエオジノ染色で、青色に変色します。
  • 顆粒球 - これらは細菌や真菌に関して重要な働きがあります。これらの細胞にある顆粒はヘマトキシリン染色やエオジノ染色の後、紫色に見えます。

血小板

  • 血小板 - これらは凝固に関して重要です。これらは核のない細胞断片です。1立法ミリメーターあたり15万〜40万個ほどあります。

関連のエクストラ

循環系

体循環は心臓から体全体へ酸素を豊富に含む血液を流し、肺循環は肺から心臓へ酸素を含む血液を送ります。

呼吸器系

呼吸器系は酸素の取り入れと二酸化炭素の排出をする役割をします。

心臓

心臓は心循環系の中心的なポンプであり、一生に数十億回鼓動します。

内分泌系

内分泌系の腺はホルモンを分泌して、血液に放出します。

喫煙による肺への悪影響

喫煙は呼吸器系にCOPDや肺がんなど様々な障害を与えます。

心臓発作

心臓発作の原因は冠動脈の障害です。死を引き起こす最も一般的な病気の一つです。

リンパ系

リンパ管はリンパ液を血管へ運びます。リンパ節は免疫システムに重要な役割を果たしています。

ヘモグロビン

我々の赤血球にあるヘモグロビンは酸素を運ぶタンパク質です。

タンパク質の二次構造

アミノ酸から構成されているポリペプチド鎖はアルファヘリックス構造とベータシート構造を取ることができます。

血管

体内の血管が主に三つのグループに分類されています:動脈、静脈と毛細血管。

深部静脈血栓と肺塞栓症

下肢の深部静脈に形成された血栓は肺に流れた場合、致命的な肺塞栓症を引き起こす可能性があります。

心臓の電気伝導系

心臓は自身が動くために、電気的刺激を起こします。心臓の電気的活動は心電図で表示されます。

視床下部下垂体軸

視床下部下垂体軸は内分泌系の調節の中枢を担っています。

筋肉組織

人間の体には平滑筋、横紋筋、心筋の三種類の筋肉があります。

タンパク質の構造

ポリペプチド鎖の構造と配列はタンパク質の空間構造に影響します。

上皮組織の種類

体の外部と内部の表面は上皮組織で覆われています。

結合組織

結合組織には疎性結合組織、密性結合組織、脂肪組織、血液組織、腱組織、骨組織が含まれています。

胸郭の骨

胸郭は肋骨、胸骨と脊柱で形成されています。

神経細胞、神経組織

神経細胞は電気信号を伝える役割を果たしている細胞です。

人体は何で構成されていますか。

このシーンは人体の基本的な構成成分を紹介します。

人の体 - 子供向け

このアニメーションは人体の主な臓器を紹介します。

二酸化炭素 (CO₂) (標準)

無色無臭で、空気より重い気体です。植物の光合成に必要な物質です。

酸素 (O2) (標準)

無色無臭の気体で、地球上の生命に不可欠で、大気の構成成分です。

Added to your cart.