あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ろうそくの燃焼

ろうそくの燃焼

ろうそくは人類によって古代から灯りとして用いられた。

物理

キーワード

ろうそく, 燃焼, 炎に燃え, プラズマ, 煙道ガス, 熱力学, 速い, 芯, 蝋, 火炎面, 炎, 放熱, 酸素, 水素, 石炭, 二酸化炭素, 水蒸気, 反応, 物理

関連のエクストラ

シーン

ろうそく

構造

  • 固体蝋 - 常温で個体であり、気化して燃えやすいです。芯の先に点けた炎で溶かされます。
  • 溶けている蝋 - ろうそくの周りの固体状の蝋があるので、溶けている蝋は流れ落ちません。この蝋は毛管作用で常に芯の先に吸収されます。
  • - 毛管作用で解けている蝋を吸収します。この吸収された蝋は熱で蒸発し、燃焼します。

  • 溶けている蝋 - ろうそくの周りの固体状の蝋があるので、溶けている蝋は流れ落ちません。この蝋は毛管作用で常に芯の先に吸収されます。
  • - 毛管作用で解けている蝋を吸収します。この吸収された蝋は熱で蒸発し、燃焼します。
  • 火炎面 - 炎の表面です。この周囲に燃焼が起こって、炎の中にあるすす粒子は空気の酸素と反応して二酸化炭素と水が発生します。
  • 炎の中 - 酸素は火炎面に利用されるので、この部分には達していません。燃焼で発生する熱はここにも入ります。

燃焼の原理

  • 放熱
  • 酸素
  • 蒸発する蝋 - 分解生成物(水素、炭素)がろうそくの炎で燃焼します。
  • 水素
  • 炭素
  • 二酸化炭素
  • 水蒸気

アニメーション

  • 固体蝋 - 常温で個体であり、気化して燃えやすいです。芯の先に点けた炎で溶かされます。
  • 溶けている蝋 - ろうそくの周りの固体状の蝋があるので、溶けている蝋は流れ落ちません。この蝋は毛管作用で常に芯の先に吸収されます。
  • - 毛管作用で解けている蝋を吸収します。この吸収された蝋は熱で蒸発し、燃焼します。
  • 溶けている蝋 - ろうそくの周りの固体状の蝋があるので、溶けている蝋は流れ落ちません。この蝋は毛管作用で常に芯の先に吸収されます。
  • - 毛管作用で解けている蝋を吸収します。この吸収された蝋は熱で蒸発し、燃焼します。
  • 火炎面 - 炎の表面です。この周囲に燃焼が起こって、炎の中にあるすす粒子は空気の酸素と反応して二酸化炭素と水が発生します。
  • 炎の中 - 酸素は火炎面に利用されるので、この部分には達していません。燃焼で発生する熱はここにも入ります。
  • 放熱
  • 酸素
  • 蒸発する蝋 - 分解生成物(水素、炭素)がろうそくの炎で燃焼します。
  • 水素
  • 炭素
  • 二酸化炭素
  • 水蒸気

ナレーション

ろうそくは人類によって古代から灯りとして用いられた。現在の先進諸国において重要性が下がりましたが、多くの家庭で使用されています。
昔は蜜蝋獣脂から作られたが、現在はパラフィンからできています。現在のろうそくはパラフィンか蝋からできて、固体状で可燃性ではありません。

ろうそくに火を点けるとき、外部熱源は少ない蝋を融かして燃焼させます。ろうそくは蝋にを埋め込んだものです。蝋に火を点けると、の周りのが溶解します。溶けた蝋は流れ落ちないように、周りに固体状の蝋のがあります。

毛管作用融けた解けた蝋を吸収し、蝋がの影響で芯で蒸発して燃焼します。融けた蝋は徐々に少なくなって、下に動きながら蝋の他の層を溶かします。

の表面は火炎面と呼ばれています。その周りに燃焼が起きています。炎の中に発生する煤粒子は空中の酸素と反応して、二酸化炭素が発生します。炎の中酸素が入らず、火炎面での燃焼ですべて使われています。燃焼中に放出されるがここにも達します。
熱で芯から蒸発すされが分解し、分解生成物として可燃性のある煤粒子が発生します。煤粒子が燃焼するので、炎の色が黄色くなります。煤粒子火炎面を通り、酸素を豊富に含む空気で燃焼します。芯が融けた蝋を吸収しすぎている場合は、発生するススは安全に燃焼できませんので、炎の先が黒く見えます。

関連のエクストラ

水素と酸素の化学反応

水素と酸素の混合物である酸水素ガスは燃焼させると爆発します。

消防車

アニメーションは消防車両の構造を紹介します。

表面張力

表面張力とは、最も表面を小さくする液体の特徴です。

二酸化炭素 (CO₂) (標準)

無色無臭で、空気より重い気体です。植物の光合成に必要な物質です。

酸素 (O2) (標準)

無色無臭の気体で、地球上の生命に不可欠で、大気の構成成分です。

水 (H₂O)

水は水素と酸素から構成されている安定化合物であり、生命のために不可欠です。自然には液体状、固体状と気体状の物質としてもあります。

相転移

相転移は物質が気体、液体や固体になって、相を変えることを相転移と呼ばれています。

Added to your cart.