あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

木星

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

地理

キーワード

ジュピター, 環系, 太陽系, ガス惑星, 外惑星, イオ, ヨーロッパ, ガニメデ, カリスト, 木星の衛星, 惑星, 太陽, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

太陽系

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星

木星は太陽系の太陽に近い方から五番目の惑星で、地球から二番目で外惑星でもっとも近い惑星です。太陽系の中で最も大きい惑星であり、直径は142,984kmです。木星は他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量があります。
個体状地表がなく、巨大ガスです。

木星

  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 木星の軌道面
  • 木星の軌道
  • 木星の赤道
  • 3.13°
  • 環系

データ:

直径: 142,984 km (地球の11.2倍)

質量: 1.90x10²⁷ kg (地球の317.8倍)

平均密度: 1.33 g/cm³

表面重力: 2.364 g

表面温度: -130 °C

衛星の数: 79

自転周期: 9時間50分

自転軸の傾斜度: 3.1°

太陽からの平均距離:
778,300,000 km = 5.20 AU =
43.5光分

軌道離心率 : 0.0484

公転周期: 11.86年

イオ

イオ:

木星からの平均距離: 421,800 km

公転周期: 1.77日

直径: 3,642.6 km (地球の0.286倍)

質量: 8.9319·10²² kg

平均密度: 3.53 g/cm³

表面重力: 0.183 g

エウロぺ

エウロパ:

木星からの平均距離: 671,100 km

公転周期: 3.55日

直径: 3,121.6 km (地球の0.245倍)

質量: 4.8x10²² kg

平均密度: 3.01 g/cm³

表面重力: 0.134 g

ガニメデ

ガニメデ:

木星からの平均距離: 1,070,400 km

公転周期: 7.16日

直径: 5,262 km (地球の0.413倍)

質量: 1.48x10²³ kg

平均密度: 1.94 g/cm³

表面重力: 0.146 g

カリスト

カリスト:

木星からの平均距離: 1,882,700 km

公転周期: 16.69日

直径: 4,820.6 km (地球の0.378倍)

質量: 1.08x10²³ kg

平均密度: 1.83 g/cm³

表面重力: 0.126 g

木星の断面図

  • 大気 - 大気の厚さは1000kmです。
  • 液体水素の層 - 水素は気体の状態から徐々に液体の状態になります。
  • 金属水素の層 - 核は厚さが52000kmの金属水素の層で覆われています。
  • - 木星はおそらく固体状の中心核があり、その質量は地球の質量の12倍です。

木星の軌道

  • 木星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 778,300,000 km
  • 公転周期: 11.86年
  • 木星の軌道

アニメーション

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 木星の軌道面
  • 木星の軌道
  • 木星の赤道
  • 3.13°
  • 環系
  • 大気 - 大気の厚さは1000kmです。
  • 液体水素の層 - 水素は気体の状態から徐々に液体の状態になります。
  • 金属水素の層 - 核は厚さが52000kmの金属水素の層で覆われています。
  • - 木星はおそらく固体状の中心核があり、その質量は地球の質量の12倍です。
  • 木星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 778,300,000 km
  • 公転周期: 11.86年
  • 木星の軌道

ナレーション

木星は太陽と月を除き、金星の次に二番目に明るい天体です。英語名はローマ神話で登場する主神から由来します。天空、昼光、嵐の神、神々の王として崇拝されていました。ギリシャ神話ではゼウスとして登場します。ゼウスは神々と人々の王であり、オリンポス山の神の支配神です。名前は「明るい空」を意味します。

1610年に木星を初めて望遠鏡で観測したガリレオ・ガリレイは木星の四つの大きな衛星を発見しました。その発見の名誉を讃えてこの四つの衛星はガリレオ衛星とも呼ばれています。

1973年に、木星に初めて近づいた探査機はパイオニア10号でした。木星はハッブル宇宙望遠鏡にも定期的に観測されています。1995年に、ガリレオから大気探査機が送られていました。この探査機は深度150kmに到達する57分間データを集めて送信しました。その位置で、気圧は地球の約22倍で、温度は153°Cに達したため機能が停止しました。

木星は太陽系の太陽に近い方から五番目の惑星であり、木星型惑星の一つです。太陽系の中で最も大きい惑星であり、直径は142,984kmです。木星は他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量があります。

個体の地表がないため、巨大ガス惑星に属します。平均密度低くて、1.33 g/cm³です。目に見える雲の層にしたに、約1000kmの厚さがある水素を豊富に含む大気があります。その下の空間での気圧は地球上の気圧の百万倍強いです。その位置で、25000kmの深さがある液体状の水素からできた海があると推測されています。木星の大気は主に水素(90%)とヘリウムから構成され、それ以外にメタン、アンモニアと水蒸気も含まれています。写真でもよく見られる様々な色の地帯に、風力が異なる風が吹いて、渦巻きが発生されています。300年前に観測された大赤斑は木星に存在する高気圧性の渦(中には地球も入れるほど大きい)です。 過去の数年間で、多くの隕石と小惑星が木星に衝突しました。これらの跡を分析することによって、木星の大気に関する推測が行われています。

太陽系の惑星の中で、木星の自転速度一番速いです。木星の磁場は非常に強くて、地球磁場の10倍に相当します。木星の磁軸と自転軸の差は10°です。ハッブル宇宙望遠鏡が撮影した写真で木星のオーロラが見えます。木星は太陽から放射された熱量約二倍を赤外線として宇宙へ放射します。この現象の原因は木星の収縮によって放出される位置エネルギーで説明されています。核の温度は約26,000 Kだと思われています。

木星は暗い塵と粒子の部分で形成されている環系があります。環の厚さは30kmに至りません。木星の衛星はギリシャ神話で登場するゼウスの愛する人物にちなんで命名されました。サイズが最も大きな四つの衛星(ガリレオ衛星)はイオガニメデエウロパカリストと呼ばれています。これらの衛星は木星の赤道の平面に、ほとんど円形の軌道を動いています。ガリレオ衛星の地表の詳しい画像は探査機ボイジャーに送信されました。

イオ火山活動が観察され、地表にはカルデラ、山、融解した硫黄を含む湖など様々な地形がみられます。イオは主に岩石から形成されているので、構造的に地球型惑星に近いです。

エウロパは厚くて、表面が平らな氷の層で覆われ、所々にひび割れが走っています。氷の下に強い潮汐力によって放出される熱で液体状になっているがあると推測されています。構造と構成成分の面で地球型惑星に似ています。

ガニメデは太陽系の中で最も大きな衛星です。直径は水星より大きいですが、質量は水星の半分です。この衛星の表面が特徴的で、明瞭に区切られた明暗2種類の地形です。暗い領域はクレーターで覆われて、明るい所は地殻変動を多く受けている構造学的にアクティブな地域です。ガニメデの地殻はから構成されています。

カリストの中で分類できる層がありません。宇宙探査機ガリレオに送信されたデータによると、(40%)と岩石(60%)で形成されています。カリストの地表は太陽系の中で最も古くて、過去40億年からあまり変わっていませんでした。

関連のエクストラ

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

彗星

彗星は太陽を中心として公転している特徴的な天体です。

ガリレオ・ガリレイの作業場

ガリレオ・ガリレイは物理学と天文学において、偉大な業績を残しました。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

天体力学の発展

このアニメーションは我々の世界に関する新たな考えを与えた天文学者と物理学者の研究を紹介します。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

月は地球の唯一の衛星です。

カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ探査機は土星とその衛星を20年間に渡って探検しました。

スプートニク1号(1957年)

ソ連が打ち上げた世界初の人工衛星でした(1957年10月)。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

Added to your cart.