あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

トロイアの木馬

トロイアの木馬

ホメロスの叙事詩によると、オデュッセウスの策略によってトロイアを敗北させました。

歴史

キーワード

トロイの木馬, トロイ, トロイ戦争, ホーマー, オデッセウス, イーリアス, 叙事詩, メネラオス, アガメムノン, イリオン, ギリシャ人, ヘレン, アキレス, ヘラス, 小アジア, ギリシャの神々, オデッセイ, 伝説, 戦闘機, トリック, 軍隊, 攻撃, 包囲

関連のエクストラ

シーン

トロイア市

神の贈り物

アニメーション

宴会

トロイアの木馬

散歩

ナレーション

ギリシャ神話によると、トロイア戦争トロイアの王子パリスがスパルタ王メネラーオスの妃ヘレネー奪い去ったことで勃発しました。ギリシャ人は復讐することを誓い、軍に加わり、大量の軍隊をアナトリア半島のトロイア市に送り、その都市を包囲しました。

古代の名前はイリオンであるトロイア市はどっしりした壁で囲まれて、浸入不可能だと思われていました。
紀元前8世紀で、ホメロスのイリアッドにはトロイア戦争の主な出来事が書かれています。結果は書かれていませんが、10年ほどかかった戦争の短い期間のみ書かれています。

伝説によると、イサカ王オデュッセウスは兵士の一人が木製の馬を刻む所を見て、策略しました。
彼は木でできて、中にアキレウスを含むギリシャ兵士が隠れるために空間がある巨大な木馬を作らせました。

トロイア人はギリシャ人は包囲を諦めて帰ったと思いました。オデュッセウスに訓練されたギリシャ兵士の一人、シノーンがイリオン王プリアムをギリシャ軍を裏切るように説得しました。彼はイリオン王に、木馬が神の贈り物であり、都市を守るために送られたと言いました。神託であるカッサンドラーとアポローン僧侶ラコオンが王を警告しましたが、信じませんでした。

トロイア人は木馬を都市の中に運んで、勝利の祭と宴会が始まりました。みなが寝てしまった時、シノーンは木馬の中に隠れていた兵士を出させました。
彼らはギリシャ軍が入れるために門を開きました。都市が防衛なしで、ギリシャ軍によって破壊され、全焼しました。

関連のエクストラ

古代ギリシャの陶芸

古代ギリシャの陶芸の名作は現在、重要な考古学的な人工産物になっています。

古代ギリシャの柱の種類

ドリス様式、イオニア様式、コリント様式の柱は大きさと装飾によって区別されます。

ギリシャとマケドニアの方陣

方陣は古代ギリシャの重装歩兵の隊形でした。

ギリシャの神々

古代ギリシャの神話に登場するオリンポスの神々は人間のように様々でした。

アトレウスの宝庫 (ミケーネ、紀元前14世紀)

古代のミケーネに建築された円状の墓は伝説の王様に結ばれています。

アクロポリス (アテネ紀元前5世紀)

世界の一番有名な城塞の一つであるアテネのアクロポリスは紀元前5世紀のペリクレス時代に建設されました。

クノッソス宮殿 (紀元前2千年紀)

古代、クレタ島の青銅時代最大の遺跡である宮殿はミノア文明の中心であったと考えれています。

バスティーユ(パリ、18世紀)

パリの刑務所であるバスティーユは1789年のフランス革命で有名になりました。

ミケーネ (紀元前2千年紀)

ミケーネは豊富な文明があり、世界初に要塞を建築された集落でした。

古代ローマの包囲攻撃兵器

古代ローマの支配者は要塞を攻撃した時、様々な包囲攻撃兵器を使っていました。

ダイダロスとイカロス

古代ギリシャの神話に登場する父親と息子はクルタ島から逃げたかったです。

マケドニアの攻城塔 (紀元前4世紀)

アレクサンドロス大王に率いた軍隊は攻撃中に攻城塔を成功して使っていました。

Added to your cart.