あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

冥王星-カロン系

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

地理

キーワード

冥王星-カロン系, 冥王星, カロン, 冥王星の衛星, エッジワース·カイパーベルト, 太陽系, 準惑星, 太陽, ヒドラ, ニックス, ケルベロス, スティックス, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

太陽系

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 冥王星

冥王星は2006年まで太陽系の最も小さな惑星としてみなされていました。直径は月のより小さいで、約2372kmです。しかし、最大の準惑星として再分類されています。冥王星の太陽からの距離は地球と太陽の距離の39.5倍です。

冥王星の最も大きな衛星カロンと呼ばれています。冥王星に比べると、比較的な大きくて、直径は1208kmです。冥王星とカロンのサイズの比率2:1であるので、冥王星 - カロン系は連星系と思われていました。冥王星とカロンの質量比は8:1であり、共通質量中心は冥王星の以外にあるので、お互いに周りを回転しています。

冥王星の平均密度1.87 g/cm³です。高温で圧縮された物質から構成されています。表面は固体である凍った窒素メタンからなっています。これは昼間に溶けて、薄い大気になります。
平均温度:-230°C
公転周期:約248年
自転周期:6.39日
衛生の数:5

用語:

準惑星:太陽の周囲に公転する惑星以外の天体で、地震の重力によって球形になれたが、軌道の周辺はまだきれいにされていません。冥王星型天体は太陽系外縁天体に属する準惑星です。

冥王星

  • 回転輪
  • 軌道面に 垂直線
  • 冥王星の軌道面
  • 冥王星の軌道
  • 冥王星の赤道
  • 122°

情報:

直径: 2372 km (地球の0.19倍)

質量: 1,305 · 10²² kg (地球の0.0021倍)

平均密度: 1.87 g/cm³

表面重力: 0.063 g

衛星の数: 5

太陽からの平均距離: 5 900 000 000 km = 39.5 UA = 5.5 光時

軌道の長さ:
36 530 000 000 km = 244.18 AU

軌道離心率: 0.248 807 66

公転周期: 約248年

カロン (衛星)

カロン (衛星):

冥王星からの平均距離: 19 600 km
直径: 1208 km

冥王星‐カロン系

  • 冥王星
  • カロン
  • 共通の重心 - 冥王星とカロンは質量の割合(8:1)と間にある大きな距離のせいで、冥王星・カロン系の共通質量は冥王星の外に位置します。冥王星とカロンは共通質量中心の周りを回転します。

冥王星の軌道

  • 冥王星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 5,900,000,000 km
  • 軌道周期: 248年
  • 冥王星の軌道 - 冥王星の軌道は黄道面から大きく傾いております(17°以上)。これは太陽系の他の惑星に比較すると、結構大きいです。
  • 黄道 - 地球の軌道面。

アニメーション

  • 回転輪
  • 軌道面に 垂直線
  • 冥王星の軌道面
  • 冥王星の軌道
  • 122°
  • 冥王星
  • カロン
  • 共通の重心 - 冥王星とカロンは質量の割合(8:1)と間にある大きな距離のせいで、冥王星・カロン系の共通質量は冥王星の外に位置します。冥王星とカロンは共通質量中心の周りを回転します。
  • 冥王星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 5,900,000,000 km
  • 軌道周期: 248年
  • 冥王星の軌道 - 冥王星の軌道は黄道面から大きく傾いております(17°以上)。これは太陽系の他の惑星に比較すると、結構大きいです。
  • 黄道 - 地球の軌道面。

関連のエクストラ

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

Added to your cart.