あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ソ連の労働収容所 (1930年代)

ソ連の労働収容所 (1930年代)

グラグと呼ばれたソ連の労働収容所は居住地域から離れて所に建築されました。

歴史

キーワード

労働収容所, ソ連の労働収容所, Gulag, 強制労働, ソ連, ソルジェニチシン, スターリン, ショー裁判, シベリア, 冤罪, 政治犯, 兵舎, 非人間的な, 囚人, 監禁

関連のエクストラ

シーン

労働収容所

バラック

バラックの中

収容者

見張り

強制労働

アニメーション

ナレーション

グラグはソビエトの強制収容所のシステムです。
強制収容所はすでにロシアでも存在したが、スターリンの活動で1930年代に突然増え始めた。目的は政治的な敵の全滅大衆の脅かしと安い労働力を手に入ることでした。

強制収容所は一般的に、無人地域に位置しました。最も有名なのはシベリアのキャンプです。このような場所に収容された人々はシステムの敵(ロシア人と外国人)、捕虜と他のいわゆる「破壊因子」とみなされた。

収容者は大変な労働をさせられました。大体鉱山で、道路や鉄道の建築で、一日10時間12時間働かせられました。

居住水準、寝かせた場所、健康管理は異常にひどかったですが、気候条件と見張りの残確な行為でさらに状態が悪くなりました。資料によると、ソビエトの強制収容所には約2千万人が命を落としました。

グラグシステムの最も有名な収容者はソビエトの数学の教師であるアレクサンドル・ソルジェニーツィンでした。強制収容所から解放された後、本を書きました。この本で文学のノーベル賞を取りました。

スターリンの死後、1953年に、システムの厳しさが少し和らげたが、グラグは正式に1960年になくなりました。しかしながらソビエト連邦の政治的な脅迫が続いていました。

関連のエクストラ

ソビエト連邦軍の兵士 (第二次世界大戦)

第一次世界大戦後、ソ連軍は国の大きさと兵器のおかげで、非常な権力を持つ陰の実力者になりました。

アウシュビッツ第一強制収容所

この強制収容所はポーランド領地に造られ、巨大な強制収容所複合体の行政的な中心でした。

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

第二次世界大戦のポーランドにあった強制収容所で百万人以上が死亡しました。

アフリカの難民キャンプ(ダルフール)

スーダンの武力衝突で、人が何百万人も避難していました。

ハンガリーの労働収容所 (レチク)

ハンガリーのグラグと呼ばれた労働収容所には約1500人働かせました。

バスティーユ(パリ、18世紀)

パリの刑務所であるバスティーユは1789年のフランス革命で有名になりました。

中世の地下牢

中世の地下牢には様々な拷問装置が使われていました。

Added to your cart.