あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

技術

キーワード

ヒンデンブルク, ツェペリン, 飛行船, レイクハースト, 水素浮揚ガス, ドイツ語, 災​​害, 客室, エンジンナセル, コックピット, ガスバッグ, 燃料タンク, 技術, 歴史

関連のエクストラ

シーン

ヒンデンブルク飛行船

ツェッペリンの歴史

ツェッペリンとは、操縦しやすい硬式飛行船の一種です。ドイツの開発者であるフェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵にちなんで名づけられました。最初の飛行船1900年に初飛行を行いました。
ツェッペリンは第一次世界大戦の前に人気になり、主に商業目的(旅客輸送、郵便配達サービスなど)に使用されました。その後軍事目的(爆撃、偵察など)にも使用されるようになったツェッペリンも現れていました。
第一次世界大戦の後、商業目的に使用されたツェッペリンの全盛期でした。1930年代、巨大なドイツの飛行船であるグラーフ・ツェッペリンとヒンデンブルクが大西洋も容易に渡りました。
1937年で、レイクハーストでヒンデンブルクの事故が起きました。その後長い間、ツェッペリンの使用が停止されました。1990年代、ツェッペリンの有利な点が新たに気づかれ、現在は研究と高級旅行に使われています。

トップ・ビュー

ツェッペリンのデザインと特徴

最初のツェッペリンは先が細く、胴体が長いシリンダーのような形をしました。特徴的なしずくの形をしていた飛行船の十字形の安定板は第一次世界大戦の間、シュッテ・ランツ・ルフトシッフバウ社のエンジニアによって開発されました。
比較的に小さな客室は仕組みの下部に位置し、乗員の部屋と貨物用の場所は空力的な理由で仕組みの後ろの部分にありました。
先部の下に位置するゴンドラは操縦、コミュニケーションとエンジンのコントロールが行った場所でした。
飛行船の一番有利な点としては操縦しやすさ、大きな積載量長距離が進めることと述べられます。1920‐1930年代のツェッペリンの長さは200‐250メートルであり、体積は10万m³でした。積載量は50‐60トンであり、7000‐8000メートルの高度で飛行しました。飛行可能な距離は1万キロメートルに達していました。

構造

  • 船体
  • カバー
  • かじ
  • エレベーターフィン
  • 客室
  • エンジンナセル
  • ゴンドラ

構造と推進

ツェッペリンの仕組みとは縦の桁頑丈なリングから構成されている金属の構造です。硬式ではない飛行船に比べて、ツェッペリンにはより多くの貨物が搭載可能で、より多くのエンジンが組み込まれます。
骨組みには水素で満たされた複数のバロンが含まれていました。ガス圧バルブが過剰な水素を取り出す重要な役割を果たしました。安全のため、水素の代わりにヘリウムが使われるようになりました。
ツェッペリンは第一次世界大戦の時にも、推力が260馬力のエンジン(例えば195kWのマイバッハエンジンなど)が4基駆動されていました。当時の速度はおよそ130km/hでした。

断面図

  • ガスバッグ
  • 枠組み
  • ワイヤー支保
  • 乗客室
  • 操縦室
  • 燃料タンク
  • 食堂
  • 中心的な廊下

アニメーション

  • 船体
  • カバー
  • かじ
  • エレベーターフィン
  • 客室
  • エンジンナセル
  • ゴンドラ
  • ガスバッグ
  • 枠組み
  • ワイヤー支保
  • 乗客室
  • 操縦室
  • 燃料タンク
  • 食堂
  • 中心的な廊下

ナレーション

ツェッペリンは操作しやすい硬式飛行船の一種です。ドイツの開発者であるフェルディナント・フォン・ツェッペリン伯爵にちなんで名づけられました。ツェッペリンは第一次世界大戦の前人気になりました。商業目的軍事目的にも使用されていました。全盛期1930年代でした。
最初のツェッペリンの胴体が長いシリンダーのような形(その後しずくのような形)をしました。ツェッペリンの仕組み縦の桁と頑丈なリングから構成されている金属の構造です。

骨組みには水素ヘリウム満たされた複数のバロンが含まれていました。このように空気より軽いガスでツェッペリンは飛ぶことが可能でした。飛行船は胴体の外にあるゴンドラで位置したエンジンで駆動されていました。
胴体の先の分にあるゴンドラ操縦室がありました。操縦のため、垂直なかじ水平なエレベーターフィンが使用されていました。燃料タンク、客室とサービス室は胴体の下部に位置していました。

LZ 129ヒンデンブルク飛行船は1934年で死亡したドイツの大統領パウル・フォン・ヒンデンブルクにちなんで名づけられていました。この飛行船の名前は後で飛行船のタイプの名前にもなり、初飛行が1936年で行われていました。
この飛行船は当時ナチスプロパガンダのためにも使われていました。ツェッペリンの胴体にはかぎ十字章とベルリンのオリンピックを大衆化するオリンピック旗が描かれていました。

この巨大な飛行船はディーゼルエンジン4基で駆動されていました。長さは245mであり、体積は20万m³でした。バロンには水素ガスが保管されていました。巡航速度は125km/hでした。乗客が70人乗れました。ただし、ヒンデンブルクは驚くほどの技術的なデータで有名になりました。

1937年で、大西洋を渡る飛行の到着の時に火がついてレイクハーストの近くに墜落しました。事故の原因はいまだに明らかにされていません。乗っていた97人の中、35人が死亡しました。この事故の影響で、ツェッペリンの時代が終わりになりました。

関連のエクストラ

ツェペリン、LZ 17 ザクセン (1913年)

ツェペリンはラーメンがある飛行船の一種です。

水素と酸素の化学反応

水素と酸素の混合物である酸水素ガスは燃焼させると爆発します。

水素分子の形成

2個の水素原子は共有結合して、水素分子が形成されます。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

熱気球 (18世紀)

フランス人のモンゴルフィエ兄弟は飛行のパイオニアでした。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

モーターの飛行機 (アドルヤーン・ヤーノシュ)

「Libelle」(トンボ)という飛行機はハンガリーの航空史の画期的な飛行機でした。

ヘリコプター実験 (アシュボート・オスカール、1928年)

1928年に、アシュボート・オスカールに発明された最初のヘリコプターが飛行しました。

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機です。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

Added to your cart.