ケツァルコアトルス、巨大な翼竜

ケツァルコアトルスは地球上生息していた動物の中で、最も大きな飛べる動物の一つでした。

関連のエクストラ

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

セイヨウミツバチ

ミツバチは甘くて、栄養を豊かに含むハチミツを集めます。

光受容器官の多様性

進化しながら、様々な光受容器官の種類が発生しました。

ヨーロッパモグラ

モグラは地下に生息している小さな哺乳類であり、前足が踏みすき状に進化しました。

クモの糸、クモの巣

クモの糸の密度はナイロン繊維より低いですが、引張強度は鋼鉄より高いです。

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

コイ

淡水で生息している魚類です。世界の様々な国で食料品として利用されています。

シロフクロウ

惑星の遠い北部地域に住んでいるこのフクロウの種はタイガとツンドラの過酷な条件に見事に適応しています。

Added to your cart.