あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

金星

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

地理

キーワード

ヴィーナス, 明けの明星, 太陽系, 岩石惑星, 内惑星, 太陽, 惑星, 天文学, 天体物理学, 地理, 物理

関連のエクストラ

シーン

太陽系

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星

金星は太陽系の太陽に近い方から二番目の内惑星です。岩石惑星(地球型惑星)に属し、平均密度が高いです(5,25 g/cm³)。大きさと質量の面で地球によく似ているので、「地球の姉妹惑星」と表現されることがあります。

金星

  • 自転軸
  • 金星の軌道面に 垂直線
  • 金星の軌道面
  • 金星の軌道
  • 赤道
  • 177.4°

データ:

直径: 12,103.6 km (地球の0.95倍)

質量: 4.868×10²⁴ kg (地球の0.815倍)

平均密度: 5.243 g/cm³

表面重力: 0.907 g

表面温度: +460 °C

衛星の数: 0

自転周期: 243.16日 (逆行回転)

自転軸の傾斜度: 177,4° (公転面にほとんど垂直)

太陽からの平均距離:
108,200,000 km = 0.72 AU =
6.04光分

軌道離心率: 0.0068 (円形に近い)

公転周期: 224.7日

地形

  • アフロディーテ大陸
  • レダ平原
  • アタランテ平原
  • オードラ平原
  • セドナ平原
  • ニオベ平原
  • ティナティン平原
  • ヘレネ平原
  • ギネヴィア平原
  • アイノ平原
  • ジベク平原
  • ラウィーニア平原
  • ナブカ平原
  • フレイヤ山
  • マックスウェル山
  • ヴェッラモ平原
  • ルサルカ平原
  • アルファレジオ
  • ベータレジオ
  • レア山
  • テイア山
  • グラ山
  • マアト山
  • アルテミス峡谷
  • イシュタル大陸

地表は不毛で、岩石が多いです。激突クレーターが少ないですが、玄武岩から形成された楯状火山が多く活動しています。金星ではプレートテクトニクスが行っていません。表面は半透明で、反射能力が高い硫酸の雲で覆われています。

多くの天文学者によると、昔は金星の表面に水が存在しましたが、太陽の光度が上がることにより海の蒸発が始まりました。この過程により、大気水蒸気の量が徐々に増えていました。
水蒸気は赤外線を吸収するので、温室効果が増して気温が上がり蒸発が加速しました。

地球型惑星の中で、金星の大気は最も密度が高いです。大気は主に二酸化炭素から構成され、硫黄も豊富に含まれています。大気中の硫黄が存在する原因は火山活動だと思われています。気圧は地球上の気圧の90倍です。

金星での温室効果は太陽系の中で最も強いので、表面温度は非常に高いです(+460°C)。金星は常に密度が高い雲の層に覆われて、放射される日光の三分の二が反射されます。

金星の断面図

  • 大気 - 密度が非常に高くて、二酸化炭素を豊富に含まれている。対流圏の上に境は100kmの高さにある。
  • 地殻 - 厚さは数十キロメートルです。
  • マントル - 厚さは約3000kmです。
  • - 金星の核の直径は6000kmで、主に鉄で形成されている。

金星の軌道

  • 金星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 108,200,000 km
  • 公転周期: 224.7日
  • 金星の軌道

アニメーション

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • 火星
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 自転軸
  • 金星の軌道面に 垂直線
  • 金星の軌道面
  • 金星の軌道
  • 赤道
  • 177.4°
  • 大気 - 密度が非常に高くて、二酸化炭素を豊富に含まれている。対流圏の上に境は100kmの高さにある。
  • 地殻 - 厚さは数十キロメートルです。
  • マントル - 厚さは約3000kmです。
  • - 金星の核の直径は6000kmで、主に鉄で形成されている。
  • 金星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 108,200,000 km
  • 公転周期: 224.7日
  • 金星の軌道

ナレーション

金星は最も明るい天体の一つであり、英語名はローマ神話で登場する愛と美の女神、ウェヌスを由来します。古代ローマではウェヌスが菜園を司る神としても崇拝されていました。ギリシャ神話でアプロディーテーとして登場します。

古代の天文学者は太陽の東と西側に二つの天体が見えると思っていたそうです。夜明けに見える金星は「光をもたらす者」を意味する「ポースポロス」と呼ばれ、たそがれの時に観察できる金星はアトラスの息子へスぺロスにちなんで命名されました。

古代ギリシャの哲学者、数学者であるピタゴラスは初めてポースポロスヘスぺロス同じ天体だと気付いていました。地球から観察すると、金星は公転することによって太陽の右側か左側に見えます。

地球から見ると、太陽から46度以上離れることはありません。月と同様に満ち欠けが観察できます。

金星に初めて接近した宇宙探査機は1962年に打ち上げられたマリナー2号でした。密度が高い大気と雲のため、表面が観測できませんでした。惑星の周りの軌道に乗ったパイオニアビーナスベネラマゼランという探査機と地球上の望遠鏡で金星の表面の地図を作ることができました。

パイオニアのデータによると、地表の70%は丘と平野が占め、20%は低地で、10%は地表より4-5kmの高さで位置する大陸があります。ソ連の探査機ベネラ7号-14号は表面に下降してから、パノラマ画像を撮影し、土壌を調べていました。温度が高いため、1-2時間後機能が停止しました。

2005年に打ち上げられた宇宙探査機ビーナス・エクスプレスは大気と雲を分析し、惑星のプラズマ環境と地表の特徴を調べていました。
2010年5月21日に打ち上げられた日本の金星探査機あかつき(金星気候衛星)の目的は金星の大気のスーパーローテーションの理由、硫酸の雲の形成方法、火山活動と水の海の存在を調べることでした。

金星は太陽系の太陽に近い方から二番目の内惑星です。

岩石惑星(地球型惑星)に属し、平均密度が高いです(5,25 g/cm³)。大きさと質量の面で地球によく似ているので、「地球の姉妹惑星」と表現されることがあります。
地表は不毛で、岩石が多いです。激突クレーターが少ないですが、玄武岩から形成された楯状火山が多く活動しています。表面は半透明で、反射能力が高い硫酸の雲で覆われています。

多くの天文学者によると、昔は金星の表面に水が存在しましたが、太陽の光度が上がることにより海の蒸発が始まりました。この過程により、大気水蒸気の量が徐々に増えていました。
水蒸気は赤外線を吸収するので、温室効果が増して気温が上がり蒸発が加速しました。

地球型惑星の中で、金星の大気は最も密度が高いです。大気は主に二酸化炭素から構成され、硫黄も豊富に含まれています。大気中の硫黄が存在する原因は火山活動だと思われています。

気圧は地球上の気圧の90倍です。金星での温室効果は太陽系の中で最も強いので、表面温度は非常に高いです(+460°C)。

金星は常に密度が高い雲の層に覆われて、放射される日光の三分の二が反射されます。

金星の自転軸軌道面にほとんど垂直(2.6度ほど傾いている)であるので、季節的な変化がありません。温室効果が強いため、下の層で極地方と赤道の温度、昼間と夜の温度があまり変わりません。

公転方向に対して自転が逆行です。太陽系の中で自転速度が最も遅い惑星です。自転周期は243日です。金星の磁場は非常に弱くて、太陽風は惑星のイオン圏と直接相互作用しています。

関連のエクストラ

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

火星探査計画

宇宙探査機と火星探査機を使って、火星の構造と生命の痕跡の可能性を調査します。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ探査機は土星とその衛星を20年間に渡って探検しました。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

The first voyage of Captain Cook

James Cook's legendary journey around the world proved to be...

Added to your cart.