あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ペプチド結合

ペプチド結合

タンパク質を形成するアミノ酸はペプチド結合で結ばれている。

化学

キーワード

ペプチド結合, アミド結合, ジペプチド, トリペプチド, ポリペプチド, タンパク質, C末端, N末端, アミン基, カルボキシル基, アミノ酸, グリシン, アラニン, 有機側鎖, 水流出, spatial structure, タンパク質合成, 酵素, 有機化学, 生化学, 化学

関連のエクストラ

シーン

アミノ酸の構造

  • グリシン - タンパク質を構成するアミノ酸が20個存在します。その中の一つはグリシンです。
  • アラニン - タンパク質を構成するアミノ酸が20個存在します。その中の一つはアラニンです。
  • アミン基 - -NH₂
  • カルボキシル基 - -COOH
  • アルファ炭素原子 - 中心にあるα炭素原子に水素原子、アミン基(-NH₂)、カルボキシル基(-COOH)と有機側鎖が結合します。
  • 有機側鎖 - アミノ酸は有機側鎖によって区別されます。例えば、グリシンの場合は、有機側鎖は一個の水素原子です。
  • 有機側鎖 - アミノ酸は有機側鎖によって区別されます。例えば、グリシンの場合は、有機側鎖はメチル基(-CH₃)です。

ペプチド結合

  • 水流出
  • ペプチド結合 - 生物において、ペプチド結合は酵素に触媒されてできます。
  • C末端 - 分子のカルボキシル基(-COOH)である末端。
  • N末端 - 分子のアミン基 (-NH₂)である末端。

ポリペプチド

  • C末端 - 分子のカルボキシル基(-COOH)である末端。
  • N末端 - 分子のアミン基 (-NH₂)である末端。

アニメーション

ナレーション

タンパク質はアミノ酸から構成されています。タンパク質を構成するアミノ酸はα炭素原子水素原子カルボキシル基、アミン基と有機側鎖を含んでいます。アミノ酸は有機側鎖によって区別されます

アミノ酸はペプチド結合で結ばれています。ペプチド結合は共有結合の一種です。一つのアミノ酸のカルボキシル基と他のアミノ酸のアミン基脱水反応しながらペプチド結合で結ばれます。この過程において、アミノ酸のカルボキシル基から水酸基が出て、他のアミノ酸のアミン基から水素が離れます。水酸基と水素が水分子を形成し、二つのアミノ酸がペプチド結合によって結ばれます。分子は二つのアミノ酸から構成された場合は、ジペプチドと呼ばれています。この分子のカルボキシル基の側はC末端、アミン基の側はN末端と呼ばれています。このような分子は方向性がある分子と呼ばれています。

他のアミノ酸が更に結合されると、適切な長さのポリペプチド鎖やタンパク質ができます。我々の細胞に含まれているタンパク質は一般的に数百個のアミノ酸からできています。アミノ酸の結合がリボソームの上でタンパク質の合成を行う酵素によって結ばれます。ポリペプチド鎖は複雑な構造を形成し、多様な生化学的な役割を果たせます。

関連のエクストラ

タンパク質の構造

ポリペプチド鎖の構造と配列はタンパク質の空間構造に影響します。

タンパク質の二次構造

アミノ酸から構成されているポリペプチド鎖はアルファヘリックス構造とベータシート構造を取ることができます。

アミノ酸

アミノ酸はタンパク質の単量体です。

エチレン(エテン)の重合

エチレンの重合でプラスチックの一種であるポリエチレンが形成されます。

アラニン (C₃H₇NO₂)

無極性のアミノ酸です。LとD列に属する分子はお互いの鏡像です。

Added to your cart.