あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

酵素

タンパク質で構成されている酵素は生化学反応の触媒として機能しています。酵素の活動は規制されます。

生物

キーワード

酵素, 酵素タンパク質, 活性中心, 基質, 製品, 阻害, アクティベーション, アロステリック阻害, アロステリック活性化, 補酵素, NADH, NADPH, FADH₂, アセチルCoA, ATP, 触媒, 生化学, 生物

関連のエクストラ

シーン

反応

  • 酵素タンパク質
  • 活性部位
  • 基質
  • 産物

抑制

  • 反応抑制剤

活性化

  • アロステリック活性化
  • 活性剤

酵素

  • 酵素タンパク質
  • 活性部位
  • 基質

ナレーション

酵素は化学反応の触媒として機能しています。生化学反応の活性化エネルギーを減らして、反応が数百万倍の速さになります。触媒は反応中、消費しません。

二つの基質が結合する時、基質分子は反応の触媒をする酵素の活性化部位で結合し、酵素は二つの基質の間の結合の形成を手伝います。基質が高エネルギーで、かつある空間的な位置でぶつかる必要があるので、酵素がないとこの反応が起きることはほとんど無いに等しいです

基質分子が分解される時、基質は酵素タンパク質の活性化部位に結合しています。基質は酵素によって分解されます。強い共有結合の自発的な分裂を行うのは比較的に起こりにくいので、反応を速めるために酵素が必要になっています。

酵素の機能を制御するには酵素阻害が必要です。

阻害のある種類は阻害剤活性化部位に結ばれて、基質と競争します。これは競合阻害とも呼ばれています。

阻害の他の種類としてアロステリック阻害があります。阻害剤は酵素のアロステリック阻害の所に結合します。このため、活性化部位の空間構造変わり、基質が結ばれないようになります。

アロステリック活性化はアロステリック阻害の反対です。酵素は標準状態で、活性剤がないと無活性です。活性化が行う場所活性剤で結ばれると、活性化中心の空間構造変わり、基質が結ばれるようになり、反応の触媒になります。

補酵素は酵素反応中に変化する分子です。他の物質を受け取ったり出したりし、反応の後は酵素から離れます。NADHNADPHアセチル補酵素AFADHATPビタミンも補酵素です。

関連のエクストラ

減数分裂

ヒトの配偶子は減数分裂により二倍体細胞から形成された半数体細胞です。

有糸分裂

有糸分裂は、真核細胞が二つに分かれ、染色体数は変化しません。

補酵素A

補酵素Aは酵素反応においてアセチル基を提案する補酵素です。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

ADP, ATP

ATPは細胞のエネルギー源になる最も重要な物質です。

細菌の大きさはどれくらいですか?

カリキュラムは、私たちの生活の中での細菌の構造、群、役割についてです。

Added to your cart.