あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

ペルム紀の植物相と動物相

ペルム紀の植物相と動物相

このアニメーションは古生代の最後の時期の植物相と動物相を紹介します。

生物

キーワード

地球史, 地質時代, ペルム紀, 化石, 生きた化石, 絶滅しました, 先史時代の生き物, ゴルゴノプシア, ジシノドンティア, 二葉法, ジメドロドン, ブジュビア, イチョウ, フウインボク, ウォルキア, グロソプテリス, gingko, 種シダ, 古生代, Orthacanthus, 爬虫類, 先史時代の爬虫類, 牙, 餌食, 裸子植物, 生物, vertebrate, 植物, 動植物, 動物相, フローラ, 単弓類, アラウカリア

関連のエクストラ

シーン

植物相と動物相

古生代の最後の時期の気候は石炭紀に比べてより暖かくて乾燥していました。パンゲア超大陸の中心は次第に乾燥し、砂漠化していました。気候の変化のため、豊かな植物相がまれになり、新しい植物相が現れ、哺乳類のような爬虫類は分布するようになりました。

ペルム紀の末に、およそ2億5100万年前には二畳紀と三畳紀の間の大量絶滅が発生しました。巨大な火山の噴火によって放出されたガス温室効果を強化し、地球温暖化を引き起こしました。平均温度が10°Cほど上がることによって、海洋動物の96%と陸上動物の70%が絶滅しました。

陸上脊椎動物

  • ジメドロドン
  • ジシノドンティア
  • ゴルゴノプス

二畳紀の陸上頂点捕食動物ジメドロドンでした。ジメドロドン属には20種が含まれ、その体長が1.74.6メートルの間でした。長くなった脊椎の突起と皮膚から形成された背びれ体温調節と通話に使われたと推定されています。

ジシノドンティアはペルム紀の最も広く分布していた陸上脊椎動物でした。およそ70種が含まれ、その中で最も小さいのはネズミの大きさで、最も大きいのはの大きさでした。の前部にはのようなくちばしがあり、その裏には長い牙がりました。これらの草食動物地下のトンネルに巣を作っていました。

捕食動物であるゴルゴノプスには41種の動物が属しています。サイズはクマの大きさの幅広い範囲内で変わりました。巨大な剣のような歯を使って獲物の命を落とすほど傷つけることができました。

水中脊椎動物

  • ディプロカウルス
  • オルタカントゥス

ペルム紀の、川と沼地の動物相は豊かでした。水中食物連鎖の上には淡水のサメと大きな両生類がありました。淡水に生息していたサメであるオルタカントゥスウナギのような形がありました。長さが3メートルほどでした。

両生類に属していたディプロカウルスは特徴的な形でよく知られています。頭から尻尾までの長さが1.3メートルであり、重さが15キロでした。頭蓋骨の横にあった突起のため、頭はブーメランに似ていました。

植物

  • フウインボク - ヒカゲノカズラ植物の絶滅した一種です。沼地で生息した植物の高さが20-30メートルであり、茎は古い葉の一部に覆われていました。葉は草のようでした。
  • グロソプテリス - 絶滅したシダ種子類の一種です。植物の形と大きさは推定しかできません。化石には植物の舌のような形をした葉のみ発見されています。
  • ブジュビア - 巨大な葉とヤシの木のような幹を持つ木の大きさの植物です。高さが15メートルに達することもありました。
  • ウォルキア - 最初の球果植物の一つです。高さが30メートルに達することもありました。
  • イチョウ - 現在のイチョウの祖先です。成熟した木は20‐30メートルに達することもあります。

乾燥気候のため、フウインボクシダ種子植物の数が極端に減りました。ペルム紀において、乾燥している環境に適合できるため、針葉樹が広く分布するようになりました。先史時代の球果植物の一種であるワルキアは現在のナンヨウスギに似ている松葉がありました。

ソテツ類もペルム紀の気候に適合し、広く分布するようになりました。これらのヤシの木のような木の幹は真っすぐでしたが、中には樽のような幹がある木もありました。最も有名な種はビジュヴィアといいます。

イチョウ門湿潤気候の海岸に生息しました。これらの落葉性植物の唯一の現在も見られる種類は生きた化石と呼ばれるイチョウです。

節足動物

  • アプトロブラッティナ
  • ポノマレンキア・ベルモンテンシス
  • オオトンボ

ペルム紀の最も成功した節足動物ブラットプテラでした。アプトロブラッティナはその一種でした。この時期には初めての甲虫が現れました。他の昆虫と異なって、甲虫は硬い外翼がありました。その役割は膜質の後翅の保護と動物が脱水しないように気門に湿潤環境を提供します。

ペルム紀に、大気は現在と同じ大きさのトンボと巨大なオオトンボに支配されました。

関連のエクストラ

石炭紀の植物相と動物相

このアニメーションはデボン紀とペルム紀の間(3億5800万年‐2億9900万年前)に生息していた動物と植物を紹介します。

地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地球の歴史の間、地球の大陸は常に動いています。

アンモナイト

固い外骨格を持つ、絶滅した頭足類のグループです。優れた標準化石です。

コケとシダの生活サイクル

アニメーションはコケとシダの生活サイクルを比較し、植物の一般的な生活サイクルを分かりやすく説明します。

ウミサソリ

古生代で、海で生息した節足動物です。

ヨーロッパアカマツ

世界で最も広く分布しているマツ類の一つです。ユーラシアが原産となっています。

三葉虫

クモ類と甲殻類の祖先は三葉虫綱に属しています。

魚竜

イルカに似ていて、海に生息していた恐竜でした。収束進化の例としても述べられます。

イクチオステガ

先史時代の両生類であり、四肢動物の原始的な動物の一種です。約3億6千万年前に絶滅しました。

アパトサウルス

首が長く、背が大きい草食性の恐竜です。

Added to your cart.