あなたのカートは空です。

購入

数: 0

合計: 0,00

0

エジプトのピラミッド (ギザ、紀元前26世紀)

エジプトのピラミッド (ギザ、紀元前26世紀)

ギザピラミッドは古代の七不思議の中で、唯一現存する建造物です。

歴史

キーワード

ギザ, エジプト, ピラミッド, ギザ高原, ネクロポリス, 古代世界の驚異, クフ, ナイル川, スフィンクス, ファラオ, 世界遺産, 埋葬地, 墳墓, 日の神, 埋葬室, 葬儀場, 谷寺, 古代, 君主, 建物, 建造物, 墓, カイロ, 石棺, 教会, エンバーミング, 王朝, 墓場

関連のエクストラ

シーン

ネクロポリス

  • 大ピラミッド クフ王のピラミッド - 三大ピラミッドの中で最も大きなのは世界中でも一番有名なピラミッドです。紀元前26世紀に、第4王朝クフ王のピラミッドです。全高は146.5メートルです。
  • カフラー王の ピラミッド - 三大ピラミッドの中で、2番目の大きさ(143.5m)があります。紀元前26世紀の真中にクフの息子であるカフレーのために建てられました。
  • メンカウラー王の ピラミッド - ギザの大ピラミッドの中で、最も小さいなのはカフレーの息子であり、紀元前26世紀に君臨したメンカウラー王に建てられました。このピラミッドの元の高さは66メートルでした。
  • 街道 - 河岸神殿からピラミッドまでの道路が18メートルの広さで、およそ800メートルの長さがありました。街道は堤防に作られ、壁がおよそ40メートルの高さがありました。
  • クフ王の 谷の神殿 - ネクロポリスの補足要素である河岸神殿が第4王朝から宗教的により重要になりました。クフ王の谷の神殿について情報が非常に少ないです。
  • ネクロポリス - ネクロポリスには三大ピラミッド以外、様々な神殿、マスタバ、死者の礼拝に関連するほかの建物も多く作られました。
  • 西の共同墓地
  • 東の共同墓地
  • メンカウラー王の 谷の神殿 - 河岸神殿はネクロポリスの建築材料を輸送する通路が通る河口にあります。
  • 住宅
  • 労働者の宿舎
  • カフラー王の 谷の神殿 - カフレーの谷の神殿は最もよい状態で守られていました。台形の建物は石灰岩からなっています。河岸神殿の近くに港があった可能性があります。
  • スフィンクス - 最も有名なスフィンクスはギザのエジプトにある73メートルの長さと20メートルの高さの巨大な石像です。ネクロポリスを見守っている大スフィンクスはおそらくカフレーの治世中に作られました。
  • スフィンクス 神殿 - カフレーの谷の神殿の隣に、北の方に建てられました。この二つの谷の神殿の間に細い通路があります。この神殿は特徴的な、対照的なデザインを持っています。
  • ケントカウエ 女王墓 - ケントカウエ女王墓は豊富に飾られた壁があるマスタバです。
  • ナイル川 - ナイル川は世界の最も長くて、有名な川であり、アフリカの十ヶ国に通り流れます。エジプトの北部に、三角州を構成し、地中海に注ぎます。

現存している古代の七不思議

古代エジプトの最も有名な建造物は埋葬宗教に関連しています。
ファラオの墳墓として建てられたピラミッドもこの二つの目的を果たしています。ピラミッドの中では、古代の七不思議の一つであるギザピラミッドが一番有名です。
現在、エジプトの首都であるカイロの近くに建てられた三大ピラミッドは紀元前26世紀で、エジプトの古王国時代に建築されました。 三大ピラミッドはクフ王カフレー王メンカウラー王のために建設されました。この三人の第4王朝に属するファラオの間で家族関係があり、父親、息子、孫の関係でした。
ピラミッドは(最初の階段ピラミッドの後)正方形ベースのピラミッドの形をしていました。建築されたとき、およそ十万人が十年か二十年間の間に働きました。

ピラミッドを見守っているスフィンクス

大ピラミッド

  • 大ピラミッド クフ王のピラミッド - 三大ピラミッドの中で最も大きなのは世界中でも一番有名なピラミッドです。紀元前26世紀に、第4王朝クフ王のピラミッドです。全高は146.5メートルです。
  • 補足的なピラミッド - クフ王のピラミッドの場合は二種類の小ピラミッドがあります:宗教的な役割を果たすピラミッドとファラオの家族に建てられたピラミッド。どの種類もピラミッドの東部にありました。
  • 西の共同墓地
  • 東の共同墓地
  • クフ王の葬祭殿 - 52.5メートルの葬祭殿がトゥーラ石灰岩で建てられました。神殿には柱が一列と犠牲の聖地などがありました。この建物は太陽のはしけでした。

クフ王のピラミッド - 最大のピラミッド

ギザピラミッドの中で最も大きなピラミッドはクフ王のために建てられました。元の高さが146-147メートルで、底辺が230メートルでした。底面積は5ヘクタールを超えていました。
この巨大な建造物は(それぞれ数トンもする)石灰岩を約250万個の積み上げてできました。石灰岩がギザ台地から船で運ばれました。
ピラミッドの建築はデザインと技術ともに最高水準を示しています。古代エジプト人は原始的な道具を使って(適切な方法で)素晴らしい建造物を建設しました。モルタル使わずに、石灰岩のブロックが完全に合致しています。ピラミッドの面が四つの基本方位に向いています。底辺の間の差が約20センチで、ピラミッドの周りの敷石道の差が2.5センチです。


大ピラミッド

カフラー王の ピラミッド

  • カフラー王のピラミッド - 三大ピラミッドの中で、2番目の大きさ(143.5m)があります。紀元前26世紀の真中にクフの息子であるカフレーのために建てられました。
  • 補足的なピラミッド - 小ピラミッドは珍しく、ピラミッドの南側にありました。元の高さは21メートルでした。
  • カフラー王の葬祭殿 - カフラー王の葬祭殿はこのタイプの建物の中で、比較的に大きいです。複製可能な状態で残りました。構造的には葬祭殿の例として述べられています。

カフラー王のピラミッド - 2番目に大きいピラミッド

カフレー王のピラミッドは三大ピラミッドの中で2番目に大きいです。
元の高さが約143メートルで、底辺が約215メートルでした。様々なサイズと質の石灰岩で複数の層が構成されました。石灰岩は一定の大きさに刻まれていないのに、精密に合致しています。
タイルは大ピラミッドに似ていますが、それより薄いです。現在は頂点に部分的に見えるタイル石がナイルの東側から運ばれて、白い石灰岩の化粧板で覆われていました。
ベルツォーニという考古学者によって石棺の中に雄牛の骨が発見されました。


"キャップストーン"

メンカウラー王の ピラミッド

  • メンカウラー王の ピラミッド - ギザの大ピラミッドの中で、最も小さいなのはカフレーの息子であり、紀元前26世紀に君臨したメンカウラー王に建てられました。このピラミッドの元の高さは66メートルでした。
  • 補足的なピラミッド - ピラミッドの南側に3基の小ピラミッドがありました:宗教的な目的を果たすピラミッドが本当のピラミッドの形をし、2基の女王のピラミッドが階段ピラミッドです。
  • メンカウラー王の葬祭殿 - 葬祭殿はピラミッドの東側の真中に合わせて建てられました。この四角い神殿はその地域の石灰岩で建築されました。

メンカウラー王のピラミッド - 3番目に大きいピラミッド

メンカウラー王の墳墓がギザの三大ピラミッドの中で一番小さいです。
元の高さが66メートルで、底辺が103メートルでした。建築材料は大ピラミッドの化粧板であるトゥーラ石灰岩であり、下部の三分の一がアスワンの花崗岩の化粧板で覆われていました。
伝説によると、ピラミッドの建設が第6王朝時代において最初のエジプト女王である美しいニトクリスによって完成させられました。この伝説が考古学的にまだ証明されていません。地元住民によると、たまに墳墓の周辺にニトクリスのが現れると言われています。

スフィンクス

  • スフィンクス - 最も有名なスフィンクスはギザのエジプトにある73メートルの長さと20メートルの高さの巨大な石像です。ネクロポリスを見守っている大スフィンクスはおそらくカフレーの治世中に作られました。
  • スフィンクス神殿 - カフレーの谷の神殿の隣に、北の方に建てられました。この二つの河岸神殿の間に細い通路があります。この神殿は特徴的な、対照的なデザインを持っています。

ネクロポリスの守護神

この謎の彫像は古代エジプトの彫刻の歴史において特徴的です。人間の頭部ライオンの胴体を合わせ持つ大スフィンクスはファラオを描写します。スフィンクスは人間の性格、神の権力とライオンの力を合わせしてます。
長さが73メートルで、高さは20メートルスフィンクスは永遠のシンボルで、ネクロポリスの守護神です。
建築の時期はまだ明らかにされていません。科学者のあるグループによると、ピラミッドより古いですが、他の科学者にクフ王かカフレー王の治世中に作られたと考えられています。
大ピラミッドが建設された石灰岩から作られたのは確実です。
風に運ばれた砂、浸入する水分、湿気と大気汚染によって損傷しました。修復を現在でも行っています。

スフィンクス

大ピラミッド の構造

  • 重量軽減の間 - 王の間の上にある複数階の構造が18世紀に、ナサニエル・デーヴィッドソンに発見されました。天井を構成した九個のブロックが圧力を分配するためにあります。
  • 通気口
  • 王の間 - 王の間は花崗岩で覆われた壁がある一つの部屋です。ファラオの赤い花崗岩からできたサルコファガスは間の真中に置かれていました。
  • 女王の間 - 最も広く認められている仮説によると、女王の間はただの未完成な部屋であり、おそらくアラブの商人に間違った名称が付けられました。
  • 大回廊 - 王の間までに、長さ47メートルで、広さ2メートルの大回廊を通じて行けました。
  • 下落通廊
  • 上昇通廊
  • 入口 - ピラミッドの入口はファラオの墓を守るために、17メートルの高さで作られました。

ピラミッドの中へ探検

墓の中に導く通路の入口はピラミッドの北側に、地面上から17メートルのところにあります。隠すために壁で閉じられていました。
ピラミッドの中に820年までは誰も入れませんでした。(820年に、アブダラ・アル・マームンとその団体が中に入りましたが、空の石棺のみ見つかりました。)
入口に入ると、下りる通路が地面の高さぐらいで枝別れします:下の方に行くと未完成な埋葬室に入り、上の方に進むと長さ47.5メートルで、高さが8.5メートルの巨大なホールに入れます。
このホールは王の間のすぐ隣にあり、ピラミッドの中心的な部屋です。天井の崩壊を防ぐために、圧力を解消する構造で建設されました。ピラミッド内の空気交換のために通気口が作られました。

アニメーション

  • ナイル川 - ナイル川は世界の最も長くて、有名な川であり、アフリカの十ヶ国に通り流れます。エジプトの北部に、三角州を構成し、地中海に注ぎます。
  • 街道 - 河岸神殿からピラミッドまでの道路が18メートルの広さで、およそ800メートルの長さがありました。街道は堤防に作られ、壁がおよそ40メートルの高さがありました。
  • クフ王の 谷の神殿 - ネクロポリスの補足要素である河岸神殿が第4王朝から宗教的により重要になりました。クフ王の谷の神殿について情報が非常に少ないです。
  • ネクロポリス - ネクロポリスには三大ピラミッド以外、様々な神殿、マスタバ、死者の礼拝に関連するほかの建物も多く作られました。
  • 東の共同墓地
  • 大ピラミッド クフ王のピラミッド - 三大ピラミッドの中で最も大きなのは世界中でも一番有名なピラミッドです。紀元前26世紀に、第4王朝クフ王のピラミッドです。全高は146.5メートルです。
  • 補足的なピラミッド - クフ王のピラミッドの場合は二種類の小ピラミッドがあります:宗教的な役割を果たすピラミッドとファラオの家族に建てられたピラミッド。どの種類もピラミッドの東部にありました。
  • クフ王の葬祭殿 - 52.5メートルの葬祭殿がトゥーラ石灰岩で建てられました。神殿には柱が一列と犠牲の聖地などがありました。この建物は太陽のはしけでした。
  • カフラー王のピラミッド - 三大ピラミッドの中で、2番目の大きさ(143.5m)があります。紀元前26世紀の真中にクフの息子であるカフレーのために建てられました。
  • メンカウラー王の ピラミッド - ギザの大ピラミッドの中で、最も小さいなのはカフレーの息子であり、紀元前26世紀に君臨したメンカウラー王に建てられました。このピラミッドの元の高さは66メートルでした。
  • スフィンクス - 最も有名なスフィンクスはギザのエジプトにある73メートルの長さと20メートルの高さの巨大な石像です。ネクロポリスを見守っている大スフィンクスはおそらくカフレーの治世中に作られました。
  • 重量軽減の間 - 王の間の上にある複数階の構造が18世紀に、ナサニエル・デーヴィッドソンに発見されました。天井を構成した九個のブロックが圧力を分配するためにあります。
  • 通気口
  • 王の間 - 王の間は花崗岩で覆われた壁がある一つの部屋です。ファラオの赤い花崗岩からできたサルコファガスは間の真中に置かれていました。
  • 女王の間 - 最も広く認められている仮説によると、女王の間はただの未完成な部屋であり、おそらくアラブの商人に間違った名称が付けられました。
  • 大回廊 - 王の間までに、長さ47メートルで、広さ2メートルの大回廊を通じて行けました。
  • 下落通廊
  • 上昇通廊
  • 入口 - ピラミッドの入口はファラオの墓を守るために、17メートルの高さで作られました。
  • 石灰岩のタイル - ピラミッドは高質のトゥーラ石灰岩に覆われました。石灰岩は太陽の光を反射し、白く輝いていました。
  • 岩ブロック - 建築材料の大分は地域内の低質の石灰岩でした。花崗岩は下部構造、耐荷重性構造と石棺のために使用されました。岩ブロックの重さは1.5トンから数十トンにかけてです。

ギザ

  • スフィンクス - 最も有名なスフィンクスはギザのエジプトにある73メートルの長さと20メートルの高さの巨大な石像です。ネクロポリスを見守っている大スフィンクスはおそらくカフレーの治世中に作られました。
  • メンカウラー王の ピラミッド - ギザの大ピラミッドの中で、最も小さいなのはカフレーの息子であり、紀元前26世紀に君臨したメンカウラー王に建てられました。このピラミッドの元の高さは66メートルでした。
  • カフラー王の ピラミッド - 三大ピラミッドの中で、2番目の大きさ(143.5m)があります。紀元前26世紀の真中にクフの息子であるカフレーのために建てられました。
  • 大ピラミッド クフ王のピラミッド - 三大ピラミッドの中で最も大きなのは世界中でも一番有名なピラミッドです。紀元前26世紀に、第4王朝クフ王のピラミッドです。全高は146.5メートルです。
  • ギザ - エジプトの首都であるカイロの近くにある石灰岩の台地です。
  • ナイル川 - ナイル川は世界の最も長くて、有名な川であり、アフリカの十ヶ国に通り流れます。エジプトの北部に、三角州を構成し、地中海に注ぎます。

外観

  • 石灰岩のタイル - ピラミッドは高質のトゥーラ石灰岩に覆われました。石灰岩は太陽の光を反射し、白く輝いていました。
  • 岩ブロック - 建築材料の大分は地域内の低質の石灰岩でした。花崗岩は下部構造、耐荷重性構造と石棺のために使用されました。岩ブロックの重さは1.5トンから数十トンにかけてです。

タイムトラベル

ナレーション

最も古いピラミッドは紀元前27世紀で、古代エジプトの第3王朝の治世中に建設されました。
この建造物はもともと太陽の神の息子として崇められていたファラオの墓場として建てられました。
ピラミッドの中で最も有名なギザピラミッドは現在エジプトの首都であるカイロの近くに、ナイル川の三角州の周辺に位置しています。
モカッタンヒルのギザ台地のふもとで建てられたピラミッドは古代世界の七不思議の一つです。
建築材料の一部も船で運送されました。このために、ナイル川にが建てられました。
建設の時、労働者が十万人ほど働きました。労働者のために、別のキャンプが作られました。他の建物と一緒に河岸に新しい町が設立されました。
技術者の発明の才と巨大な仕事のおかげで、三つのピラミッド地区ができました。河岸神殿がネクロポリスの中心的な建造物に街道で繋がれました。
ファラオのピラミッドは家族の人の墓(マスタバ)小ピラミッドで囲まれていました。
三大ピラミッドの中で一番大きなのはクフ王墳墓であり、2番目に大きいのはカフレー王の墳墓で、一番小さいのはメンカウラー王のです。三人とも第4王朝に属し、父親、息子、孫の関係でした。
クフ王に建てられた大ピラミッドは古代世界の七不思議の中で最も古くて、唯一の現存する建造物です。中国の万里の長城とともに最も巨大な古代の建造物です。
ピラミッドの面が四つの基本方位に向いて、クフ王の底辺が約230メートルです。四つのフットボール競技場の大きさの平面が完全に水平です。高さが137メートルの構造が1.5トン-10トン石灰岩200万個積み上げてできました。この巨大な墳墓の重さが約500万トンです。外側は白い石灰岩の化粧板で覆われていました。

ピラミッドの元の入口は北側に、地上から17メートルの高さでありました。入口を隠すために、壁で閉じられました。
通路がピラミッドの中に枝分かれをします:下降路が未完成で、地下の埋葬室に導きます。上り通路では大回廊女王の間に入ることができます。
大回廊の上の通路でファラオの墳墓である王の間に入れます。石棺も王の間にありました。ピラミッドの中に通気口の穴が開けられ、王の間の上に圧力解消の空間もありました。

ネクロポリスには特別な彫像がありました。ネクロポリスを守護するスフィンクス人間の頭部とライオンの胴体を合わさった生物です。
スフィンクスの建築時期は明らかにされていません。学者の一部はスフィンクスがカフレー王によって作られたと考えています(この場合は、スフィンクスの顔にカフレー王の顔が写っています)。スフィンクスがおそらくピラミッドを守護する役割を果たしていました。
ギザのピラミッドが1979年世界遺産として登録されました。三大ピラミッドに毎年数百万人の旅行者が見に来ます。

関連のエクストラ

ジョセル王のピラミッド (サッカラ、紀元前27世紀)

紀元前27世紀に、エジプトで初めて段階ピラミッドが建築されました。

エジプトのファラオと妻 (紀元前2千年)

神として崇拝されたエジプトのファラオは生死の有力者でした。

古代エジプトの住宅

古代エジプトで、一般的な住宅にはきちんと分けられた部屋が複数ありました。

古代エジプトの帆船

古代エジプトに使われた川と海の帆船にはマスト一本、オールを備えました。

古代エジプトの神々

古代エジプト人は多くの神と女神を崇拝しました。

正四角錐

正四角錐は底面が四角形と面が三角形の正角錐です。

ロゼッタ・ストーン

ロゼッタ・ストーンのお陰で象形文字の謎を解くことができました。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

ベドウィンのキャンプ

ベドウィンの半遊牧生活は、砂漠の気候や環境条件に適合していました。

古代エジプトの衣服

古代エジプトの住民は特有な服を着て、宝石を身に着けました。

古代世界の七不思議

現在、古代世界の七不思議の中で、唯一、ギザの大ピラミッドが完璧に現存しています。

オアシス

オアシスは砂漠において、淡水が存在する緑地です。

アフリカの村(スーダン)

自然の環境に馴染んでいるアフリカの村はその地方に生活している種族の文化を表しています。

歴史的な地形図 (場所)

歴史的に有名な場所を白地図で探しましょう。

国々のシンボル、観光名所

アニメーションで、世界の国々のシンボルと名所が紹介されます。

メギドの戦い

古代エジプトのファラオ、トトメス3世に率いるエジプト軍はカデシュ王率いるカナン連合軍を敗りました。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

オリンピア (紀元前5世紀)

紀元前776年から4年に一度開催されたオリンピックに有名なオリンピアは古代ギリシャの中心の一つになりました。

テオティワカン (4世紀)

廃墟となっても荘厳な都市は先コロンブス期のアメリカの最も大きくて人口が多い集落でした。

支石墓

現在のオランダに位置する特徴的なドルメンは5000年前に建設されました。

古代のナイル河谷沿いの農業

ナイル川のおかげで古代エジプト文明が発展したので、古代エジプトはナイル川の賜物と言われていました。

アトレウスの宝庫 (ミケーネ、紀元前14世紀)

古代のミケーネに建築された円状の墓は伝説の王様に結ばれています。

ツタンカーメンの墓 (紀元前14世紀)

20世紀の最も重要な考古学的な発見は古代エジプトのファラオ、ツタンカーメンの墓の掘削でした。

石器時代から鉄器時代まで

アニメーションは考古学時代において斧の進化を紹介します。

カデシュの戦い (紀元前1285年)

古代オリエントの最大な戦い(古代エジプトとヒッタイトの戦い)の勝ち負けははっきりしていません。

バビロン (紀元前6世紀)

古代都市であるバビロンはメソポタミアでユーフラテス川の沿岸に建設されました。

Added to your cart.